【目的】

 地域住民団体等実施する自発的な「災害に強い森づくり」整備活動に対し、資機材等の支援を行うことにより、「参画」と「協働」による「災害に強い森づくり」の推進を図る。

 

【事業内容】

<実施主体>

 自治会・森林ボランティア団体等

 ※実施主体へは市を通じて補助金が交付されます。

<対  象>

 1箇所概ね2ha以上の小規模区域(里山林)

 ※原則として、広葉樹林・松林・竹林等で構成される里山林

 

【補助額】

 定額(2,400千円)

 

【支援内容】

(1)森林整備等

・枯損木や大径木、危険木の伐採等、住民では技術的に難しい施業の委託費(事業経費の1/2)

・地域住民等による里山整備の実施に必要な経費(講習会等)

(2)機材等の購入費

・看板、森林整備に必要な機材の購入費(刈払機、チェーンソー、スコップ、ノコギリ、なた、苗木)

 

【その他】

・森林整備のために、整備地において、森林所有者と3年以上の住民参画型森林整備保全管理協定を結び、実施主体の行う伐採や、土地の形質の変更などの了承を得る必要があります。

・森林整備を行う面積は、3年間で計2ha以上ですが、初年度は0.2ha以上行うこと。