制度の概要

要介護(要支援)認定を受けている方が、現在お住まいの住宅(居住地)において自立した家庭生活を営むため、また介護者の負担を軽くするために住宅を改修する場合(新築、増築、大規模改築は除く)に、申請により保険給付の対象となる工事費用のうち自己負担額を除いた額が支給される制度です。

※この制度をご利用いただくにあたって、必ず別添の「介護保険住宅改修費支給制度について」をご覧ください。

支給内容

支給限度額は20万円です。高砂市は、改修にかかった費用全額を申請者(被保険者)が一旦支払い、その後、保険給付の対象となる工事費用から自己負担分(1割~3割)を差し引いた額を市が支給する「償還払い」方式を採用しています。支給上限額は、申請者(被保険者)の負担割合に応じて、14万円、16万円、18万円のいずれかです。

なお、1回の改修で上限まで使い切らずに、数回に分けて支給を受けることもできます。

また、介護の必要の程度が著しく高くなった場合、転居をした場合は、支給限度額が再び20万円に戻り、再度支給を受けることができます。

 

支給対象となる改修工事

1. 手すりの取り付け

2. 段差の解消

3. 滑り防止及び移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更

4. 引き戸等への扉の取り替え

5. 洋式便器等への便器の取り替え

6. その他1~5の各工事に付帯して必要な工事

      詳しくは介護保険課までお問い合わせください。

 

必要な申請手続き

住宅改修費の支給を受けるには、事前申請と事後申請の2回申請が必要です。

事前申請

住宅改修が必要になった場合は、担当ケアマネジャー等にご相談いただいた後、下の書類を揃えて介護保険課で事前申請を行ってください。

【事前申請の際に提出していただく書類】

・介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修費支給申請書(償還払い)

・住宅改修が必要な理由書(※ケアマネジャー等が作成したもの)

・工事費見積書(内訳書)

・住宅改修箇所見取り図(平面図)

・住宅改修予定箇所の写真(撮影日が入ったもの)

・申請者(被保険者)の介護保険被保険者証の写し

 

事後申請

住宅改修工事が完了したら、下の書類を揃えて、速やかに介護保険課で事後申請を行ってください。

【事後申請の際に提出していただく書類】

・工事着工承認通知書(介護保険課から届いたもの)

・工事費内訳明細書

・改修前と改修後の改修箇所の写真(撮影日が入ったもの)

・領収書原本(被保険者のフルネームが記載されたもの)

 

その他の助成

介護保険住宅改修費支給制度とは別に、高砂市独自の「住宅改造費助成事業」があります(別途申請要)。介護保険の住宅改修費の支給限度額を超えて行われる工事について、その超えた部分について助成を受けることができます。詳しくは介護保険課までお問い合わせください。

 

関係書類一式

介護保険住宅改修費支給制度について.pdf [339KB pdfファイル] 

介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修費支給申請書(償還払い).pdf [336KB pdfファイル] 

住宅改修が必要な理由書.xls [57KB xlsファイル] 

工事費見積書(推奨様式).xlsx [16KB xlsxファイル] 

住宅改修(改造)関係写真台帳.doc [42KB docファイル]  

委任状.pdf [63KB pdfファイル] 

介護保険住宅改修費支給制度に関するQ&A.pdf [134KB pdfファイル] 

 

申請書類記入・作成例

介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修費支給申請書(記入例).pdf [354KB pdfファイル] 

住宅改修が必要な理由書(記入例).pdf [357KB pdfファイル] 

住宅改修箇所見取り図(作成例).pdf [76KB pdfファイル] 

写真掲載例.pdf [368KB pdfファイル] 

委任状(記入例).pdf [87KB pdfファイル] 

 

申請受付場所・制度のお問い合わせ先

市役所西庁舎1階 介護保険課 介護給付係(住宅改修担当)

電話:079-443-9063(直通)/Email:tact2500@city.takasago.lg.jp