一般社団法人 全日本冠婚葬祭互助協会と災害時における支援協力に関する協定を締結しました。(平成30年5月14日)

 災害が発生した場合、亡くなった方の遺体の処理、また埋葬を個人の尊厳を重んじながら丁寧かつ迅速に行うことは重要な課題となっています。

 本協定は、地震、風水害その他災害の発生により、本市に災害対策本部が設置される災害時に多数の死者及び被災者が一時的または集中的に発生する場合において、迅速かつ円滑な応急対策を行うために締結するものであり、協定の締結により全国215社から葬祭用品等の提供を受けることが可能となります。

災害時における支援協力に関する協定」締結式

 全日本冠婚葬祭互助協会との協定