成年後見制度利用支援事業

 

成年後見制度とは 

 認知症、知的障がい、精神障がいなどの理由により判断能力が不十分となった人が、財産管理や契約で不利益をこうむったり、人間としての尊厳がそこなわれたりすることのないように、主に法律面で支援する制度です。

 家庭裁判所が選任する法定後見人(補助人、保佐人、成年後見人)による財産管理や福祉サービスの契約締結など、様々な援助を受けることができます。 

 

成年後見制度利用支援事業概要

 身寄りのない認知症高齢者などについて、市長が後見開始などの申立てを行うことにより、後見人による財産管理や身上監護などを支援します。また、後見人に対する報酬の支払いが困難な方に対し、報酬費用の助成を行います。

 

 お問い合わせ

 高年介護課 TEL:443-9026

 高砂市地域包括支援センター TEL:443-3723