訪問介護(生活援助中心型)が基準回数以上となるケアプランの届出について

 平成30年10月より、利用者の自立支援・重度化防止や地域資源の有効活用等の観点から、訪問介護における生活援助中心型サービスの利用回数が基準回数以上のケアプランについて、保険者への届出が義務づけられました。

 1月当たりの回数が基準以上となる場合は、次のとおり期限内に書類を提出してください。

 

基準となる回数(1月あたり)

要介護度 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
基準回数 27回 34回 43回 38回 31回

 

届出の時期及び期限

 平成30年10月1日以降に、居宅サービス計画を作成又は変更し、上記の回数以上の訪問介護(生活援助中心型)を位置づけたものについて、翌月の末日までに提出してください。

 

提出書類

(1)訪問介護(生活援助中心型)の回数が多いケアプラン等届出書.xlsx [16KB xlsxファイル] 

(2)フェイスシート

(3)居宅サービス計画書(「第1表」「第2表」「第3表」「第6表」「第7表」)

(4)サービス担当者会議の記録

(5)訪問介護計画書

 

 提出先

 〒676-8501
 高砂市荒井町千鳥1丁目1番1号
 高砂市役所福祉部地域福祉室高年介護課
 電話:079-443-9063 FAX:079-444-2304

 ※持参、郵送どちらも可

 

その他

計画作成時には基準回数に満たなかったが、実績が基準回数以上となった場合、提出は不要です。
ただし、事後に市が未届ではないかの照会をする場合がありますので、ご対応についてよろしくお願いします。

 

参考

 指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準について.pdf [173KB pdfファイル] 

 介護保険最新情報Vol.629.pdf [708KB pdfファイル] 

 介護保険最新情報vol.652(生活援助の回数).pdf [176KB pdfファイル] 

 介護保険最新情報vol.690.pdf [270KB pdfファイル]