住民基本台帳法の一部が改正され、住民票の写しなど証明書の交付申請が厳格化されました。

交付申請ができる人の範囲、申請者の本人確認などにご注意ください。

※ 詳しくは、証明書発行時の本人確認をご覧ください。

 

交付申請ができる人

●本人または同一世帯の方

●委任状をお持ちの代理人の方

※個人番号(マイナンバー)入りの住民票を窓口で交付できるのは、本人または同一世帯の方のみとなります。代理人の方が来庁された場合は、本人宛に郵便でマイナンバー入り住民票を送付することになりますので、委任状以外に、送付用封筒と封筒用切手をご準備ください。

 

委任状には

続柄、本籍や個人番号(マイナンバー)の記載の有無や、複数部必要な場合は、通数を明記してください。
記載のない場合は、その項目を省略した本人のみの住民票を1通交付します。
委任状は返却しません。
委任状は自署でお願いします。自署できない場合は、市民課までご相談ください。

 

●上記以外の方で、住民票の記載事項を利用する正当な理由がある方

※第3者が自己の権利を行使し、又は自己の義務を履行するため住民票請求の申出を行う場合は、請求理由を明らかにする資料が必要です。また、請求者が法人の場合は、代表者印や社印等法人印の押印が必要です。事前に市民課までご相談ください。

※成年後見人等として住民票請求の申出を行う場合は、登記事項証明書の原本(発行後おおむね3カ月以内のもの)を持参してください。

 

様式

住民票等交付請求書 [90KB pdfファイル]

委任状(住民票) [92KB pdfファイル] 

 

必要なもの

窓口に来られる方の印鑑と本人確認できる書類

※ 詳しくは、証明書発行時の本人確認をご覧ください。

 

交付できる窓口

・市役所本庁舎 市民課窓口

市民サービスコーナー

市民コーナー 

  

手数料

●住民票の写し 1通 300円

●住民票記載事項証明書 1通 300円

 

注意事項

・申請時には、対象者の住所・氏名などを正確にご記入ください。交付できない場合があります。

・世帯全員か個人、本籍記載の有無、世帯主との続柄記載の有無を事前にご確認ください。

・不正な手段で住民票の写しなど証明書を交付申請した人には、刑罰が科せられます。

・郵送での申請は郵便請求のページをご覧ください。

 

日曜窓口サービスをご利用ください

平日、市役所に来庁できない方のために、休日開庁を実施しています。

詳しくは、日曜窓口サービスのページをご覧ください。