歯周病とは?

 歯周病には「歯肉炎」と「歯周炎」があります。

 歯肉炎

 ブラッシング不良によるプラーク(歯垢)の付着により、歯肉の発赤、腫脹、出血が起こります。

 歯科医院で指導を受け、正しいブラッシングと生活習慣に気をつけていれば、状態を回復することができます。

 

 歯周炎

 歯肉炎を放置しておくと、細菌が歯と歯肉の間に入って増殖し、歯周ポケットをつくり、炎症が組織の深部に進行します。これにより、歯槽骨が破壊され、歯の動揺(ぐらつき)や脱落(歯が抜けること)が起こります。

 治療で進行を止めることはできますが、家庭や歯科医院でのメインテナンスを怠ると再発し、悪化します。

 

歯周病と全身疾患の関係

 歯周病菌やその成分は、血液中に入り込むと、全身の臓器に悪影響を与えます。

 歯周病菌が、歯肉の細胞を刺激して、サイトカインという炎症物質を放出することは、糖尿病や肥満、心筋梗塞、低体重児早産、骨粗しょう症、誤嚥性肺炎、関節リウマチなどと深い関係があるといわれています。

 

歯周病検診を受けましょう!

 

 対象者には4月上旬に案内と受診券を個別送付しています。

 ぜひ、この機会に、歯周病のチェックをしてみましょう!

 

対象者

 令和3年3月31日時点で、以下の年齢に達する市民

 ・40歳(生年月日が昭和55年4月2日から昭和56年4月1日)

 ・50歳(生年月日が昭和45年4月2日から昭和46年4月1日)

 ・60歳(生年月日が昭和35年4月2日から昭和36年4月1日)

 ・70歳(生年月日が昭和25年4月2日から昭和26年4月1日)

 

※転入の方、受診券を紛失された方で、受診券発行を希望する方は、保健センター(TEL:443-3936)までご連絡ください。

 

検診期間

 令和2年4月から令和3年2月末日

 

検診場所

 協力歯科医療機関

※医療機関一覧をご覧になりたい方はこちらをクリック

 令和2年度協力歯科医療機関一覧表(高砂市・播磨町・稲美町)※令和2年度4月15日現在 [104KB pdfファイル]  

 令和2年度協力歯科医療機関一覧表(加古川市)※令和2年3月1日現在 [63KB pdfファイル] 

 

検診内容

 歯周病検診(歯周の腫れ、歯周ポケットの深さなどを確認します。)

 PMTC(上の前歯または下の前歯)

※PMTCとは、機械的歯面清掃のことで、毎日のブラッシングで清掃が難しいところをきれいにします。

 

検診料金

 無料

 

持参するもの

 令和2年度高砂市歯周病検診受診券(桃色)

 健康保険証  

 

 詳しくは、保健センター(TEL:443-3936)までご連絡ください。