近年、消費者を取り巻く環境は、インターネットの利用増加により生活が便利になる一方、消費者トラブルは複雑化かつ多様化しております。悪質商法や特殊詐欺もますます巧妙化しており、高齢者や若者だけでなく、幅広い年齢層を狙った被害が後を絶ちません。

高砂市では、消費者トラブルの未然防止や早期解決のため、近隣の稲美町及び播磨町と「消費生活相談業務に関する協定」を締結し、1市2町で相互の消費生活相談ができる体制を整え、相談業務の強化・充実を図っています。また、広報誌等による情報提供、小中学校での啓発講座、地域での出前講座の開催など啓発活動にも取り組んでいます。

今後も引き続き、市民の皆さまが安全に暮らせるよう、消費生活センターの体制維持・強化を図り、消費者行政の一層の推進に取り組んでまいります。

 

                      令和2年1月

                        高砂市長  登 幸 人