表紙

 1月12日(金曜) あすチャレ!スクール(松陽中学校)

▼「あすチャレ!スクール」は、東京2020パラリンピック競技大会に向けて、子どもたちがパラアスリートに直に触れ、気づきと学びの機会が持てるよう、全国の小中高等学校を対象に行うプログラムです。

 

人口と世帯(1月1日現在、外国籍人口含む) 

人口/92,020(ひく54)

世帯/39,383(ひく9)

人口の内訳 男/44,948(ひく48) 女/47,072(ひく6)

 

目次

市・県民税などの申告・・2

所得税などの確定申告・・・3

人間ドック・脳ドックの助成制度・・・4から5

子育て支援室からのお知らせ・・・6

消費生活センターだより・・・7

みのり会館だより・・・8から9

12・1月のスナップ・・・22から23

 

 

 

  市・県民税などの申告              

申告と納税は期限内に!

市・県民税、国民健康保険料・後期高齢者医療保険料の申告の相談や受け付けを、2月16日(金曜)から行います。最寄りの会場をご利用ください。

  

申告相談日程

◇阿弥陀公民館 2月16日(金曜)

◇シルバー人材センター 2月19日(月曜)・20日(火曜)

◇総合体育館 2月21日(水曜)・22日(木曜)

◇北浜公民館 2月23日(金曜)

◇文化会館 2月26日(月曜)

◇市役所南庁舎申告会場 2月27日(火曜)から3月15日(木曜)

※土曜日・日曜日を除く

受付時間 9時から11時、13時から16時

※混雑状況により、長時間お待ちいただく場合や、相談受付を早めに終了する場合があります。

※市役所での申告相談は、上記の期間中のみです。ご注意ください。

※自動車での来場はご遠慮ください。

 

市・県民税の申告が必要な人
市民税課 電話443-9015

 平成30年1月1日現在、市内に住所を有し、平成29年中に所得があった人は、市・県民税の申告が必要です。

 会社員などの給与所得のみの人や、所得税および復興特別所得税の確定申告をする人は申告の必要はありませんが、次のような人は申告が必要です。

◇勤務先から市に給与支払報告書が提出されていない

◇給与のほかに、家賃や地代、農業などの所得があり、その合計額が20万円以下

※20万円を超える場合は、所得税および復興特別所得税の確定申告が必要です。

 

 所得がなかった人でも、市・県民税課税証明書が必要な人は、申告が必要です。

 また、所得税および復興特別所得税がかからない人でも、医療費控除などの所得控除を受ける場合は、申告が必要です。

 

国民健康保険料・後期高齢者医療保険料の申告が必要な人
国保医療課 電話443-9072

 国民健康保険・後期高齢者医療保険に加入している人は、平成29年中に所得がなかった場合でも、国民健康保険料・後期高齢者医療保険料の申告が必要です。申告をしなかった場合、所得金額が少ない世帯や被保険者に適用される保険料の軽減を受けることができません。

 ただし、市・県民税の申告、所得税および復興特別所得税の確定申告をする人や、給与支払報告書・公的年金等支払報告書が市に提出されている人は、申告の必要はありません。

 

 申告は自分で書いてお早めに!

 

 

所得税および復興特別所得税の確定申告

加古川税務署 電話421-2951(代表)

 所得税および復興特別所得税、贈与税の申告と納税の期限は3月15日(木曜)、消費税(個人事業者)の申告と納税の期限は4月2日(月曜)です。

 

所得税および復興特別所得税の確定申告会場

とき 2月16日(金曜)から3月15日(木曜) 9時から16時

※土曜日・日曜日、祝日を除く。

※2月18日(日曜)、2月25日(日曜)は開催します。

ところ ニッケパークタウン本館センタープラザ(加古川市加古川町寺家町173-1)

※期間中は加古川税務署に会場はありません。

※混雑状況により、長時間お待ちいただく場合や、相談受付を早めに終了する場合があります。

 

所得税および復興特別所得税の確定申告が必要な人

 会社員などの給与所得者でも、次の人は申告が必要です。

◇給与の収入金額が2,000万円を超える人

◇給与を1カ所から受けていて、給与や退職以外の所得金額の合計額が20万円を超える人

◇給与を2カ所以上から受けていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と、給与や退職以外の所得金額との合計額が、20万円を超える人

 平成29年中の所得の合計額から所得控除(基礎控除、配偶者控除、扶養控除など)を差し引いた額に対する所得税額が、配当控除額と年末調整の住宅借入金等特別控除額の合計額を超える次の人は申告が必要です。

◇商売など、個人で事業を営んでいる人

◇家賃、地代などの不動産所得がある人

◇土地や建物を売り、譲渡所得がある人

 

所得税および復興特別所得税が戻ってくる人(還付申告)

 給与やボーナスから所得税および復興特別所得税が源泉徴収されている会社員などで次にあてはまる人は、確定申告をすれば、税金が戻ってくる場合があります。

◇平成29年の中途で退職した後に就職しておらず、年末調整を受けていない人

◇災害や盗難により住宅や家財に損害を受けた人

◇住宅ローンを利用して家屋の新築、購入、増改築をした人

※一定の要件があります。

◇10万円、または所得金額の5パーセントを超える医療費を支払った人

 平成29年分の申告から、特定一般用医薬品等の購入金額が年間12,000円を超えた場合に適用できる、医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)が創設されました。この制度は通常の医療費控除との選択適用となり、適用できる要件が異なります。詳しくは、加古川税務署までお問い合わせください。

 

申告書の作成は国税庁のホームページで!

 国税庁のホームページを利用して、自宅で確定申告書を作成できます。

◇作成した申告書は、郵送などで提出できます。

◇確定申告の期間中は、24時間利用できます。

◇自動計算機能により、計算誤りを防げます。

◇データを保存すれば、翌年の申告に利用できます。

◇タブレット端末でも作成できます。

 

申告に必要なもの

◇申告書

◇マイナンバー(個人番号)と本人確認ができる書類

◇印鑑

◇給与所得者、公的年金等の受給者は源泉徴収票(原本)

◇控除を受けるための証明書(社会保険料や医療費などの領収書、生命保険料や地震保険料の証明書など)

◇農業所得者は、収入金額や必要経費が分かる領収書や伝票など

◇所得税および復興特別所得税の還付申告をする人は、振込先の本人名義の口座番号が分かるもの

◇昨年の申告書類の控えなど

 

※国民年金の保険料と国民年金基金の掛け金の証明書は、日本年金機構または各国民年金基金が発行したものが必要です。

※平成29年分の申告から、医療費の領収書の提出の代わりに、「医療費控除の明細書」の添付が必要となりました。医療費の領収書は、5年間自宅で保存する必要があります。

※市民税・県民税(兼国民健康保険料・後期高齢者医療保険料)申告書は市民税課と各相談会場にあります。所得税および復興特別所得税の確定申告書は加古川税務署にお問い合わせください。

 

< 目次へもどる>

 

 

  ご存じですか?ドックの助成制度 

国民健康保険 平成30年度上半期分「人間ドック、脳ドック受診費用の助成」後期高齢者医療 平成30年度分「人間ドック受診費用の助成」の申し込みを受け付けします。

 

 高砂市国民健康保険・後期高齢者医療では、被保険者の健康の保持と病気の早期発見のため、ドックの検査費用の一部を助成しています。

2月1日(木曜)から受け付けを開始しますので、はがきに必要事項を記入の上、申し込みください。

※申込方法は、市ホームページでもご覧いただけます。

 

 【問い合わせ先】

国保給付係(国民健康保険に関すること) 電話443-9020

医療係(後期高齢者医療に関すること) 電話443-9021

 

 

人間ドック
 
国民健康保険

【助成内容】

1日 男女

検査費用 43,200円、国保助成額 20,000円、自己負担額 23,200円

 

1泊2日 男

検査費用 64,800円、国保助成額 30,000円、自己負担額 34,800円

 

1泊2日 女

検査費用 66,960円、国保助成額 31,000円、自己負担額 35,960円 

 

【検査機関】

◇市民病院

◇高砂西部病院

 

【検査項目】

 内科診察、血圧測定、肺活量測定、検便採尿、採血、心電図検査、胸部エックス線検査、胃透視または胃カメラ、腹部超音波検査(胆のう、肝臓、腎臓、膵臓、脾臓)、甲状腺超音波検査、眼底写真、眼圧測定、婦人科検査、糖負荷試験 など

※婦人科検査、糖負荷試験は1泊2日コースのみ

※検査項目、検査方法、オプションなど詳しくは、各検査機関にお問い合わせください。

 

【定員・受診日】

市民病院

1日コース

定員

男60人、女30人

受診日

金曜日、第2・4週の木曜(女性のみ)

 

1泊2日コース

定員

男20人、女10人

受診日

◇月曜日・火曜日、◇水曜日・木曜日

 

高砂西部病院

1日コース

定員

男15人、女15人

受診日

水曜日、木曜日、金曜日

 

【受診期間・対象・申込方法など】

受診期間 上半期(4月から9月) ※下半期は8月ごろ募集します。

対象者 次の用件を満たす人

◇4月1日現在、高砂市国民健康保険に6カ月以上継続加入している

◇受診日現在、35歳以上74歳以下の被保険者 (75歳に到達する人は、誕生日の前日までの受診可)

◇保険料完納世帯

※特定健診・集団健診・健康診査・各がん検診の受診者と受診予定者は申し込みできません。

しめ切り 2月20日(火曜)(必着)

※申込者多数の場合は、2月27日(火曜)市役所南庁舎₅階大会議室で公開抽選を行います。(国民健康保険は13時30分から、後期高齢者医療は14時から)

申込方法 はがき(1人1枚、1コース)に必要事項を記入の上、国保給付係(郵便番号676-8501 荒井町千鳥1-1-1)まで

申込結果 3月中旬に通知します。

受診日予約 申込結果に記載している日に受診してください。(受診日が決まっているので、予約は不要です。)

 

後期高齢者医療

【助成内容】

1日 男女

検査費用 43,200円、後期助成額 20,000円、自己負担額 23,200円

 

【検査機関】

◇市民病院

◇高砂西部病院

 

【検査項目】

 内科診察、血圧測定、肺活量測定、検便採尿、採血、心電図検査、胸部エックス線検査、胃透視または胃カメラ、腹部超音波検査(胆のう、肝臓、腎臓、膵臓、脾臓)、甲状腺超音波検査、眼底写真、眼圧測定、婦人科検査、糖負荷試験 など

※婦人科検査、糖負荷試験は1泊2日コースのみ

※検査項目、検査方法、オプションなど詳しくは、各検査機関にお問い合わせください。

  

【定員・受診日】

1日コース

定員 40人

受診日

◇金曜日

◇第2・4週の木曜(女性のみ)

 

高砂西部病院

 1日コース

定員 10人

受診日

水曜日、木曜日、金曜日

 

【受診期間・対象・申込方法など】

受診期間 4月から平成31年2月

対象者 次の用件を満たす人

◇市内在住の兵庫県後期高齢者医療被保険者(年度途中で75歳に到達する人は、誕生日から受診可)

◇保険料完納者

※同じ年度内に後期高齢者医療健康診査、各がん検診との重複受診はできません。

しめ切り 2月20日(火曜)(必着)

※申込者多数の場合は、2月27日(火曜)市役所南庁舎₅階大会議室で公開抽選を行います。(国民健康保険は13時30分から、後期高齢者医療は14時から)

申込方法 はがき(1人1枚)に必要事項を記入の上、医療係(郵便番号676-8501 荒井町千鳥1-1-1)まで

申込結果 3月中旬に通知します。

受診日予約 受診券が到着後、直接病院に受診日の予約をしてください。

 

【人間ドックはがき 記入例】

人間ドック(国保または後期を記入)

(1)被保険者証番号、(2)氏名(フリガナ)、(3)郵便番号、(4)住所、(5)生年月日、(6)性別、(7)電話番号、(8)希望検査機関名、(9)胃の検査方法 (胃透視または胃カメラ)、(10)希望コース (1日または1泊2日)、(11)第1・第2希望月を記入

※申し込み多数により、希望月の受診日にならない場合があります。

※(10)、(11)は国民健康保険のみ記入

 

脳ドック

※国民健康保険のみの制度です。後期高齢者医療は脳ドックの助成制度がありません。

 

【助成内容】

市民病院

検査費用 49,680円

国保助成額 23,000円

自己負担額 26,680円

 

森脇神経内科

検査費用 43,200円

国保助成額 20,000円

自己負担額 23,200円

 

【検査機関】

◇市民病院

◇森脇神経内科

 

【定員・受診日】

◇市民病院 金曜日 40人

◇森脇神経内科 月曜日、水曜日 40人

 

【検査項目】

MRI、MRA検査、頚椎レントゲン検査、頚動脈超音波検査、心電図、血液検査、尿検査、神経学的検査、診察

※頚椎レントゲン検査は市民病院のみ

 

【脳ドックはがき 記入例】

脳ドック

(1)被保険者証番号、(2)氏名(フリガナ)、(3)郵便番号、(4)住所、(5)生年月日、(6)性別、(7)電話番号、(8)希望検査機関名、(9)第1・第2希望月を記入

※申し込み多数により、希望月の受診日にならない場合があります。

 

 

< 目次へもどる>

 

 

  のびのびすこやか~子育て支援室からのお知らせ ~

児童手当2月期(10月から1月分)は、2月15日(木曜)振り込みです。子育て支援課 電話443-9024

 

子育て支援センターの催し
申込方法 電話で子育て支援センター 電話442-2242まで

 

◎つどいの広場 2月の親子遊び

とき 月曜日・火曜日・木曜日 10時から11時30分

ところ 子育て支援センター

対象 就園前の子どもと保護者

定員 各15組

 

月曜日

5日 親子で運動

19日 子育てホットタイム

火曜日

6日 集まれ!1歳児

13日 バレンタインで遊ぼ

27日 赤ちゃんわらべうた

木曜日

1日 豆まきで遊ぼう

22日 お話し大好き

 

◎赤ちゃんの日(赤ちゃん専用オープンルーム)

とき 2月14日(水曜) 9時30分から16時30分

ところ ユーアイ帆っとセンター

対象 0歳から1歳3カ月の子どもと保護者

※時間内は自由に遊べます。

※10時30分と14時に、30分程度の親子遊びを行います。

 

◎レッツゴー♪つどい

とき 2月15日(木曜) 10時から11時30分

ところ 文化保健センター

内容 運動遊び

対象 就園前の子どもと保護者

定員 15組

持ち物 お茶、汗拭きタオル

受付期間 2月5日(月曜)から7日(水曜)

 

◎2月生まれの誕生会

とき 2月21日(水曜) 10時から11時

ところ ユーアイ帆っとセンター

対象 2月生まれの就園前の子どもと保護者

定員 15組

持ち物 お茶

受付日 2月14日(水曜)・15日(木曜)

 

◎ミュージックケア

とき 2月26日(月曜) 10時から11時30分

ところ ユーアイ帆っとセンター

内容 体を動かしてリフレッシュ

対象 就園前の子どもと保護者

定員 15組

持ち物 お茶

受付日 2月19日(月曜)・20日(火曜)

 

ファミサポからのお知らせ【にこにこポイント対象事業】
申込方法 電話でファミリーサポートセンター 電話442-0555まで

 

◎子育て応援講座「乳幼児の救急処置」~第3回提供・両方会員フォローアップ講座~

とき 2月9日(金曜) 10時から11時30分

ところ ユーアイ帆っとセンター

内容 心肺蘇生法、AEDの使い方など

対象 ファミリーサポートセンター会員、子育て中の人など

定員 30人

一時保育 5人(1歳6カ月以上の子ども) ※要予約

しめ切り 2月7日(水曜)

 

◎子育てセミナー『明日から元気になる!魔法の子育て術』

とき 2月23日(金曜) 10時から11時30分

ところ ユーアイ帆っとセンター

講師 心理カウンセラー 稲松 由佳 氏

対象 ファミリーサポートセンター会員、子育て中の人など

定員 30人

一時保育 10人(6カ月以上の子ども) ※要予約

しめ切り 2月21日(水曜)

 

北部子育て支援センターの催し
申込方法 電話で北部子育て支援センター 電話433-8866まで

 

◎2月のおはなしルーム

◇読み聞かせ

15日(木曜) 10時から11時

◇おはなし会

26日(月曜) 10時から11時

※いずれも定員15組

 

◎つどいの広場 2月の親子遊び

とき 水曜日・金曜日 10時から11時30分

ところ 北部子育て支援センター

対象 就園前の子どもと保護者

定員 各15組

 

水曜日

7日 赤ちゃんわらべうた

21日 新聞紙で遊ぼう

28日 わらべうた

金曜日

2日 豆まきで遊ぼう

9日 2歳からの集い

16日 リズムで遊ぼう

23日 集まれ!1歳児

 

◎わくわくパーク

とき 2月19日(月曜) 10時から11時30分

ところ 北部子育て支援センター

内容 作って遊ぼう

対象 就園前の子どもと保護者

定員 15組

持ち物 お茶など

受付日 2月13日(火曜)・14日(水曜)

 

< 目次へもどる>

 

 

   高砂市消費生活センターだより 第33号

  編集・問い合わせ先 高砂市消費生活センター 
電話443-9078 FAX443-0009
「訪問買取」

 「古着などの不用品を何でも引き取ります。」という電話を受け、買取業者に自宅に来てもらうと、多くの場合貴金属を見せるよう言われます。見せるだけならと思い見せてしまうと、業者のペースにのまれ、売りたくない貴金属を強引に買い取られることになります。

 

1. 契約前の相談(80代男性)

 「不用なものはないか」と女性から電話が入ったので「探しておきます」と言って電話を切った。後日「どうでしたか」とまた電話があり、丁寧でとても感じのよい女性だったので、「カメラと古切手がある」と答えると、「買い取ります。男性が伺います。」と言われ、訪問日を決めた。後になって、高齢の夫婦二人暮らしなので、知らない人が訪問してくることが不安になってきた。

 

対応

 訪問買取の問題点を相談者に説明した。相談者は来訪を断ることにし、自身で、業者に断りの電話を入れた。

 

アドバイス

◇買取業者は、事前に来訪の許可を取らなければ、物品買取をすることはできません。

◇売却したくないときは、はっきり断りましょう。

◇困ったときは消費生活センターへご相談ください。

 

2. 契約した翌日の相談(70代男性)

 「不用なものはないか」と女性から電話が入った。亡くなった妻の着物などを整理しようと思い、自宅に来てもらうことにした。翌日男性が訪問してきた。妻の着物は別の部屋に置いていると伝えると、男性はその部屋まで来て勝手に引き出しを開け始めた。怖くなり妻の着物を渡したくないと思ったため、代わりに時計など数点を出して2,500円と契約書を受け取った。知らせてしまった個人情報が気になる。受け取ったお金は返すので、商品を返してほしい。

 

対応

 クーリング・オフのはがきを出して、預かっている代金を返し、商品を返してもらった。

 

アドバイス

◇クーリング・オフの期間は、業者に商品を引き渡さないこともできます。

◇居座られたり、怖いと思ったら、警察を呼びましょう。

◇出してしまった個人情報は、取り戻せません。個人情報を出すときは慎重にしましょう。

 

3. 契約してから15日経過後の相談(70代女性)

 「不用なものはないか」と女性から電話があった。使わなくなった編み機があったので来訪を許可した。訪問してきた男性に編み機を見せると、「他にはないか」と言われ、着なくなった着物や帯を見せた。さらに「貴金属はないか」と言われ、見せるだけのつもりで、真珠のネックレスとイヤリングや、数点の貴金属を見せた。「使っているか」と聞かれ「ネックレスは使っている」と答えると、ネックレスは返してくれたが、イヤリングはその場で真珠を外し金だけにしてしまった。そして金と他の数点の貴金属を買い取ると言い、契約書と商品代金の2,000円を置いて帰ってしまった。15日経ったが商品を返してほしい。

 

対応

 センターで契約書を確認したところ、契約書に不備があった。センターから業者に連絡し、業者はクーリング・オフ対応をすると言ったが、商品はすでに売却されていた。転売証明書で売却の事実を確認し、売却価格から、商品代金2,000円を引いた額を返金してもらった。

 

アドバイス

◇訪問買取では、8日間はクーリング・オフができます。書籍、CD、大型家電など、クーリング・オフができない商品もあります。

◇業者に商品を渡してしまうと、取り戻すことは困難です。

 

 

< 目次へもどる>

 

 

 

   育てよう人権文化  みのり会館だより No.446号

 問い合わせ先 高砂市立みのり会館 電話431-6170

 みのり会館では「みんなでつくろう住みよいふるさと」をテーマに、同和問題をはじめとして、子ども・高齢者・障がい者・外国人などの人権問題、いじめ問題などの解決をめざして学習会や講座などを実施しています。今回は、「高齢者学級」で振り込め詐欺の被害防止を学びました。その内容を紹介します。

 

高齢者学級講演会

振り込め詐欺の被害防止について~だまされないで!あなたの財産を守るために~

 

講師 小林 輝雄(危機管理室)

現状

 平成29年5から6月にかけて、高砂市や近隣の市町で振り込め詐欺に関する不審電話が多発しました。また、神戸市では高齢者が多額の現金をだまし取られたという事件が起きています。平成28年度の全国の特殊詐欺(※1)の認知件数(警察への被害届の提出件数)と被害額は、14,151件、約406億円。兵庫県は425件、約14億8千万円で、被害者の7割、被害金額の約8割が65歳以上の人です。また、女性の被害者が圧倒的に多くなっています。

(※1)振り込め詐欺(オレオレ詐欺、還付金等詐欺、架空請求詐欺、融資保証金詐欺)、金融商品等取引名目詐欺、ギャンブル必勝情報提供名目の詐欺、異性との交際斡旋名目の詐欺を併せた詐欺のこと。

 

最近の手口

◇地震や災害関係に絡めて、公共機関やボランティアを装い、避難場所確保のための寄付金を振り込ませるなど、時事問題を利用して電話をかけてくる。

◇オリンピックや万博の記念硬貨を「あなただけに限定で、先行販売する」と言って先にお金を振り込ませようとする。

◇犯人が複数存在している。

 

被害に遭わないために

◇相談

 少しでもおかしいなと思ったら、一人で決めずに他の人(家族や仲の良い人、近所の人など)に相談をしましょう。「ちょっと人には聞きづらいなぁ・・」と思う内容でも、電話で警察や消費者センターに聞きましょう。きちんと対応してくれます。

 

◇確認

 相手の言っていることが本当かどうかを確認しましょう。

 犯人は「時間がない」とか「今日中に・・・」と決断を急がせようとします。

 しかし、少しでも何かおかしいと思うことがあれば、相手の言っていることが正しいか相談できる家族や、市役所、警察、金融機関などに確認をしましょう。電話をいったん切って、確認するぐらいの時間はあるはずです。

 

◇その他

・家族や友だちなど、相談できる人を大事にしましょう。

・リスクのない投資話はありません。

・必ず勝つギャンブルの秘訣もありません。

・警察や銀行協会が現金やキャッシュカードを預かることや、暗証番号を聞くことはありません。

・インターネットのサイトを閲覧しただけで料金が発生することはありません。

・相手に自分の名義が使用されて警察に逮捕されることはありません。お金を払えば逮捕を免れることもありません。

 

 国民生活センターによると、還付金等詐欺に関する相談が4年間で7倍に急増しています。「お金が戻ってくるのでATMに」と言われたら詐欺です。還付金等詐欺の電話があったら、警察や消費者センターに相談しましょう。

 

人権に関する記念日

3月 自殺対策強化月間

 厚生労働省の自殺総合対策会議で、2010(平成22)年「いのちを守る自殺対策緊急プラン」を決定し、月別自殺者数の最も多い3月を「自殺対策強化月間」と定めました。

3月3日 全国水平社創立記念日

 1922(大正11)年3月3日、京都・岡崎公会堂で、部落差別からの解放を自らの手で勝ち取ろうと全国水平社が結成されました。

 

「じんけんシリーズ4」インターネットによる人権侵害

~インターネットの向こう側にあるものは?~

 

 パソコンや携帯電話などの端末の普及に伴い、インターネットの利用人口は年々増加しています。平成26年度末には1億46万人になり、いまや私たちの生活に欠かせないものになってきています。ネット社会の利点は、「いつでも、どこでも、だれとでも」つながることができる利便性や手軽さにあります。その反面、匿名でどのような情報でも簡単に発信できることから、相手の気持ちを省みないわがままな自己表現の場や、個人情報を悪用した犯罪の場にもなっています。

 平成28年に法務省の人権擁護機関に寄せられたインターネット人権侵害にかかる人権相談件数は9,232件でした。また、この年のインターネット上の人権侵害情報に関する事件数は、5年前の3倍の1,909件で過去最高件数を記録しました。この背景には、スマートフォンやSNSの急速な普及があります。

 

インターネット上の人権侵害事件の件数(件)

平成23年 636

平成24年 671

平成25年 957

平成26年 1,429

平成27年 1,736

平成28年 1,909

 内閣府「人権擁護に関する世論調査」(平成24年8月6日調査)で、インターネットによる人権侵害に関して、どのような問題が起きているかの問いに「他人を誹謗中傷しようとする情報が掲載されること」を挙げた人の割合が(57.7パーセント)最も高く、以下「プライバシーに関する情報が掲載されること」(49.8パーセント)、「出会い系サイト等犯罪を誘発する場となっていること」(42.9パーセント)などの順になっています。(複数回答、上位3項目)

 

書き込みによる影響(一例)

◇友人や知人だけでなく、世界中のだれでも見ることができ、その内容が次々にコピー、転載され一度公開された情報を完全に削除することは難しくなります。

◇過去に報道されたような店内での不衛生な行為は、面白半分で書き込んだものが周囲の人々や社会全体に重大な影響を及ぼします。

◇個人情報を公開することは、なりすましに利用されたり、ストーカー被害や誘拐事件などに巻き込まれる可能性があります。

 

 インターネットは人と人、人と情報をつないで豊かな社会をつくる文明の利器です。その反面、使い方を一歩間違えると、人と人のきずなを断つ凶器に変わってしまいます。インターネットの向こうには生身の人間がいることを忘れてはなりません。ネット社会の中で、私たちはいったい何を大切にしなければならないのでしょうか。

 

子どもたちからのサイン

「画面では見えない気持ち あるんだよ」

「お母さん、がめんと笑わず 私と笑お」

 昨年度、兵庫県青少年本部が募ったインターネットについてのメッセージコンテストの小学生の部で最優秀賞、優秀賞に輝いた作品です。

 

 前述のインターネット上の人権侵害は非常に大きな問題です。学校では、子どもたちのネットトラブルを防ぐために、利用時のルールや情報モラルの指導をしています。

 ネット利用の問題となると、子どもをその対象としがちですが、大人もネット依存になっていないでしょうか。「親がスマホをしている時に話しかけたら、後回しにされたり無視された。」という経験のある子どもが多くなっているようです。友だちとのやりとりやゲームで、スマートフォンが片時も放せない子どもが多くなっているのも問題ですが、親がスマートフォンに夢中になって、寂しい思いをしている子どもも非常に多いということです。子どもの『話を聞いてほしい』という気持ちが家庭でかなわないから、その欲求を満たすためにネット上の人と会話をしたり、ネット上で知り合った人と会ってトラブルに巻き込まれたりする事件も生じています。親子の会話が少ないと、コミュニケーション能力が低下し、友だち同士のネットトラブルにつながることにもなります。

 

 新たな虐待として取り上げられている「スマホ・ネグレクト」で、親子の間に必要な情緒的なつながりや愛着が築かれないなどの影響も出ています。「子どもといる時は、子どもの顔をしっかり見ながら会話を楽しむ」など、親子の時間を大切にする環境づくりも考えてみてはどうでしょうか。

 

 

< 目次へもどる>

 

   

 

マイタウン12・1月のスナップ

あすチャレ!スクール(松陽中学校)

▼1月12日(金曜)、車いすバスケットボール元日本代表主将の根木慎志さんが講師として講演や生徒と一緒に競技体験を行いました。根木さんは、1から3年生約480人に社会にある障がいとは何か、夢や目標を持つことやお互いを認め合うことの大切さを伝えました。

 

新春交礼会

▼1月5日(金曜)、文化保健センターぼっくりんホールで開催しました。約350人の参加者全員で謡曲「高砂」の大合唱などを行い、今年1年の健勝を祈念しました。

 

防災訓練

▼1月12日(金曜)、15日(月曜)から17日(水曜)、防災ウィークとして、北浜こども園の園児たちが楽しく遊びながら自分自身を守る方法を学んだり、ジャッキアップや毛布で担架運び、ブロックの重さなどを体験したりしました。

 

成人式

▼1月8日(祝日)、文化会館じょうとんばホールで行いました。人生の節目の年を迎えた新成人は同窓生との再会を喜び、夢や希望を語り合いました。

 

消防出初式

▼1月7日(日曜)、文化会館駐車場とじょうとんばホールで行いました。消防本部、消防団、自衛消防隊などの消防関係者が集まり、消防部隊、消防車のパレード、救出救助訓練、消防車両からの一斉放水、幼年消防クラブによる演奏、消防活動に貢献した人たちの表彰をし、防火防災への決意を新たにしました。

 

クリスマスコンサート

▼12月22日(金曜)、市民病院で、毎年恒例の職員による手作りコンサートが開かれました。病院関係者がサンタクロースなどの衣装でクリスマスソングを披露し、会場を和やかな雰囲気に包みました。

 

寄付

▼12月25日(月曜)、電源開発株式会社高砂火力発電所が、11月12日に行われたJ-powerわくわく感謝DAYの収益金を高砂市社会福祉協議会に寄付しました。

 

松村橋完成式典

▼1月13日(土曜)、治水対策として架け替えを進めていた松村橋(曽根38号橋)が完成し、渡り初めを行いました。式典では、松陽中学校吹奏楽部による演奏や橋の銘板をデザインした生徒に感謝状が贈られました。

 

 

編集・発行 企画総務部 秘書広報広聴室 広報広聴担当

郵便番号:676-8501

住所:兵庫県高砂市荒井町千鳥1丁目11

電話442-2101(代表) FAX442-3193

http://www.city.takasago.lg.jp

 

広報たかさごは再生紙を使用しています。  

 

 

< 目次へもどる>