旧入江家住宅の一般公開

とき

令和元年11月2日(土曜日)・3日(日曜日) 午前10時から午後4時まで  ※雨天決行

ところ

旧入江家住宅(高砂市曽根町493番地の1)  

※旧入江家住宅には駐車場がありません。徒歩の方は直接旧入江家住宅へお越し下さい。

駐車場 : 曽根天満宮参拝者用駐車場 (曽根町2299-1、旧入江家住宅まで徒歩約10分) 

内容

旧入江家住宅は、天明5年(1785)に建築された庄屋層の民家で兵庫県指定文化財です。

今年は、公開事業10回目の節目になるため、これまで立ち入りを制限していた部屋の内部を鑑賞してもらいます。

公開場所は、表屋や主屋の一部、蔵庭を含む庭園です。 

参加費・申込み

無料・申し込み不要 

建物内の企画

鑑賞テーマ「塩の家を訪ねる」

      

 今回の企画は、200年以上の時をこえて存在する住宅そのものを鑑賞していただきます。

鑑賞をサポートするテーマとして「塩の家を訪ねる」というキーワードを設定しています。

 住宅のたたずまいや、部屋のしつらえなど、来訪者や住人のようにくつろいでご覧ください。

 また、庭園に生える植物の同定を行い、現在の庭園の植物分布状況をご覧いただけます。

 今年もフラワーアレンジメントも行います。

 

※当日公開する範囲が異なる場合があります。

案内地図

  

 

ちらしのダウンロードはこちら.pdf [616KB pdfファイル]