令和元年11月5日から住民票、印鑑登録証明書及びマイナンバーカード等に旧氏が併記できるようになります。

なお、住民票に旧氏を併記するためには請求手続きが必要です。

  

旧氏とは

 その人の過去の戸籍上の氏のことです。氏はその人に係る戸籍、または除かれた戸籍に記載がされています。

 

住民票等に記載できる旧氏 

・旧氏を初めて併記する場合には、戸籍謄本等に記載されている過去の氏から1つ選んで併記することができます。

・既に住民票等に記載されている旧氏は、婚姻等により氏が変わった場合でも引き続き併記されますが、請求により現在の氏へ変更になった直前の氏に変更することができます。

・旧氏は、他市町村に転入した場合も引き続き記載できます。

・旧氏を削除することは可能です。ただし、旧氏を削除した場合は、その後、氏が変更したときに限り、削除後に新たに生じた旧氏の中から1つを選んで再び併記することができます。

 

(注意事項)

 証明書ごとに旧氏の記載の有無を選択することはできません。旧氏と氏は常に併記されます。

 

手続きに必要なもの

・併記したい旧氏の記載された戸籍から現在の氏が記載されている戸籍にいたるまですべての戸籍謄本等

・本人確認書類(運転免許証等)

・マイナンバーカード(個人番号カード)または通知カード

・代理人が届出する場合は委任状

 

届出先

 市役所本庁1階市民課

 

 

(関連情報)

 住民票、マイナンバーカード等への旧氏の併記について(総務省)(外部リンク)