新型コロナワクチンは、主に発症や重症化の予防、さらには感染拡大防止が期待されています。

高砂市では、4月頃から接種を開始する予定です。接種の実施については、ワクチンの量が限られているため、感染や重症化リスクの高い方から接種を始め、順次、全市民へワクチン接種を進めています。

具体的な接種開始時期や接種場所等が決まり次第、広報たかさごや市ホームページ等で随時お知らせします。

令和3年3月8日(月曜日)に市のコールセンターを開設します。接種についての相談等は、3月8日までは保健センター(079-443-3936)または厚生労働省コールセンター(0120-761770(フリーダイヤル))までお問い合わせください。

接種の優先順位と接種の想定時期

下記の1「高齢者」については4月頃から、2「高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方」、3「それ以外の方」については順次の接種開始を見込んでいます。

妊婦を優先するか、子どもが接種対象となるかどうかなどは、今後検討されることになっています。

接種開始時期が決定次第、ホームページを更新し、ご案内する予定です。

1高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)
2高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方
3上記以外の方

 

ワクチンの種類について

新型コロナウイルスワクチンについて、ファイザー社のワクチンが令和3年2月14日に薬事承認されました。残る2種類のワクチンの承認が見込まれていますが、承認時期は未定です。

各ワクチンは2回接種(筋肉内注射)で、1回目と2回目は同じ製薬会社のワクチンを接種する必要があります。

製薬会社 接種間隔
ファイザー社 21日
アストラゼネカ社 28日
武田/モデルナ社 28日

 

接種場所 

原則、住民票所在地の市町村での接種となります。

高砂市における接種場所は、医療機関および市内公共施設(高砂市民病院、高砂市総合体育館)です。

接種を実施する具体的な場所等は、決まり次第、ホームページ等でお知らせします。

 

接種の流れ・接種予約方法

ワクチン接種を受けるにあたり、予約が必要です。優先接種対象者の順に送付予定の接種券が届きましたら、下記の方法にてご予約のうえ接種します。

・市が設置する専用のコールセンターに電話予約(079-443-5556)

(ワクチン接種の予約や相談専用のコールセンターを3月8日(月)に開設します。)

・たかさごナビ(高砂市公式アプリ)による予約

(たかさごナビのインストールは、以下のリンクからできます。)

高砂市公式アプリ「たかさごナビ」について (別ウインドウが開きます)

 

接種費用

 無料

 

接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度

ワクチン接種後に健康被害が生じた場合は、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)を受けることができます。

予防接種健康被害救済制度(厚生労働省ホームページ)(別ウインドウが開きます)

 

相談窓口

<厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター>

電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)

受付時間:9時~21時(土日・祝日も実施)

聴覚に障がいのある方は、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページをご覧ください。

<高砂市新型コロナウイルスワクチンコールセンター>
※ 3月8日(月)から開設します

電話番号:079-443-5556

受付時間:8時30分~17時15分(土日・祝日も実施)

 

新型コロナウイルスワクチンについて(厚生労働省ホームページ)

新型コロナウイルスワクチンの情報は、下記の厚生労働省のホームページをご参照ください。

接種についてのお知らせ(別ウインドウが開きます)

新型コロナワクチンについてのQ&A(別ウインドウが開きます)

 

市長メッセージ動画「新型コロナウイルスワクチン接種について」

 

新型コロナウイルスワクチン接種に関する市長メッセージ [129KB pdfファイル]