定期接種の対象者

 令和2年8月1日以降に生まれた方

 

定期予防接種の開始日

 令和2年10月1日から

 
令和2年10月1日より前の接種分

 任意接種であり、公費助成の対象とはなりません。

 既に任意接種で受けたものも数えて、残りの接種回数を定期接種で受けてください。

 

接種方法について

 ワクチンの種類によって接種時期及び回数が異なります。医療機関と相談して、どちらかのワクチンを選んで接種してください。2回目以降も最初に受けたワクチンと同じ種類のワクチンを接種してください。

・初回接種は、生後6週から14週6日までに受けてください。
・2回目以降の接種は、27日以上の間隔をあけて行います。
・やむを得ず同じ種類のワクチンが接種できない場合は、事前に保健センターまでご相談ください。

 

ワクチン名 接種時期

 接種回数

ロタリックス(経口弱毒生ヒトロタウイルスワクチン) 生後6週から24週 2回
ロタテック(5価経口弱い毒生ロタウイルスワクチン) 生後6週から32週 3回

 

 

接種料金

無料

 

 

接種方法

◆定期予防接種実施医療機関に、予約をしてください。

 高砂市定期予防接種実施医療機関一覧表

 

◆事前に、予防接種と子どもの健康をよくお読みになり、予防接種の効果や目的、重篤な副反応の可能性、予防接種健康被害救済制度などについて理解した上での接種をお願いします。

 

持ち物

◆予診票(予防接種シール貼付)

◆母子健康手帳

 

接種後に気を付けていただきたいこと

腸重積症について

◆ワクチン接種後(特に初回接種後)1~2週間くらいの間は、腸重積症にかかりやすくなると言われています。

 次のような様子が1つでも見られるときは、すぐに医療機関を受診しましょう。

・突然激しく泣く ・嘔吐を繰り返す ・便に血が混じる

・ぐったりして顔色が悪い ・機嫌が良かったり不機嫌になったりを繰り返す

 

◆ワクチンの接種にかかわらず、生後3か月ぐらいから月齢が上がるにつれて多くなる病気です。できるだけ腸重積症の起こりにくい早めの時期に接種を受け、早期に接種完了しましょう。

 

関連情報

※ロタウイルスワクチン予防接種のご案内(表)(裏)

※ロタウイルスについて(厚生労働省ホームページ)

※ロタウイルスワクチンに関するQ&A(厚生労働省ホームページ)

 

このコンテンツに関するキーワード 子どもの予防接種など