知っていますか?たばこの害

 

たばこの煙 ~体に有害な物質は200種類以上!~

たばこの煙には、約4000種類の化学物質が含まれており、そのうち約200種類以上が有害物質です。

以下では、その有害物質の一部を紹介します。

ニコチン

血管を収縮させ、血液の流れを悪くします。

ニコチンには強い依存性があるため、なかなかタバコをやめられなくなります。

喫煙者の中には「たばこを吸うと落ち着く・ホッとする」と言う人も少なくありませんが、それは体内のニコチンが切れて「イライラ」していたところに、たばこを吸ってニコチンを取り込んだことで、その「イライラ」が解消されただけなのです。

タール

茶褐色のベトベトしたヤニで、数十種類の発がん性物質が含まれています。

一酸化炭素

血液中のヘモグロビンと結びつき酸素の運搬を妨げ、身体が酸素不足になります。

また、動脈硬化を促進し、心筋梗塞等の確率を高めます。 

 

たばこの煙が原因となる病気

たばこの煙は、がんや心筋梗塞などの循環器疾患、ぜんそく、COPD(慢性閉塞性肺疾患)等の原因となることが明らかになっています。

日本では、喫煙に関連する疾患で年間約13万人が死亡していると推計されています。

 

受動喫煙 ~たばこは周囲の人の健康も奪います!~

「受動喫煙」とは、他人のたばこの煙を吸わされることをいいます。

たばこの煙には、たばこの吸う人が直接吸い込む「主流煙」と、火のついた先から立ち上る「副流煙」に分かれます。「副流煙」には「主流煙」と同じく体に有害な成分が含まれていて、ニコチン・タール・一酸化炭素などの成分量は「主流煙」よりも多いと言われています。

そのため、「受動喫煙」によって、たばこを吸わない人も、がんや脳卒中、虚血性心疾患、呼吸器疾患などのさまざまな病気のリスクが高くなることがわかっています!

 

妊婦や子どもは特に注意が必要です!

子どもの身体は、大人に比べてたばこの有害物質の影響を受けやすいため、受動喫煙によって肺機能の低下や中耳炎、乳幼児突然死症候群(SIDS)など深刻な影響を受ける可能性が高まります。

また、妊娠中は、喫煙はもとより、受動喫煙でも早産や胎児が低体重となる危険度が高まります。

両親がたばこを吸わない家庭に比べて、両親がたばこを吸う家庭では、低出生体重は約2.8倍、乳幼児突然死症候群(SIDS)は約4.7倍、危険度が高まるとされています。

 

加熱式たばこも同様です!

加熱式たばこも、従来の紙巻きたばこと同様、たばこ葉が原材料であり、煙状の蒸気にもニコチン等の有害物質が含まれています。このため、喫煙や受動喫煙により、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。 

 

啓発媒体

受動喫煙の防止等に関する条例を見直しました(兵庫県)

印刷の際は、出力サイズをA3、両面印刷、2-UP、短辺とじを選択して印刷してください。
それを半分に折っていただくとA4サイズの見開きのリーフレットができあがります。

条例改正リーフレット(兵庫県) [3922KB pdfファイル] 

 

大人向けリーフレット(兵庫県)

印刷の際は、出力サイズをA3、両面印刷、短辺とじを選択してください。
それを半分に折っていただくとA4サイズの見開きのリーフレットができあがります。

大人向けリーフレット(兵庫県) [2537KB pdfファイル] 

 

子ども向けリーフレット(兵庫県)

印刷の際は、出力サイズをA3、2-UP、両面印刷、短辺とじを選択して印刷してください。
それを半分に折っていただくとA4サイズの見開きのリーフレットができあがります。

子ども向けリーフレット(兵庫県) [773KB pdfファイル] 

 

若者世代向け喫煙防止動画(兵庫県)

高校生等を対象とした喫煙防止教育アニメを作成しました。
チラシにQRコードを掲載しています。

恋愛と喫煙、その結末・・・(兵庫県) [354KB pdfファイル]