昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性に対する風しんの追加的対策

 風しんの予防接種は、現在、予防接種法に基づき公的に行われています。しかし、公的な接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、抗体保有率が他の世代に比べて低く(約80%)なっています。

 そのため、2022年2月までの期間に限り、風しん抗体検査・予防接種を公費で受けることができます。 

 これから生まれくる赤ちゃんを、社会全体で守るため、ぜひ、この機会に抗体検査を受けましょう!

対象者 

 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生の高砂市に住所を有する男性

※予防接種は、抗体検査の結果、十分な量の風しんの抗体がないと判明した人のみ受けられます。

  

抗体検査・予防接種の流れ 

1 クーポン券はすでに送付しています

クーポンの有効期限が「2020年3月」「2021年3月」と表示されていても「2022年2月」まで使用できます。

転入などで、クーポンがお手元にない人には郵送します。健康増進課(079-443-3936)までご電話ください。

 
2 抗体検査を受ける

 ・クーポン券は、全国多くの医療機関で使えます。実施医療機関へ直接お申込みください。

 ・事業所等の健康診断や人間ドックで使える場合もあります。受診先にお問い合わせください。

 
3  抗体検査の結果が届きます

・抗体あり:風しんへの抵抗力があります。定期接種の対象となりません。

・抗体なし:風しんへの抵抗力がなく、風しんにかかるリスクがあります。予防接種を受けてください。

 
4 抗体のない人は予防接種を受けましょう

 予防接種は全国多くの医療機関で受けることができます。

 各実施医療機関に事前にお問い合わせの上、受診してください。

 

風しん抗体検査・予防接種実施医療機関


 高砂市内 風しん抗体検査・予防接種実施医療機関 [61KB pdfファイル]  

 全国の風しん抗体検査・予防接種実施医療機関(厚生労働省ホームページ) 

 

検査及び接種費用

 無料

 必要な持ちもの

 抗体検査を受ける時:クーポン券、本人確認書類(免許書、マイナンバーカードなど)

 予防接種を受ける時:クーポン券、本人確認書類(免許書、マイナンバーカードなど)、抗体検査の結果がわかる書類

 

接種前の注意

 予防接種は、当日の体調や基礎疾患などで受けられない場合があります。また、接種後、副反応が発生する場合もあるので、必ず医師と相談してください。