大切にしよう、私のからだ。行こう、がん検診!

 

国保年金課では国民健康保険の加入者に対し、各種がん検診等の全額費用助成を行っています。

この費用助成は個別検診・高砂市民病院健診で使用できます。

この機会にぜひがん検診等を受け、自分自身のからだのメンテナンスを定期的に行いましょう。

 

注意)自覚症状等気になる症状がある方は、検診ではなく医療機関を速やかに受診してください

 

期間

令和3年6月1日から令和4年3月31日まで

※今年度75歳になる人は、助成券がなくても検診料は無料です。

 

 対象者

 次の要件を満たす人

  ◇高砂市国民健康保険に6ヶ月以上継続加入している

  ◇国民健康保険料の完納世帯

 

対象となるがん検診の種類

 

無料助成券の種類 対象年齢 注意事項 定員
胃がんリスク検診 40歳から74歳

ピロリ菌の除菌歴がある人、平成29~令和2年度受診者、

平成26~28年度受診者のうち結果が「A’,B,C,D,E」群の人は除く

300人
大腸がん検診 40歳から74歳 毎年受けることができます 300人

子宮がん検診

(頸・体部、女性)

20歳から74歳 2年に1度、体部は医師が必要と認めた人のみ 300人

乳がん検診

(女性)

40歳から74歳 2年に1度 200人

 

申請方法(がん検診を受診する前に、申請してください)

国民健康保険証と健康お守りカード(健康増進課より5月末に送付)を持って

直接国保年金課国保給付係(市役所10番窓口)にお越しください。

 

助成券をもらったら

高砂市内の指定医療機関へ申し込んでください。

指定医療機関は、助成券に記載してありますのでそちらをご覧いただくか

広報4月号に同封の健康だよりをご覧ください。

令和3年度がん検診の助成券が使える医療機関.pdf [125KB pdfファイル]