動画で学ぶ防災

 近年、災害による被害が頻発し、自治体などによる河川整備などのハード対策だけでは、災害を防ぐことが困難になってきています。避難行動をはじめとした、私たち一人ひとりの意識や行動が、災害発生による被害を軽減する鍵とも言えます。

 防災について、意識を高めるためには、様々な方法がありますが、「動画を視聴することで防災についての意識や知識を高める」ことを目的として、以下に様々な動画を紹介いたします。各種機関がそれぞれ特色ある動画を公開していますので、ぜひご視聴ください。

 

南海トラフ巨大地震、首都直下地震の被害と対策に係る映像資料について(内閣府)

下記のリンクから動画を選択するページに飛びます。日本語版と英語版があります。

南海トラフ巨大地震と首都直下地震の2つの種類の動画が視聴できます。

南海トラフ巨大地震の発生のメカニズムや被害の特徴、被害想定などを説明してくれます。

動画は分割して視聴することができますが、対策編を視聴しなければ、ただただ怖いだけとなってしまうので、必ず対策編も視聴してください。

 

首都直下地震編は、阪神淡路大震災を引き合いに出して説明している部分もあり、山崎断層地震発生時に参考になるところもあります。 

 

また、近々、南海トラフ巨大地震に関する臨時情報についての動画が追加される予定です。

南海トラフ巨大地震、首都直下地震の被害と対策に係る映像資料のページへ

 

 

くまモン特別講座!くまでもわかる!?「地震への備え」(TEAM防災ジャパン)

下記のリンクから動画の視聴ができます。 

ゆるキャラが登場する動画で、上記の「南海トラフ巨大地震」映像資料より、気軽に視聴できます。

地震への対策(個人でできる備え)も動画で説明されています。

くまモン特別講座!くまでもわかる!?「地震への備え」のページへ

 

「大雨のときにどう逃げる」(気象庁)

下記のリンクから、気象庁のe-ラーニングのページに飛びます。

「大雨のときにどう逃げる」をテーマに、避難を行うポイントや、自宅のリスクの確認、避難のタイミングについて考える内容になっています。

ぜひ、ステップ1からステップ5まで視聴してください。

「大雨のときにどう逃げる」のページへ

 

「急な大雨・雷・竜巻から身を守ろう」(気象庁)

下記のリンクから、動画の視聴ができます。

台風など、あらかじめ来襲が予想される大雨と違い、ゲリラ豪雨などと呼ばれるような、急な大雨も存在します。

そのような、急な大雨の際、日常生活において、どのようなことに注意をすればよいのかについて学べます。

対象は小学生からとなっています(主人公も小学生)。

被害編と解説編の2つの動画がありますが、解説編は必ず視聴してください。昔から言われている対策や知識が本当なのかどうかについても説明してくれます。ぜひ、親子でもご視聴ください。

「急な大雨・雷・竜巻から身を守ろう」のページへ