令和3年7月31日に高砂市中央公民館兼伊保公民館工作室で開催した「高砂市夏休み子ども工作教室」の様子です。

「木育」をテーマに、講師である加印木材組合の皆さんの指導のもと、高砂市内小学校5年生・6年生の児童9名が踏み台づくりにチャレンジしました。

 

1 踏み台づくりに使用する材料や作り方について説明を受けます。

 1 踏み台づくりに使用する材料や作り方について説明を受けます 

 

2 踏み台づくりスタート!

     加印木材組合の方が事前に踏み台づくりに必要な木材を採寸し切って用意してくれていますが、踏み面(ふみづら)部分の木材は自分たちで曲尺を使い、採寸します。

 2 踏み台づくりスタート!加印木材組合の方が事前に踏み台づくりに必要な木材を採寸し切って用意してくれていますが、踏み面(ふみづら)部分の木材は自分たちで曲尺を使い、採寸します  2 踏み台づくりスタート!加印木材組合の方が事前に踏み台づくりに必要な木材を採寸し切って用意してくれていますが、踏み面(ふみづら)部分の木材は自分たちで曲尺を使い、採寸します

     

3 のこぎりの使い方を教わり、自分たちで切っていきます。

 3 のこぎりの使い方を教わり、自分たちで切っていきます

  

4 やすりをかけます。

 4 やすりをかけます

  

5 錐を使用し、釘を打つ箇所に穴をあけます。

 5 錐を使用し、釘を打つ箇所に穴をあけます

 

6 金づちを使い、釘を打ちます。

 6 金づちを使い、釘を打ちます

 

7 自分たちで作った踏み台が出来上がりました。

 7 自分たちで作った踏み台が出来上がりました

  

8 踏み台づくりの後は、ペンダントづくりをしました。

 8 踏み台づくりの後は、ペンダントづくりをしました  8 踏み台づくりの後は、ペンダントづくりをしました

    

 

   

参加した小学生の声

●とても楽しく、また作ってみたいと思った。

●楽しかったし、たくさんの新しい体験をした。

●とても親切に教えてくれて、とても作りやすかったです。

●とても楽しかった。難しかった所もあったけど、いい感じに出来上がり、ペンダントも作れたからうれしかった。

●面白かったので、次も行きたいです。