市民提案型地域協働推進事業(「夢の代」)とは

 市民の個性を活かす市民参画都市高砂をめざし、市民の豊かな発想を活かした個性的で魅力的なまちづくりを推進するとともに、市民活動のさらなる活性化と地域力の向上を目的として、市民が主体的、自発的に行おうとする提案事業に対し、市が補助金(上限50万円・20万円・5万円)の交付や必要な情報提供などを行い、互いに補完しながら、協働で実施する制度です。

事業の仕組み、流れ

『活動団体支援事業』  

市:市民の皆さまから、市と協働して実施する事業の企画提案書を募集
 ⇩
庁内委員会:書類審査、事業の公益性、実現性、発展性等の審査を行い、補助金対象事業を選定
 ⇩
市民(提案団体):補助金交付対象事業となった提案団体は、補助金交付申請等によって補助金交付決定の通知を受け、事業を実施
 ⇩
市民(提案団体):事業終了後、実績報告書を市に提出し、補助金を確定

 

1.募集期間

令和3年5月10日(月曜日)から令和3年6月11日(金曜日)必着 

 

 2.応募方法 

令和3年度「活動団体支援事業」企画提案書募集要項(2次募集)をご確認いただき、企画提案書等の必要書類を作成のうえ、上記募集期間内に直接地域振興課まで持参してください。

  •  ※必要書類については、下記9.応募書類「様式等のダウンロード」から取り出せます。また、地域振興課にもあり                                         
  •  ます。

 

3.事業対象期間

 令和3年8月1日から令和4年3月31日までの期間で実施される事業
 (年度末までに完了する事業であることが必要です。)

 

4.補助対象となる団体

・代表者及び構成員の過半数が市内に在住、在勤又は在学している3人以上の有志の団体であること。

・活動拠点が市内にある団体であること。

・高砂市における暴力団の排除の推進に関する条例に規定する暴力団または暴力団員が関与しない団体であること。 

 

5.補助対象となる事業

・営利を目的としない市民の自主的、主体的な社会参加活動で公益性があり、市民生活及び地域社会の維持発展に寄与することを目的とした事業であること

・幅広く市民が参加でき、市全域に新たな活気とうるおいの創出が期待できる先駆的で独創性のある事業であること

 

6.対象外の事業

国又は地方公共団体(外郭団体を含む。)から助成を受けている事業

市が実施する事業と実質的に同一事業とみなされる事業

宗教的活動及び政治的活動を目的とする事業

団体の活動拠点となる施設等の整備を目的とする事業

特定の企業、団体及び個人の利益を追求するための事業

公序良俗に反する事業

 

7.補助金の交付額

総事業経費から補助金交付要綱第4条ただし書に該当する経費を減じた額の75%。ただし、限度額を20万円とする。

 

対象経費

 報償費、旅費、消耗品費、燃料費、印刷製本費、食糧費、通信運搬費、保険料、広告宣伝費、委託料、使用料及び賃借料

対象外経費
  •  団体の運営費及び人件費並びに施設の維持費
  •  用地の取得又は賃借に要する費用及び補償に係る費用
  •  食糧費(外部講師等の昼食代等を除く。)
  •  備品購入費 

※事業実施団体等が支払ったことが明確に確認できない経費、事業のために執行したことを客観的に証明することができない経費、その他事業に直接関係のない経費及び社会通念上適正でないと認めた経費についても、対象外となりますのでご注意ください。

 

 

8.補助金交付までのスケジュール

  活動団体支援事業(補助限度額20万円)

 応募期間

 令和3年5月10日(月曜日)

から

令和3年6月11日(金曜日)

  企画提案書の

 提出先

 

高砂市役所(本庁舎3階)

地域振興課

 

審査

 

 6月14日(月曜日)以降

(庁内委員会による書類審査)

 

審査結果通知

 

審査終了後、

速やかに団体代表者宛に書面にて通知

 

   補助金交付申請

  受付

 

 

 審査結果通知後

交付決定通知を受けてから申請

 

補助金の振込

 

実績報告後、

補助金確定額を請求(完成払)をしていただきます。

団体名義の口座に振り込みます。

 ※確定した団体は団体名義の口座が必要です。

 

  

 

9.応募書類「様式等のダウンロード」

企画提案時に提出する書類(様式)
  1.   企画提案書   
  2.   事業計画書    【記入例】事業計画書    ※ 記入例を参考に、ご記入ください。
  3.   収支予算書    
  4.   団体概要書・会員名簿[  
  5.   団体概要書(協働の相手先)   (協働の相手先)
      ※協働の相手先がある場合
  6.   誓約書  
  7.   その他(任意様式)
     ・収支予算書添付書類として経費の根拠となるもの(見積書等)、
     ・団体概要書添付書類として直近の決算書類、規約又は会則等も添付してください。

※応募書類は返却いたしませんので、ご了承ください。

10.お問い合せ先

    高砂市役所 本庁舎3階 
  市民部市民窓口室地域振興課  Tel(079)-443-9006