未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金とは

 児童扶養手当の受給者のうち、未婚のひとり親の方に対し、2019年度に臨時・特別の措置として、給付金17,500円を支給します。

   未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金について.pdf(新しいウィンドウが開きます) 

 

申請期間

2019年8月1日から2020年2月3日まで

児童扶養手当現況届と同時に受付できます。

 

支給対象者

◎次のすべての要件を満たす父または母が対象となります。

  • 2019年11月分の児童扶養手当の支給を受ける父または母
  • 基準日(2019年10月31日)において、これまでに婚姻(法律婚)をしたことがない方
  • 基準日において、事実婚をしていない方または事実婚の相手方の生死が明らかでない方

  

支給額

◎未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金の支給額は17,500円です。

  • 原則として、児童扶養手当の2020年1月の支払日(2020年1月10日)と同日に支給します。
  • 2020年1月に支給ができなかった場合は、それ以降随時支給をします。
  • 支給は1度きりで、監護している児童の人数などによって金額が増減することはありません。

   

 手続について

◎手続に必要な物は次のとおりです。

  • 印鑑(シャチハタ以外のもの)
  • 申請書(窓口にて記入)
  • 戸籍謄本 ※申請から1ヶ月以内のものに限る

 

◎児童扶養手当の受取先口座以外で支給を希望される場合は追加で書類が必要です。

  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)
  • 支給先の口座が確認できる書類(通帳やキャッシュカードの写し)

 

”振込め詐欺”や”個人情報の詐取”にご注意ください.pdf(新しいウインドウが開きます) 

 

 申請後の手続

 ◎次のような場合は、手続きが必要です。

  • 基準日(2019年10月31日)より前に申請を行ったが、基準日までの間に児童扶養手当の資格を喪失した。
  • 基準日より前に申請を行ったが、基準日までの間に他の自治体に転出した。

※転出される方は、転出先の自治体で再度申請を行っていただく必要があります。

 

 

このページのトップに戻る