1.原付や125cc超のバイクなどの車両

登録されている次の車種の車両すべてに平成28年度から新税率が適用されます。

 

 

2.三輪及び四輪の軽自動車(「最初の新規検査年月」によって税額が異なります。)

最初の新規検査年月により、A旧税率、B現行税率、C重課税率(平成28年度から)のいずれかの税率になります。

※最初の新規検査年月とは・・・自動車検査証に記載されている初度検査年月のことです。

A 旧税率

平成27年3月31日までに最初の新規検査を受けた車両に適用されます。

B 現行税率

平成27年4月1日以降に最初の新規検査を受ける車両に適用されます。

C 重課税率

平成28年度以降、最初の新規検査から13年を経過した車両に適用されます。

 (電気軽自動車、燃料電池自動車、天然ガス軽自動車、メタノール軽自動車、ガソリンハイブリッドの軽自動車、

  および被けん引車は除きます。)

 

※(参考)平成28年度以降の重課対象車両は以下のとおりです。

 

 

※最初の新規検査年月は、下記の「自動車検査証見本」を参照してください

 

 3.三輪及び四輪の軽自動車にグリーン化特例(軽課)が適用されます。

平成29年4月1日~令和3年3月1日の間に最初の新規検査を受けた軽四輪等で排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、翌年度分に限りその燃費性能に応じたグリーン化特例(軽課)を実施します。

 

D 税率を概ね75%軽減

電気自動車・燃料電池自動車・天然ガス軽自動車(平成21年排出ガス規制NOx10%以上低減又は平成30年排出ガス規制適合)

E 税率を概ね50%軽減

乗 用:平成17年排出ガス規制75%低減又は平成30年排出ガス規制50%低減かつ令和2年度燃費基準+30%達成車

貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減又は平成30年排出ガス規制50%低減かつ平成27年度燃費基準+35%達成車

F 税率を概ね25%軽減

乗 用:平成17年排出ガス基準75%低減又は平成30年排出ガス規制50%低減かつ令和2年度燃費基準+10%達成車

貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減又は平成30年排出ガス規制50%低減かつ平成27年度燃費基準+15%達成車

 

軽自動車税 税率表.pdf [189KB pdfファイル]