高齢者が、住み慣れた自宅で安心して自立した生活を送れるように、手すりの取り付け、段差解消など、暮らしやすい環境にするために住宅を改造する費用の一部を助成します。(助成額には上限があります。)

 

▼対象者
  • 介護保険制度の要介護認定の結果が、要支援・要介護の方
  • 介護保険制度による住宅改修費が20万円を超え、住宅改修利用限度額が満額残っている方
  • 生涯にわたり自宅での生活を希望される方
  • 介護保険の給付限度額を上回る工事(助成対象工事)をされる方

 

▼注意事項
  • 必ず事前の申請が必要です。
  • 昭和56年5月以前に建築された住宅は、簡易耐震診断を受ける事が必要です。
  • 申請の受付後に、住まいの改良相談員が現地確認を行い、助成金の交付が決定されます。工事は、助成金の交付決定後に着工してください。(工事完了後にも現地完了検査を行います。)
  • 工事は、介護保険制度の住宅改修と一体的に行っていただく必要があります。
  • この制度の利用は、原則として1世帯1回限りです。
  • 施工業者、ケアマネジャー等による手続き代行の場合は、委任状が必要です。
  • 生計中心者の課税状況により、助成率が異なります。(補助基本額の 1/3 から 3/3 を助成)
  • ※所得制限があります。
  •  

 改造が単なる家屋の老朽化によるリニューアルや、下水道整備に伴う便所改修工事等に対する助成は認めらません。高齢者の心身の状況に応じた必要性・緊急性からの助成を目的としています。