表紙

 201711日 日の出(高砂海浜公園)

 

 平成29年1月1日、高砂海浜公園での日の出です。

 高砂海浜公園は朝日も夕日も綺麗な場所で有名です。朝6時30分ごろ公園につき、撮影準備開始。橋の上に昇る太陽と、海面に反射する日の光、その二つが織りなす自然の美しさがつまった空間を発見(o^ー')b

日の出が昇る瞬間が迫ってくると、初日の出を拝む多くの人が橋に並びはじめました。この時、引き潮で海面に綺麗な道ができ、素晴らしい景色に♪

高砂の美しい日の出と、それを見る人たちを撮影した1枚です。

(朝日が人に重ならないよう、少しずつ移動しながら撮りました(*^▽^*))

 

 

人口と世帯(12月1日現在、外国籍人口含む) 

人口/92,074(ひく46)

世帯/39,392(ひく3)

人口の内訳 男/44,996(ひく27) 女/47,078(ひく19)

 

目次

新年を迎えて・・・2

税などの申告に関するお知らせ・・・3

子育て支援室からのお知らせ・・・4から5

じんけん通信「あけぼの」・・・6から7

高砂市の給与・定員など・・・8から10

11・12月のスナップ・・・22から23

 

 

新年を迎えて              高砂市長 登 幸人

 明けましておめでとうございます
市民の皆さまには健やかで穏やかな新年をお迎えのこととお喜び申し上げます

 

「生活文化都市 高砂」をめざして

 今年は、新庁舎や中学校給食センター、梅井こども園の建設、荒井幼稚園のエアコン設置、防犯ブザーの配布、旧工楽邸の開館と日本遺産の認定などを予定しています。

 また、将来の大規模事業として、山電連続立体交差、播磨臨海地域道路の建設に向けて取り組みます。

 10カ年計画の浸水対策事業は、5年間の検証と見直しを行いました。床上浸水は解消され、今後5年間で残る床下浸水の解消に向けて取り組みます。

 また、西友・サンモール跡地利用は、いまだ事業者から構想や時期が示されていません。早期の進展に向けて協議を続けます。

 

 今年も、市民・団体・企業などとの協働を基盤とし、高砂市の教育力、福祉力、安全力、活力、文化力を高め、市民満足度の高いまちづくりを行ってまいります。

 

 今年のキーワードは「」としました。

 めざす方向や物事の核心を明らかにし、行政課題に誠意を持って的確に対応します。

 市民の皆さまの今年一年が、ご健勝でご多幸でありますことを心からお祈り申し上げますとともに、今後の市政運営にさらなるご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

< 目次へもどる>

 

 

  税などの申告に関するお知らせ    加古川税務署 電話421-2951

 確定申告書の作成会場

とき 2月16日(金曜)から3月15日(木曜) 9時から16時

※土曜日・日曜日を除く

※2月18日(日曜)・25日(日曜)は開設

※混雑状況により早めに受け付けを終了する場合があります。

 

ところ ニッケパークタウン本館センタープラザ

 (加古川市加古川町寺家町173-1)

※開設期間中は、加古川税務署に確定申告会場は設けていません。

 

 

医療費控除の領収書提出が不要に

 平成29年分の確定申告から、「医療費控除の明細書」を添付するだけで医療費控除が受けられます。

※医療費の領収書は、自宅で5年間保存する必要があります。税務署の求めで、提示または提出する必要があります。

 

申告と納税の期限

◇所得税および復興特別所得税、贈与税 から3月15日(木曜)

◇消費税および地方消費税(個人事業主) から4月2日(月曜)

 

確定申告書などの作成は国税庁ホームページで

自動計算による誤りのない確定申告書などを、自宅でいつでも作成できます。

保存データを利用すれば、翌年以降も簡単・迅速に作成できます。

 

市・県民税、国民健康保険料などの申告相談  市民税課 電話443-9015

受付 9時から11時、13時から16時

※各会場での受け付けは、混雑状況により早めに終了する場合があります。

※自動車での来場はご遠慮ください。

 

阿弥陀公民館 2月16日(金曜)

シルバー人材センター 2月19日(月曜)・20日(火曜)

総合体育館 2月21日(水曜)・22日(木曜)

北浜公民館 2月23日(金曜)

文化会館 2月26日(月曜)

市役所南庁舎 2月27日(火曜)から3月15日(木曜) 

※土曜日・日曜日を除く

 

 

市税の電子申告eLTAX(エルタックス)
市民税課 電話443-9015
資産税課 電話443-9016

 地方税に関する書類作成や提出などの手続きをインターネットで行うことができます。市税の電子申告なども受け付けています。

※手続き、操作方法に関するお問い合わせは、eLTAXヘルプデスク(電話0570-081459)まで

 

eLTAXで利用できる申告手続きなど

法人市民税

予定申告・中間申告 確定申告 修正申告

申請・届出 法人設立・設置 届出書 異動届

 

個人住民税

給与支払報告 給与所得者異動届出 普通徴収から特別徴収への切替申請

申請・届出 特別徴収義務者の所在地・名称変更届出書

 

固定資産税(償却資産)

全資産申告 増加資産・減少資産申告 修正申告

 

平成30年度償却資産(固定資産税)の申告  資産税課 電話443-9016

 平成30年1月1日現在、市内に償却資産(土地、家屋以外の事業用資産)を所有している法人事業者、個人事業者の皆さんには、所有する償却資産の申告書を提出していただくことになっています。

 申告期限は1月31日(水曜)です。期限間近は大変混雑しますので、1月19日(金曜)までの申告にご協力をお願いします。

※償却資産を所有している法人・個人事業者で、申告書類が届いていない場合は資産税課までご連絡ください。

 

 

< 目次へもどる>

 

 

  のびのびすこやか~子育て支援室からのお知らせ ~

伊保こども園(仮称)の工事がはじまりました
幼児保育課 電話443-9025

 平成31年4月から梅井保育園と伊保幼稚園を統合して、幼保連携型認定こども園「伊保こども園(仮称)」を開園します。

 そのため、平成31年3月まで梅井保育園で整備工事を行います。

 ご理解とご協力をお願いします。

 

認定こども園は就学前の教育・保育ニーズに対応する新しい選択肢です

 幼稚園と保育園の良いところを生かし、子どもたちの「教育」「保育」「子育て」を総合的にサポートできるように「認定こども園」は生まれました。

 

  

子育て支援センターの催し
子育て支援センター 電話442-2242

申込方法 電話で子育て支援センターまで

 

つどいの広場 1月の親子遊び

とき 月曜日・火曜日・木曜日 10時から11時30分

ところ 子育て支援センター

対象 就園前の子どもと保護者

定員 各15組

◇月曜日

15日 集まれ!1歳児

29日 ペープサートを楽しもう

◇火曜日

9日 お正月遊びを楽しもう

23日 プチプチで遊ぼう

30日 赤ちゃんわらべうた

◇木曜日

11日 子育てホットタイム

25日 2歳からの集い

 

赤ちゃんの日(赤ちゃん専用オープンルーム)

とき 1月10日(水曜) 9時30分から16時30分

ところ ユーアイ帆っとセンター

対象 0から1歳3カ月の子どもと保護者

※時間内は自由に遊べます。

※10時30分と14時に、30分程度の親子遊びを行います。

 

ベビーマッサージ

とき 1月16日(火曜) 10時から11時30分

ところ ユーアイ帆っとセンター

対象 生後3から12カ月の子どもと保護者

定員 10組

※初めての人

持ち物 バスタオル、お茶など

受付日 1月9日(火曜)

 

レッツゴー♪つどい

とき 1月18日(木曜) 10時から11時30分

ところ 中筋公民館

内容 お話大好き

対象 就園前の子どもと保護者

定員 15組

持ち物 お茶、汗拭きタオル

受付期間 1月9日(火曜)から11日(木曜)

 

1月生まれの誕生会

とき 1月24日(水曜) 10時から11時

ところ ユーアイ帆っとセンター

対象 1月生まれの就園前の子どもと保護者

定員 15組

持ち物 お茶

受付日 1月17日(水曜)・18日(木曜)

 

第5回サークル交流会【にこにこポイント対象事業】

とき 1月31日(水曜) 10時から11時30分

ところ 文化保健センター

内容 節分の行事で遊ぼう

対象 子育てサークルの親子、子育てサークルに関心のある親子

持ち物 お茶

 

ママボランティア講座

子育てがひと段落した先輩ママや子育てサークルOBのママの皆さん、子育て経験を活かし、子育てボランティア活動をしてみませんか?

ところ 北部子育て支援センター ※実践はユーアイ帆っとセンター

定員 10人(託児有)

受付期間 1月9日(火曜)から19日(金曜)

 

1月22日(月曜)

内容 ボランティアとは

1月23日(火曜)

内容 子どもの救急時の対応

1月25日(木曜)

内容 子どもとの関わり

1月29日(月曜)

内容 実践 つどいの広場

1月30日(火曜)

内容 実践 つどいの広場

※いずれも10時から11時30分

 

ちびっこフェスティバル&高砂バザール【にこにこポイント対象事業】

とき 2月8日(木曜) 9時30分から11時45分

ところ 生石研修センター

内容

◇親子で楽しむミュージカル

◇ポイントを集め、素敵なおもちゃと交換

対象 就園前の子どもと保護者

定員 100組

持ち物 おもちゃ1点、上靴・下靴入れ、お茶

受付期間 2月1日(木曜)から6日(火曜)

 

 北部子育て支援センターの催し
北部子育て支援センター 電話433-8866

申込方法 電話で北部子育て支援センターまで

 

つどいの広場 1月の親子遊び

とき 水曜日・金曜日 10時から11時30分

ところ 北部子育て支援センター

対象 就園前の子どもと保護者

定員 各15組

◇水曜日

10日 2歳からの集い

17日 子育てホットタイム

24日 集まれ!1歳児

◇金曜日

12日 リズムで遊ぼう

19日 赤ちゃんわらべうた

26日 食べるの大好き

 

1月のおはなしルーム

◇読み聞かせ 11日(木曜) 10時から11時

◇おはなし会 29日(月曜) 10時から11時

※ いずれも定員15組

 

わくわくパーク

とき 1月15日(月曜) 10時から11時30分

ところ 北部子育て支援センター

内容 作って遊ぼう

対象 就園前の子どもと保護者

定員 15組

持ち物 お茶など

受付日 1月9日(火曜)・10日(水曜)

 

< 目次へもどる>

 

 

  育てよう人権文化 あけぼの第166号

 第21回人権フェスティバル~共に生きるまちづくり~

 人権週間を記念して12月2日(土曜)、第21回人権フェスティバルが文化会館じょうとんばホールで開催されました。

 高砂市人権啓発ポスター・標語入賞者の表彰に続き、竜山中学校3年  木澤ひかる(きざわひかる)さんが人権作文を朗読しました。

 人権講演会では花*花から、「何時も心に花を。全ての人々に歌の花束を」のハートフル・メッセージが発信されました。

  

平成29年度 高砂市人権啓発ポスター・標語入賞者

【優秀賞】

<ポスターの部>

高砂小学校6年 菱田 ささら(ひしだささら)

宝殿中学校3年 中村 美幸(なかむらみゆき)

 

<標語の部>

伊保小学校4年 中宮 舞(なかみやまい)「その言葉 送信しても いいのかな」

荒井中学校3年 塩田 大空(しおたそら) 「いじめの芽 水やる?引き抜く? どっちかな」

 

【優良賞】

<ポスターの部>

 米田西小学校4年 梅谷 徳(うめたにのり)

 伊保小学校5年 田中 千裕(たなかちひろ)

 伊保小学校6年 水田 望月(みずたみつき)

 荒井中学校1年 栗山 美綾(くりやまみや)

 宝殿中学校2年 山田 珠緒(やまだたまお)

 松陽中学校3年 早川 葵(はやかわあおい)

 

<標語の部>

荒井小学校4年  森本 一輝(もりもといっき)

北浜小学校5年  髙本 遥(たかもとはるか)

曽根小学校6年  前川 研児(まえかわけんじ)

宝殿中学校1年  本田 眞子(ほんだまこ)

高砂中学校2年  山下 葵良莉(やましたきらり)

松陽中学校3年  紙谷 真衣(かみもとまい)

 

 

伴走歩から学ぶ~共に生きる社会をめざして~    高砂高等学校

 本校では「視覚障がいと伴走歩」というテーマで、ひょうご伴走歩協会の藤井康代さんを招いて講演会を実施しました。

 視力や視野などの視機能が十分でないために、全く見えなかったり、見えにくかったりすることで生活に支障がある。そのような状況の中でも、障がいに屈せず走り続けるランナーたちのスポーツが「ブラインドマラソン」です。

 視覚に障がいがあるので、一人で走ることは困難です。ランナーとともに走る伴走者の藤井さん。ランナーと伴走者がお互いを理解し合い、ゴールに向かって走る姿を見て、生徒たちは何を感じたのでしょうか。

 

生徒の感想

◇自分たちで「視覚障がい者=○○」って決めつけてしまっているところがあるけれど、今日の講演会で、そうではない、「障がいは社会がつくる」ということを知れて良かったです。

◇視覚障がい者のほとんどが全盲ではないということが分かりました。僕はまだ街で視覚障がい者の人を見たことがないのですが、困っている時は声をかけて手助けしたいと思います。

◇「目が見えないから」「白杖を持っているから」「視覚障がい者」というだけで決めつけることはやっぱりおかしいことで、人と一つ何か違うだけで差別することは本当に駄目だと思いました。私は今までよりもっと差別や偏見をすることなく、いたいと思いました。

 

 今後も、生徒たちの豊かな心の育ちに努めていきたいと思います。

  

助けられる人から助ける人へ~人権・防災教育~   荒井中学校

 本校では、計画的な防災学習を行っています。

 1年生は「土嚢づくり・ロープワーク」、2年生は「応急手当・応急搬送」、3年生は「避難所開設訓練(図上訓練)」を実施しています。3年間を通した活動で、防災意識を高め、地域の一員としての役割を認識することをめざしています。

 また、命の大切さを学ぶ機会とし、「助けられる人から助ける人へ」を目標に、活動に取り組んでいます。

 本年度も、3年生は避難所開設訓練を行いました。

体育館の収容人数を把握し、校舎や各教室の使用方法を考えました。高齢者や体の不自由な人が使いやすい部屋はどこか、外国人が安心して過ごすために必要なものは何か、赤ちゃんや妊婦のための部屋はどこが一番いいか、などさまざまな人の立場で話し合いを進め、考えを深めました。

 最後に、グループごとに発表し、お互いの意見交流を行いました。生徒たちは、「怪我をした人や病気の人など、いろいろな状態の人がいるので、その人にあった部屋割りを考えました」「素早く、たくさんのことを決めなければいけないことを学びました」「自分たちは助ける側なのだと思いました」と感想を述べました。

 このように、実際に災害が起きて、本校が避難所になったときに、中学生が中心となって避難所開設を進め、地域に貢献できるような取り組みをめざしています。

 これからも、防災学習を通じて学んだ命の大切さを忘れず、人と人とのつながりを大切にする学習に継続的に取り組んでいきます。

 

生徒の発表内容 3-3 6班

Q:受付の場所はどこにする?

A:指揮台。理由は、グランドに人を集められるから。職員室にも近い。

Q:避難者に開放してはいけない場所は?

A:理科準備室など。理由は、薬品を置いていて危ないものが多いため。

Q:設置場所は?

A:炊き出しは調理室、トイレはテニスコート、授乳室は和室、掲示板は体育倉庫前、救護所は保健室、犬・インコは第1・第2音楽室

 

 

つかまえよう飼ってみよう~小さな命とのふれあい~   伊保南小学校

 季節の移り変わりが例年より早く感じられた今年の秋、2年生が生き物たんけんに出かけました。小さな広場でしたが、たくさんのバッタを見つけて帰ってきました。早速、生き物が育つ場所や世話の仕方を考えます。

 

「バッタは草が好きだから、草をいっぱい入れました。土がないと、つかまえた場所と同じにならないから、土もいっぱい入れました。」

 本で飼い方を調べたり、生き物が住んでいた環境に近づくように工夫したりして、精いっぱい知恵を絞ります。家の近くでつかまえた生き物も持ち寄り、教室はだんだんにぎやかになってきました。

 何日か続けて世話をしていると……。

 

「飼うのは難しいんだなと思いました。水などを換えるのが難しかったです。」

 毎日、餌を食べて排せつする生き物を飼うには、快適な環境を整え続けることが大切であると気付きます。

「バッタが飲む水がなかった。バッタが死んで家族一人減ったからさみしいです。」など、悲しいお別れにも直面します。命のある生き物は大切にしなければ病気になってしまったり、いなくなってしまったりします。子どもたちは、死んでしまうと会えなくなることにも気付いていきます。

「生き物は、大切に自分だと思ってちゃんと世話をするよ。」

「生き物を育てるのは赤ちゃんを育てるみたいです。」

「生き物を大切にしたいと思いました。」

 

 最後に、生き物を育ててみてわかったことや気付いたことを、1年生を招いて伝えました。1年生が興味をもって喜んで聞いてくれたことをとてもうれしく感じ、自信につながりました。

 自然の中で生き物を探し、つかまえた生き物と一緒に生活をし、世話をしながら繰り返し関わる活動を通して、子どもたちは生き物への慈しみの気持ちを感じ、命を大切にする心を育んでいます。

 

< 目次へもどる>

 

 

 

    高砂市の給与・定員などを公表します    人事課 電話443-9005

1 職員の給与

◆ 人件費(平成28年度普通会計決算)

住民基本台帳人口 92,770人

歳出額(A) 33,481,507千円

実質収支 372,401千円

人件費(B) 6,117,353千円

人件費率(B/A) 18.3パーセント

平成27年度の人件費率 18.0パーセント

※人件費には、特別職(市長・副市長・市議会議員など)に支給される給料、報酬などを含む

※住民基本台帳人口は、平成29年1月1日現在

 

◆職員給与費(平成28年度)

一般会計

職員数(A) 627人

給与費 給料 2,514,969千円

給与費 職員手当 587,716千円

給与費 期末勤勉手当 996,165千円

給与費 合計(B) 4,098,850千円

1人当たりの給与費(B/A) 6,537千円

 

特別会計

職員数(A) 36人

給与費 給料 146,667千円

給与費 職員手当 32,978千円

給与費 期末勤勉手当 57,589千円

給与費 合計(B) 237,234千円

1人当たりの給与費(B/A) 6,590千円

 

水道・工業用水道・下水道事業会計

職員数(A) 59人

給与費 給料 265,802千円

給与費 職員手当 44,885千円

給与費 期末勤勉手当 105,635千円

給与費 合計(B) 416,322千円

1人当たりの給与費(B/A) 7,056千円

 

病院事業会計

職員数(A) 291人

給与費 給料 1,151,028千円

給与費 職員手当 576,750千円

給与費 期末勤勉手当 459,496千円

給与費 合計(B) 2,187,274千円

1人当たりの給与費(B/A) 7,516千円

 

※職員数は、平成28年4月1日現在で、特別職(市長・副市長・市議会議員など)を除く

※給与費は、平成28年度決算の額

※職員手当は、児童手当、退職手当を除く

※特別会計とは、国民健康保険・後期高齢者医療・介護保険・広域ごみ処理の各事業を合わせた会計

 

 

2 職員の平均給与月額、初任給などの状況(平成29年4月1日現在)

◆職員の平均給料月額と平均年齢

◇一般行政職

高砂市

平均年齢 43.2歳

平均給料月額 324,023円

平均給与月額※1 403,593円

平均給与月額(国ベース)※2 371,642円

 

平均年齢 43.6歳

平均給料月額 330,531円

平均給与月額※1 ―

平均給与月額(国ベース)※2 410,719円

 

※ 般行政職とは、税務職、看護・保健職、福祉職、消防職、企業職、教育職、医療職、技能労務職以外のもの

 

◇技能労務職

高砂市

平均年齢 55.3歳

平均給料月額 348,632円

平均給与月額※1 387,363円

平均給与月額(国ベース)※2 375,365円

 

平均年齢 50.6歳

平均給料月額 286,833円

平均給与月額※1 ―

平均給与月額(国ベース)※2 328,360円

 

※平均年齢・平均給料は、企業会計職員(病院・水道・工業用水道・下水道事業職員)を除く

※1 平均給与月額とは、給料月額と毎月支払われる諸手当の額を合計した給与月額の平均を表す

※2 平均給与月額(国ベース)とは、毎月の諸手当のうち、時間外勤務手当、特殊勤務手当、通勤手当などを除いた手当額と給料月額を合計した給与月額の平均を表す

 

◆職員の初任給

一般行政職 大学卒

高砂市 186,600円

国 178,200円

 

一般行政職 高校卒

高砂市 151,900円

国 146,100円

 

技能労務職 高校卒

高砂市 151,900円

国 143,500円

 

◆職員の経験年数別、学歴別平均給料月額

一般行政職 大学卒

経験年数10年 253,308円 34歳0月

経験年数15年 318,800円 38歳8月

経験年数20年 362,223円 43歳2月

 

一般行政職 高校卒

経験年数10年 該当職員なし

経験年数15年 該当職員なし

経験年数20年 該当職員なし

 

技能労務職 高校卒

経験年数10年 該当職員なし

経験年数15年 該当職員なし

経験年数20年 該当職員なし

 

技能労務職 中学卒

経験年数10年 該当職員なし

経験年数15年 該当職員なし

経験年数20年 該当職員なし

 

 

3 一般行政職の級別職員数など(平成29年4月1日現在) 

職員数

8級(7級)※1

部長 室長 局長

12人

 

7級 (6級)

室長 次長 局長

27人

 

6級 (5級)

課長 主幹 副課長

59人

 

5級 (4級)係長

72人

 

4級 主任

67人

 

3級 事務・技術吏員

57人

 

2級 事務・技術吏員

28人

 

1級 事務員 技術員

28人

 

合計 350人

※1 カッコ内は平成27年度以前の区分

 

構成比

8級(7級)

部長 室長 局長

3.4パーセント(2.6パーセント、3.4パーセント)※1

 

7級 (6級)

室長 次長 局長

7.7パーセント( 6.6パーセント、6.0パーセント)

 

6級 (5級)

課長 主幹 副課長

16.9パーセント (17.1パーセント、17.9パーセント)

 

5級 (4級)係長

20.6パーセント(19.9パーセント、55.4パーセント)

 

4級 主任

19.1パーセント (23.4パーセント、55.4パーセント)

 

3級 事務・技術吏員

16.3パーセント(15.3パーセント、 8.3パーセント)

 

2級 事務・技術吏員

8.0パーセント (9.0パーセント、5.4パーセント)

 

1級 事務員 技術員

8.0パーセント(6.1パーセント、3.6パーセント)

 

合計 100パーセント

※1 カッコ内は1年前と5年前の構成比

 

※市の給与条例に基づく給料表の級区分による職員数

※標準的な職務内容は、それぞれの級に該当する代表的な職務

※一般行政職とは、税務職、看護・保健職、福祉職、消防職、企業職、教育職、医療職、技能労務職以外のもの

 

 

4 職員の手当(平成29年4月1日現在)

◆平成28年度の期末・勤勉手当

高砂市

(支給割合) 期末手当  勤勉手当

6月期   1.225月分  0.80月分

12月期  1.375月分  0.90月分

計    2.60月分   1.70月分

1人当たりの平均支給額(期末・勤勉手当) 1,559千円

加算措置の状況 職制上の段階、職務の級等による加算措置あり

 

同上

 

◆平成28年度の退職手当

高砂市

(支給率) 自己都合 勧奨・定年

勤続20年 20.445月分 25.55625月分

勤続25年 29.145月分 34.5825月分

勤続35年 41.325月分 49.59月分

最高限度額 49.59 月分 49.59月分

1人当たりの平均支給額(定年等退職手当) 21,437千円

その他加算措置 定年前早期退職特例措置 2から30パーセント加算

 

国 

同上

 

◆平成28年度の地域手当

支給率 5.0パーセント

支給対象職員数 662人

支給実績(普通会計・特別会計) 143,741千円

支給職員1人当たり平均支給年額 217,131円

※上記の職員数は、企業会計職員(病院・水道・工業用水道・下水道事業職員)を除く

 

※地域手当と期末・勤勉手当の計算方法

(1)毎月の給与では

地域手当イコール(給料たす扶養手当たす管理職手当)かける支給率

(2)期末手当の基礎額

イコール給料たす扶養手当たす地域手当(※1)たす役職加算額(※3)

勤勉手当の基礎額

イコール給料たす地域手当(※2)たす役職加算額(※3)

※1(給料たす扶養手当)かける支給率

※2(給料)かける支給率

※3(給料たす(給料かける支給率))かける役職加算率(0から15パーセント)

 

◆平成28年度の特殊勤務手当

支給実績(普通会計・特別会計) 12,351千円

支給対象職員1人当たり平均支給年額 85,771円

職員全体に占める手当支給職員の割合 21.8パーセント

手当の種類(手当数) 20

代表的な手当 支出額の多い手当 清掃業務手当、年末年始手当、交替勤務手当

代表的な手当 多くの職員に支給されている手当 清掃業務手当、年末年始手当、交替勤務手当

 

◆平成28年度の時間外勤務手当(普通会計・特別会計)

平成28年度

支給総額 188,037千円

職員1人当たり支給年額 350千円

 

平成27年度

支給総額 187,512千円

職員1人当たり支給年額 329千円

 

◆平成28年度のその他の手当

扶養手当(月額)

配偶者 13,000円

配偶者以外の扶養親族 6,500円

配偶者がない場合の

扶養親族のうち1人 11,000円

扶養親族のうち満16歳の年度初めから満22歳の年度末までの子がいる場合 1人につき5,000円加算

 

支給実績 普通会計・特別会計 73,072千円

 

住居手当(月額)

借家に居住している者(家賃に応じて支給)

最高支給限度額 27,000円

支給実績普通会計・特別会計 19,550千円

 

通勤手当(月額)

交通機関など利用者

運賃相当額(6カ月定期券などの価額を支給)

最高支給限度額 55,000円

自動車など利用者通勤距離

2キロメートル以上から  2,000円から

60キロメートル以上 最高限度額 31,600円

支給実績普通会計・特別会計 36,837千円

 

管理職手当(月額)

部長級 101,000円

参事(部長級) 78,000円

室長級 73,000円

課長級 56,000円

副課長級 38,000円

※55歳超の職員の手当額は上記金額の1.5パーセントを減じて支給

支給実績普通会計・特別会計 99,290千円

 

 

5 特別職の報酬など(平成29年4月1日現在)

給料 

市長

給料月額等 1,012,000円

 

副市長

給料月額等 832,000円

 

報酬 

議長

給料月額等 629,000円

 

副議長

給料月額等 575,000円

 

議員

給料月額等 522,000円

 

期末手当

市長 副市長

給料月額等 (平成28年度支給割合)

6月期 2.0月分 12月期 2.25月分

合計 4.25月分

 

議長 副議長 議員

給料月額等 (平成28年度支給割合)

6月期 2.0月分 12月期 2.25月分

合計 4.25月分

 

退職手当 

市長

給料月額等 1,012,000円かける48月かける0.40イコール19,430,400円

 

副市長

給料月額等  832,000円かける48月かける0.24イコール9,584,640円

※算定方式 退職時給料かける在職月数かける支給率

※任期ごとに支給

※退職手当は、1期(4年イコール48月)勤めた場合において、4月1日現在の給料月額と支給率に基づく退職手当の見込額

 

 

6 職員数

◆部門別職員数の状況と主な増減理由(各年4月1日現在 単位は人)

一般行政 

議会

職員数 平成28年 9

職員数 平成29年 9

対前年増減数 0

 

総務

職員数 平成28年 115

職員数 平成29年 125

対前年増減数 10

主な増減理由 企画総務部門業務の増など

 

税務

職員数 平成28年 40

職員数 平成29年 35

対前年増減数 ひく5

主な増減理由 市民税業務の見直しなど

 

民生

職員数 平成28年 144

職員数 平成29年 148

対前年増減数 4

主な増減理由 こども園業務の増など

 

衛生

職員数 平成28年 81

職員数 平成29年 79

対前年増減数 ひく2

主な増減理由 ごみ処理業務の見直しなど

 

労働

職員数 平成28年 1

職員数 平成29年 1

対前年増減数 0

 

農林水産

職員数 平成28年 15

職員数 平成29年 14

対前年増減数 ひく1

主な増減理由 地籍調査業務の見直し

 

商工

職員数 平成28年 2

職員数 平成29年 2

対前年増減数 0

 

土木

職員数 平成28年 66

職員数 平成29年 70

対前年増減数 4

主な増減理由 道路橋りょう業務の増など

 

小計

職員数 平成28年 473

職員数 平成29年 483

対前年増減数 10

 

特別行政 

教育

職員数 平成28年 67

職員数 平成29年 67

対前年増減数 0

 

消防

職員数 平成28年 93

職員数 平成29年 95

対前年増減数 2

主な増減理由 消防部門業務の増など

 

小計

職員数 平成28年 160

職員数 平成29年 162

対前年増減数 2

 

公営企業等 

病院

職員数 平成28年 291

職員数 平成29年 284

対前年増減数 ひく7

主な増減理由 医療・看護業務の見直し

 

水道

職員数 平成28年 25

職員数 平成29年 25

対前年増減数 0

 

下水道

職員数 平成28年 34

職員数 平成29年 33

対前年増減数 ひく1

主な増減理由 下水道業務の見直し

 

その他

職員数 平成28年 30

職員数 平成29年 31

対前年増減数 1

主な増減理由 地域包括ケア担当の配置

 

小計

職員数 平成28年 380

職員数 平成29年 373

対前年増減数 ひく7

主な増減理由 

 

合計

職員数 平成28年 1,013

職員数 平成29年 1,018

対前年増減数 5

主な増減理由 <参考>人口1,000人当たり職員数10.97人

※ 成28年職員数は、教育長を含む

 

◆年齢別職員構成(平成29年4月1日現在 単位は人)

平成29年職員数

20歳未満 5

20から23歳 37

24から27歳 91

28から31歳 97

32から35歳 73

36から39歳 83

40から43歳 105

44から47歳 124

48から51歳 125

52から55歳 121

56から59歳 126

60歳以上 31

計 1,018

 

5年前の職員数

20歳未満 2

20から23歳 43

24から27歳 68

28から31歳 70

32から35歳 88

36から39歳 124

40から43歳 131

44から47歳 137

48から51歳 108

52から55歳 163

56から59歳 149

60歳以上 2

計 1,085

※5年前の職員数は、教育長を含む

 

◆職員数の推移(平成29年4月1日現在 単位は人)

一般行政

24年 466

25年 463

26年 467

27年 459

28年 473

29年 483

過去5年間の増減数(率) 17(3.6パーセント)

 

教育

24年 98

25年 94

26年 86

27年 86

28年 67

29年 67

過去5年間の増減数(率) ひく31(ひく31.6パーセント)

 

消防

24年 95

25年 95

26年 95

27年 95

28年 93

29年 95

過去5年間の増減数(率) 0(0パーセント)

 

普通会計計

24年 659

25年 652

26年 648

27年 640

28年 633

29年 645

過去5年間の増減数(率) ひく14(ひく2.1パーセント)

 

公営企業等会計計

24年 426

25年 402

26年 404

27年 399

28年 380

29年 373

過去5年間の増減数(率) ひく53(ひく12.4パーセント)

 

総合計

24年 1,085

25年 1,054

26年 1,052

27年 1,039

28年 1,013

29年 1,018

過去5年間の増減数(率) ひく67(ひく6.2パーセント)

※24年から28年の職員数は、教育長を含む

 

 

< 目次へもどる>

 

   

 

マイタウン11・12月のスナップ

表敬訪問

▼11月22日(水曜)、高石有輔(たかいしゆうすけ)さんが青年海外協力隊として、ザンビア共和国で₂年間の家畜飼育の普及に取り組んだ活動報告に訪れました。

 

協定調印式

▼11月29日(水曜)、ファーストメディア株式会社と協定を締結しました。この協定は、災害時に市民が最寄りの避難所や気象情報など最新の情報を把握できるようにするためのものです。

 

第31回高砂マラソン

▼12月3日(日曜)、加古川河川敷マラソンコースを1,145人のランナーが駆け抜けました。各部の上位者には竜山石で作ったメダルが、グループチャレンジの上位者には地元特産品、男女別総合優勝者にはM.Labのカスタマイズシューズが贈られました。

 

たかさごルミナイト

▼12月16日(土曜)・17日(日曜)、LEDで彩られた庁舎が冬の夜空に浮かび上がり、光輝く幻想的な世界を演出しました。

 

かまどごはん体験

▼11月29日(水曜)、北浜小学校4年生が「ため池」ふるさと教育プログラムの一環として田植えや稲刈り体験をし、収穫した米を昔ながらの「かまど」で炊き上げました。炊き上がった米はおにぎりにし、全校生に振る舞いました。

 

沖浜平津線完成式典

▼12月16日(土曜)、市の南北を結ぶ主要な幹線である都市計画道路沖浜平津線が完成し、記念式典が行われました。

 

明るい安全安心まちづくり市民大会

▼11月23日(祝日)、「明るい 安全・安心なまち 高砂 をめざして」をスローガンに、高砂交通安全協会婦人部や兵庫県警察音楽隊による防犯の啓発を行いました。

 

農林漁業祭

▼11月26日(日曜)、総合運動公園で農作物の品評会や販売が行われました。同時に環境フェアとして、エコドライブ体験、緑のカーテンコンテストの写真掲示も行いました。

 

 

編集・発行 企画総務部 秘書広報広聴室 広報広聴担当

郵便番号:676-8501

住所:兵庫県高砂市荒井町千鳥1丁目11

電話442-2101(代表) FAX442-3193

http://www.city.takasago.lg.jp

 

広報たかさごは再生紙を使用しています。  

 

 

< 目次へもどる>