このハザードマップは、平成25年度に作成したものを、想定し得る最大規模の降雨による洪水浸水想定、想定し得る最大規模の高潮浸水想定など、新たに公表された想定に対応したハザードマップを追加更新したものです。

また、災害時の情報収集として、「防災ネットたかさご」「地デジデータ放送」「防災行政無線が聞き取れなかったときのためのテレドーム」などの紹介に加え、兵庫県が推奨する「マイ避難カード」の作成を一緒にたどるページも掲載しています。

高砂市ハザードマップは、「保存版」として作成していますので、家族の命をどのように守るか、そのための情報をどのように入手するか、この機会に各家庭、学校、職場等での、災害対応マニュアルとして活用して頂きたいと思います。


※下記のマップ等を印刷する際、設定がA3サイズの設定となっておりますので、A4で印刷する場合は、プリンターの設定変更をして頂きますようお願いいたします。

 

 表紙~目次

 表紙 [1979KB pdfファイル] 

 P1-P2(目次・避難判定フロー) [2384KB pdfファイル] 

 

水害編

 

◆概ね100年~150年に1回程度の大雨で河川が氾濫した場合のマップは次の2つです。

 P3-P4は、市内の河川のうち、加古川が氾濫しない場合、P5-P6は加古川を含めた市内の河川が氾濫した場合のマップです。

 P3-P4(計画規模降雨:法華山谷川、天川) [634KB pdfファイル] 

 P5-P6(計画規模降雨:加古川、法華山谷川、天川) [620KB pdfファイル] 

 

 ◆概ね1000年に1回超の大雨で河川が氾濫した場合のマップは次の2つです。

 P7-P8は、市内の河川が1000年に1回超の大雨で氾濫した場合、P9は、P7-P8の想定の場合に、どの程度水に浸かったままになるのかについて表したマップです。

 P7-P8(想定最大規模降雨:加古川、法華山谷川、天川、西浜川) [661KB pdfファイル] 

   P9-P10(浸水継続時間マップ、内水氾濫と外水氾濫) [681KB pdfファイル] 

 

 ◆平成23年台風第12号による浸水実績とその後の対策による変化については、次のページに掲載しています。

  P11-P12(平成23年台風第12号による浸水実績等) [494KB pdfファイル] 

  

 ◆ため池が氾濫した場合の浸水想定マップは次のとおりです。

 P13-P14(ため池浸水想定マップ) [651KB pdfファイル] 

 

 ◆令和元年度から導入された「警戒レベル」を用いた災害情報の発信について、令和3年に改正される内容を反映したものを、次のページに掲載しています。

 P15-P16(警戒レベルと情報の流れ) [1960KB pdfファイル] 

 

 ◆兵庫県が令和2年8月に公表した高潮浸水想定区域図をもとにしたマップは次のとおりです。

 P17-P18(高潮浸水想定マップ) [594KB pdfファイル] 

 

 ◆上記の浸水想定マップにも記載している、「土砂災害警戒区域」をはじめとした土砂災害に関する部分のみを抜粋して作成したマップは次のとおりです。

 P19-P20(土砂災害危険度マップ) [675KB pdfファイル] 

 

 地震編

 

 ◆山崎断層帯による震度想定マップ、南海トラフ地震による震度想定は次の2つです。

 P21-P22(山崎断層帯による震度想定マップ) [575KB pdfファイル] 

 P23-P24(南海トラフ地震による震度想定マップ) [557KB pdfファイル] 

 

 ◆山崎断層帯、南海トラフ地震、それぞれの地震が起きた場合、市内の液状化危険度を表したマップは次のとおりです。

 P25-P26(液状化危険度マップ) [493KB pdfファイル] 

  

 ◆南海トラフ地震が発生した場合、津波による浸水想定マップは次のとおりです。

 P27-P28(津波浸水想定マップ) [615KB pdfファイル] 

 

 ◆地震に関する情報を次のページに掲載しています。

 P29-P30(地震に関する情報、住まいの耐震化) [592KB pdfファイル] 

 P31-P32(地震が起きたときの対応) [437KB pdfファイル] 

 P33(津波に関する情報) [1637KB pdfファイル] 

 

情報編 

 

 ◆事前の備えや情報入手方法などについては次のページに掲載しています。

 P34(自助・共助について) [1549KB pdfファイル] 

   P35-P36(災害時の情報について、非常時の備えや避難について) [554KB pdfファイル] 

 

 ◆災害時の避難先となる指定緊急避難場所(屋内)や指定緊急避難場所(屋外)については次のとおりです。

  ※ただし、実際に避難を行う際は、開設されているかどうかを「防災ネットたかさご」等で確認してください。

 P37-P38(指定緊急避難場所、指定避難所一覧) [3057KB pdfファイル] 

 

 ◆ハザードマップは災害時の想定を表していますが、ぜひ「マイ避難カード」の作成の際に活用してください。

 避難のタイミングを決める「避難スイッチ」や「マイ避難カード」記入の過程を表した「ぼっくりんハザードマップ活用センター」のやりとりについては次のページに掲載しています。

 P39-P40(避難スイッチ、ぼっくりんハザードマップ活用センター1) [458KB pdfファイル] 

 P41-P42(ぼっくりんハザードマップ活用センター2、3) [555KB pdfファイル] 

 

 ◆マイ避難カードの記入様式は次のとおりです。

 裏表紙(マイ避難カード記入様式) [329KB pdfファイル] 

 

 

不動産事業者の方へ

 国土交通省より、不動産取引時において、水害ハザードマップにおける対象物件の所在地を事前に説明することとする宅地建築物取引業法施行規則の一部を改正する命令が令和2年8月28日に施行されました。

 地図を拡大して、建物1つ1つまで視認できる高砂市WEB版ハザードマップで確認をお願いします。

 また、下記リンク先の「不動産事業者の方へ」欄に、水防法に基づくマップかどうかも記載していますので、そちらも併せてご確認ください。

 高砂市WEB版ハザードマップのページへ

  

リンク集(防災情報)

防災ネットたかさご