子宮頸がん予防ワクチン予防接種は、平成25年4月1日から定期接種となりましたが、平成25年6月14日に厚生労働省で開催されました専門家会議により、以下の内容の通知がありましたのでお知らせします。

 

  1. ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が子宮頸がん予防ワクチン接種後に特異的に見られたことから、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとされました。
  2. 定期接種を中止するものではないため、希望者は定期接種を受けることができます。
  3. 予防接種を受ける場合には、下記の各リーフレットをよくお読みになり、子宮頸がん予防ワクチンの有効性と安全性について十分にご理解いただいた上での接種をお願いします。

 

リーフレット (令和2年最新版)

<まずはこちら>

 小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方へ 大切なお知らせ(概要版)[3191KB pdfファイル]  

お子さまにもわかりやすい概要版です。

 

<もっと詳しく情報を知りたい方へ>

 小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方へ 大切なお知らせ(詳細版) [4346KB pdfファイル]  

 

<接種を受けた方へ>

 HPVワクチンを受けたお子さまと保護者の方へ(受けた後版) [1298KB pdfファイル] 

ワクチンを受けた後は、体調に変化がないか充分に注意してください。

もしも、気になる体調変化があった場合は、このリーフレットを参考に、医師に相談してください。

 

接種方法等 

<接種場所>

 実施医療機関 [329KB pdfファイル] 

<持ち物>

(1)母子健康手帳

(2)予診票(高砂市内の実施医療機関に置いてあります)

 ※加古川市、稲美町、播磨町、明石市の実施医療機関で接種を受けられる方は郵送しますので、接種を受けられる前に子育て世代包括支援センターまでお電話ください。

 詳しくは、「子どもの予防接種」のページをご覧ください。

  ※平成15年、16年生まれの方は、新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、定期予防接種を受けることができなかった方へのページをご覧ください。

 

 関連情報

※ 厚生労働省 子宮頸がん予防ワクチンに関するページ

※ 兵庫県 子宮頸がん予防ワクチンに関するページ 

※ 高砂市「予防接種の副反応と健康被害」のページ