1.消費税法及び地方税法の一部改正(税率の引上げ)

 『社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律(平成24年法律第68号)』等の施行に伴い一部改正された『消費税法及び地方税法』の施行により、消費税率が平成26年4月に8%へ引上げられ、この令和元年10月には10%へ引上げられることから、税率引上げ分(2%相当分)を適正に転嫁するため、水道料金及び下水道使用料の改定を行うことになりましたので使用者のみなさまのご理解とご協力をお願いします。

 ※料金体系の見直しを行うものではありません。

適用開始日

~平成26年3月

平成26年4月1日

令和元年10月1日

消 費 税 率

   4.0%    6.3%    7.8%

地方消費税率

   1.0%    1.7%    2.2%

合          計

   5.0%    8.0%    10.0%

 

2.消費税引上げによる水道料金、下水道使用料の影響額(2か月あたりの使用量が34㎥※1の場合)
(高砂市内)

 

    8%

    10%

  差 額

 水道料金  (円)

  2,354    2,398     44

 下水道使用料(円)

  3,499   3,564        65

 合          計 (円)

  5,853    5,962     109

 ※1 一般的な家庭の平均水量 34㎥/2か月

 

3.水道料金及び下水道使用料の経過措置について

 令和元年10月1日より前から継続して利用し、かつ条件を満たしている場合は、以下のとおり経過措置が適用されます。

 (1)令和元年10月請求対象の使用者(毎回偶数月(前回8月検針)に検針されており、令和元年10月31日までに検針がある場合)

   全額旧税率(8%)が適用されます。次回の令和元年12月請求分から消費税率(10%)が適用されます。

 (2)令和元年11月請求対象の使用者(毎回奇数月(前回9月検針)に検針されており、令和元年11月初旬に検針がある場合)

   全額旧税率(8%)が適用されます。次回の令和2年1月請求分から消費税率(10%)が適用されます。

   なお、10月1日以降にご契約された使用者の方につきましては、1回目の請求から消費税率(10%)が適用されます。

 

4.水道料金及び下水道使用料の新早見表

 (1) 水道料金早見表(市内)水道料金早見表(10%)(市内) 

 (2) 水道料金早見表(市外)水道料金早見表(10%)(市外) 

 (3) 水道料金及び下水道使用料早見表(市内)水道料金及び下水道使用料早見表(10%)(市内)