目次

情報けいじばん

年金 健康 安全安心 催し 学ぶ スポーツ 募集 お知らせ

 

8月のスナップ

 

10月の健診相談救急医

 

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、講座・イベントなどが延期または中止になる場合があります。

 

年金

特別給付金制度

市民課国民年金係 電話443-9022

 資格要件により基礎年金などを受けられない人で一定の要件を満たす人に、特別給付金を支給します。

 

外国人等高齢者特別給付金

 老齢基礎年金などを受けられない1926(大正15)年4月1日以前生まれの外国籍高齢者などが対象です。

 次の要件に該当する人は支給制限があります。

◇一定額以上の公的年金を受給している

◇生活保護を受給している

◇本人、配偶者または扶養義務者の前年所得が法令に定める額を超える

◇重度障害者等特別給付金を受給している

◇他の地方公共団体から同様の給付金を受けている

 

重度障害者等特別給付金

 障害基礎年金などを受けられない、1982(昭和57)年1月1日前に20歳に達していた外国籍重度障がい者など(身体障害者手帳1・2級、療育手帳A判定、精神障害者保健福祉手帳1級の人)が対象です。

 次の要件に該当する人は支給制限があります。

◇一定額以上の公的年金(併給可能な公的年金を除く)を受給している

◇生活保護を受給している

◇本人の所得が法令に定める額を超える

◇他の地方公共団体から同様の給付金を受けている

 

特別障害給付金

 国民年金に任意加入していなかったために、障害基礎年金などを受けられない人への福祉的措置です。

 国民年金に任意加入していなかった期間内に初診日があり、現在、障害基礎年金1・2級相当の障がいがある次の人が対象です。

◇平成3年3月以前の国民年金任意加入対象であった学生

◇昭和61年3月以前の国民年金任意加入対象であった被用者(厚生年金、共済組合などの加入者)の配偶者

※ 老齢年金などの受給や所得により支給制限あり

申込方法 請求書に必要事項を記入の上、必要書類を添えて市民課国民年金係まで

※ 請求書は市民課国民年金係にあります。障害認定・支給は、日本年金機構が行います。

※ 請求受付日の翌月分から支給(原則、偶数月に前月分までを支給)

 

<目次へ戻る>

 

健康

保健センターからのお知らせ

保健センター 電話443-3936

検(健)診             

 年齢、性別、検診日により、受けられる項目が異なります。詳しくは、保健センターだよりをご覧ください。

【集団検(健)診】

ところ 文化保健センター

申込方法 各検診日の1カ月前までに電話で保健センターまで

●集団A

とき 12月7日(月曜) 9時から11時30分(指定)

定員 120人

●集団B

とき 12月15日(火曜)・24日(木曜) 9時から15時30分(指定)

定員 各240人

※ 乳がん検診は68人

 

骨粗しょう症検診

とき 11月4日(水曜)から12月11日(金曜) 14時30分から

※ 土曜日・日曜日、祝日を除く。

ところ 市民病院

内容 腰椎と大腿骨の骨密度測定(DEXA法)

対象 女性 30歳以上 男性 60歳以上

検診料 1,500円

申込方法 電話で保健センターまで 

※ 保健センターでの検診とは検診料・検査方法が異なります。受診できるのはどちらか一方です。

 

妊婦歯科健診

 妊娠中はホルモンバランスやつわりの影響で歯周病になりやすく、悪化すると早産や低体重児出産のリスクも高まります。安定期に歯科健診を受けましょう。

ところ 指定医療機関

内容 問診、口腔診査、歯のクリーニング

対象 受診日に高砂市に住民票がある妊婦

※ 妊娠期間中に1回のみ

健診料 500円

持ち物 妊婦歯科健診受診券(青色)、母子健康手帳、健康保険証

申込方法 電話で指定医療機関まで

※ 指定医療機関一覧、受診券は、母子健康手帳発行時に配布しています。

 

高齢者インフルエンザ予防接種

とき 10月1日(木曜)から令和3年1月31日(日曜)

ところ インフルエンザ予防接種実施医療機関

対象 次のいずれかの要件を満たす市民

◇65歳以上

◇60から64歳で、心臓・腎臓・呼吸器の機能、またはヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に重い障がいを有する(身体障害者手帳1級の写しまたは医師の診断書が必要)

持ち物 市民であることが確認できるもの(健康保険証など)

※ 各実施医療機関にある予診票に必要事項を記入の上、接種してください。

接種回数 1回(2回目以降は全額自己負担)

接種料 1,500円

※ 市民税非課税世帯(令和2年度介護保険料が第1から3段階)と生活保護世帯の人は無料

※ 市民税非課税世帯の人は、介護保険料納入通知書(決定通知書)の写しを医療機関に提示してください。写しを紛失した人は、保健センター、市民課、各市民サービスコ
ーナー・市民コーナーで無料券を申請してください(発効に1週間かかります)。

 

ロタウイルス感染症予防接種が定期接種に

 これまで任意接種だったロタウイルス感染症の予防接種が、10月から定期接種になり、公費で受けられるようになります。

 対象者には、案内と予診票を送付します。

対象 令和2年8月1日以降に生まれた人

対象年齢・接種回数

◇ロタリックス 生後6から24週までの間に2回

◇ロタテック 生後6から32週までの間に3回

※ 任意接種で既に受けた人は、残りの回数を接種

 

健康寿命をのばそう!生活習慣病予防のための運動教室

とき 11月26日(木曜) 13時30分から(受付13時から)

ところ 文化保健センター

内容 血圧計測、生活習慣病予防のためのエクササイズ(実技と講義)

定員 20人

参加費 無料

申込方法 電話で保健センターまで

※ 医師から運動を禁止されている人などは、実技に参加できない場合があります。

 

食育教室 もぐもぐの会

とき 11月10日(火曜) 9時30分から12時

ところ 文化保健センター

内容 離乳食(5から8カ月児)の調理実習

定員 12人

一時保育 12人

※ 無料、要予約

参加費 400円

持ち物 母子健康手帳、エプロン、三角巾、ふきん2枚、筆記用具

申込方法 電話で保健センターまで

 

事業所巡回健診

高砂商工会議所 電話443-0500

従業員に健康診断を

とき 令和3年1月18日(月曜)から2月19日(金曜)

内容

◇一般健診A

 問診、尿検査、身体計測、視力検査、聴力検査(会話法)、血圧測定、胸部エックス線検査

◇一般健診B(35歳または40歳以上)

 Aの内容、腹囲計測、聴力検査(オージオ検査)、心電図、血液検査

◇特殊健診

 じん肺検査、大腸がん検査(検便)、有機溶剤検査 他

対象 従業員数がおおむね50人未満の事業所

定員 2,500人

健診料(1人当たり)

◇一般健診A 2,670円

◇一般健診B 7,210円

◇特殊健診 実費

しめ切り 11月2日(月曜)

申込方法 申込書に必要事項を記入の上、商工会議所まで

※ 申込書は商工会議所、産業振興課にあります。

 

<目次へ戻る>

 

安全安心

全国地域安全運動10月11日から20日

高砂警察署 電話442-0110

みんなでつくろう安心のまち

 安全で安心して暮らせる地域社会を実現するため、警察、市役所、学校、事業者、防犯ボランティアなどと連携し、地域ぐるみで「無理せず、できることから」防犯活動に取り組みましょう。

運動重点

◇子どもと女性の犯罪被害防止

◇特殊詐欺の被害防止

 

ひょうご防犯ネット

高砂警察署 電話442-0110

危機管理室 電話443-9008

 身近な地域で発生する犯罪の情報や防犯情報などを、県警察本部がメールでお知らせします。

配信内容 子ども、痴漢、振り込め詐欺、路上強盗ひったくり、その他の事件に関する情報、県警からのお知らせ

登録方法 次のアドレスに空メールし、ひょうご防犯ネットからの返信メールの案内に従ってください。ひょうご防犯ネットトップページからでも登録できます。

 

電気器具の火災予防

消防本部予防課 電話448-4019

 電気器具類は、説明書を読み、正しく使いましょう。

◇たこ足配線はやめましょう。コンセントやプラグが熱くなって発火する恐れがあります。

◇コードは、家具などで踏んだり、束ねたりしないようにしましょう。

◇コンセントにほこりがたまると、トラッキング火災が発生します。定期的に掃除をしましょう。

 

インターネットトラブルにご注意

消費生活センター 電話443-9078

 インターネットは、私たちの暮らしと切り離せないものになっています。それに伴い、インターネットに関連する消費者相談が未成年者、高齢者など世代に関係なく増加しています。

 

多くみられるトラブル

◇未成年者がオンラインゲ
ームで保護者のクレジットカードを無断で使用し課金をしていた。

◇出会い系サイトに登録したが、ポイント購入を勧められるだけで相手には出会えなかった。

◇1回限りのつもりで化粧品を注文したが、定期購入が条件だった。

 

トラブルを防ぐために

◇家族間でルールを決め、フィルタリング機能などで利用制限をかける

◇保護者はクレジットカードなどの管理を徹底する

◇個人情報や自分の写真、身元が分かるような書き込みは安易にしない

◇「簡単に儲かる」などの言葉はうのみにしない

◇サービスを利用する前に、キャンセル・返品条件、利用規約は必ず確認する

※ 不安に思ったら、一人で悩まず消費生活センタ
ーに相談しましょう。

 

<目次へ戻る>

 

催し

10月の図書館

図書館 電話432-1355

休館日 5日(月曜)

 

行事・イベント

※ 申込不要・無料

◇えほんのじかん

とき 10月3日(土曜) 14時から

内容 絵本の読み聞かせ

対象 幼児

※ 参加は子どものみ

◇おはなし会

とき 10月10日(土曜)・17日(土曜) 14時から

内容 絵本の読み聞かせとストーリーテリング

対象 5歳から小学校低学年

※ 参加は子どものみ

◇えほんとおはなしの会

とき 10月21日(水曜) 10時から

内容 わらべ歌あそび、絵本、紙芝居、折り紙

※ 親子で参加できます。

◇親と子で楽しむわらべ唄

とき 10月22日(木曜) 10時30分から

内容 わらべ唄、絵本

※ 親子で参加できます。

◇えほんのもり

とき 毎週火曜日 10時から、10時30分から

内容 紙芝居、絵本

対象 幼児

※ 親子で参加できます。

 

高砂染の図柄で本のしおりづくり

 高砂染の図柄で自分だけのしおりを作ります。参加者にはマスクをプレゼント!

とき 11月7日(土曜) 10時から

講師 高砂染「あいの会」

定員 10人

参加費 1人500円

申込期間 10月6日(火曜) 10時から

申込方法 直接または電話で図書館まで

※ 親子で参加できます。

 

耳から愉しむ本の世界

 本の書き出しやおすすめの一節を朗読します。

とき 11月6日(金曜) 10時30分から12時

読み手 むつみ会

定員 17人

申込期間 10月16日(金曜) 10時から

申込方法 直接または電話で図書館まで

 

英語のおはなし会

 英語の絵本の読み聞かせ

とき 10月31日(土曜) 10時から

講師 天野 史子氏(絵本専門士)

対象 小学生までの子どもと保護者

定員 15組

申込期間 10月10日(土曜) 10時から

申込方法 直接または電話で図書館まで

 

オンラインプレママサロン

子育て世代包括支援センター 電話443-3950

 毎月のプレママ同士のおしゃべりサロンを、初めてオンラインで開催します。

とき 11月11日(水曜) 10時30分から11時

対象 高砂市に住民票がある妊婦

定員 10人

申込期間 10月1日(木曜)から11月6日(金曜)

申込方法 市公式アプリ「たかさごナビ」の子育て・健康の「プレママサロンの予約」ボタンから予約

※ 詳しくは、市ホームページをご覧ください。

 

旧入江家住宅イベント

曽根小町くらぶ 電話090-1896-9853

 旧入江家住宅は、江戸時代の庄屋層の民家で、県指定文化財です。

 

夜間特別公開

 中秋の名月に合わせて、夜間に特別公開します。座敷で月見団子を食べながら、ライトアップされた庭園を見学することができます。

とき 10月2日(金曜)・3日(土曜) 17時30分から21時

※ 雨天時はライトアップ中止

※ 車でお越しの際は、大森整形外科北側駐車場、曽根天満宮駐車場をご利用ください。

※ 申込不要

 

大人の寺子屋・入江塾

 江戸時代の随筆・紀行文『鶏口集』を、朗読家の阿部麻里氏が朗読し、高砂古文書の会の歌井昭夫氏が解説します。

定員 各20人

●第1回「良夜行」

とき 10月3日(土曜) 16時から17時

※ 申込方法など詳しくは、曽根小町くらぶまで

●第2回「嵐山に遊ぶ」

とき 11月7日(土曜) 11時から12時

申込期間 10月18日(日曜)から22日(木曜)

申込方法 電話で曽根小町くらぶまで

 

親子で芋ほり体験

生石研修センター 電話447-4110

とき 10月24日(土曜) 10時から12時

※ 雨天時は10月25日(日曜)

ところ 生石研修センター

対象 小学3年生までの子どもと保護者

定員 15組

参加費 1組1,000円

申込期間 10月5日(月曜) 10時から

申込方法 直接または電話で生石研修センターまで

 

たかさゴーヤ賞コンテスト

環境政策課 電話443-9029

 市内の園や小学校、施設が育てた緑のカーテンの写真を展示します。

 来場者の皆さんに好きな作品を1つ選んで投票してもらい、「たかさゴーヤ賞」を決定します。

とき・ところ

◇10月5日(月曜)から11日(日曜) 市ノ池公園みどりの相談所

◇10月16日(金曜)から20日(火曜) アスパ高砂1階セントラルコート

◇10月24日(土曜)から30日(金曜) 中央公民館兼伊保公民館

 

公民館ちいさなおはなし会

中央公民館兼伊保公民館 電話447-2247

高砂公民館 電話443-5439

とき・ところ

◇10月8日(木曜) 中央公民館兼伊保公民館

◇10月28日(水曜) 高砂公民館

※ いずれも10時から11時

内容 絵本の読み聞かせ、紙芝居、手遊び、工作など

申込方法 電話で各公民館まで

 

みどりの相談所

市ノ池公園みどりの相談所 電話447-6401

花と緑の教室

●プリザーブドフラワーアレンジメント(2)

とき 10月24日(土曜) 10時から12時

ところ 多目的研修室

定員 20人

参加費 1,000円

持ち物 剪定ばさみ、持ち帰り用袋

申込期間 10月13日(火曜)から19日(月曜)

申込方法 電話でみどりの相談所まで

※ 参加者本人のみ申込可

 

展示会

●第10回ふれあい山野草展(秋)

とき 10月3日(土曜)・4日(日曜) 9時から17時

※ 4日(日曜)は16時まで

ところ 展示コーナー

●第18回おもと・山野草展(秋)

とき 10月24日(土曜)・25日(日曜) 9時から17時

※ 25日(日曜)は16時まで

ところ 展示コーナー

●第53回高砂菊花展覧会(高砂市施設利用振興財団設立20周年記念)

とき 10月18日(日曜)から11月8日(日曜) 9時から17時

※ 11月8日(日曜)は12時まで

ところ 市ノ池公園

 

労働文化講演会

生石研修センター 電話447-4110

とき 11月21日(土曜) 14時から15時30分

ところ 生石研修センター

テーマ 人との絆(たすき)に込めた想い

講師 小林 祐梨子氏(元陸上競技日本代表)

定員 150人

参加費 無料

しめ切り 10月30日(金曜)必着

申込方法 往復はがきの往信用に代表者の住所、氏名、電話番号、同伴者の氏名を、返信用に返信先を記入の上、生石研修センター(郵便番号676-0823 阿弥陀町生石61-2)まで

※ はがき1枚につき3人まで

※ 申込多数の場合は抽選

 

ひょうご基幹道路ネットワークシンポジウム

都市政策課 電話443-9033

 詳しくは、県ホームページをご覧ください。

とき 11月12日(木曜) 14時から16時(開場13時)

ところ 稲美町立文化会館

内容 基調講演「2050年の道路の景色~道路ネットワーク整備と自動運転の視点から~」

講師 塩見 康博氏(立命館大学准教授)ほか

定員 150人

参加費 無料

しめ切り 10月30日(金曜)

 

<目次へ戻る>

 

学ぶ

青年の家 秋季教室

青年の家 電話443-2155

 詳しくは、青年の家までお問い合わせください。

ところ 青年の家

申込方法 はがき(1人1枚1教室)に教室名、住所、氏名、年齢(小学生は学校名と学年)、性別、電話番号、保護者氏名を記入の上、青年の家(郵便番号676-0031 高砂町向島町1710)まで

※ 途中辞退での返金不可

 

小学生英語教室(全10回)

とき 11月14日(土曜)から令和3年3月6日(土曜)の土曜日

定員 各15人

しめ切り 10月30日(金曜)

●ステップアップクラス 9時30分から10時30分

英語に触れた経験がある人が英語をより楽しむクラス

対象 小学1から4年生

参加費 5,500円

●ビギナークラス 11時から12時

初めて英語に触れる人が楽しく英語を学ぶクラス

対象 小学1から4年生

参加費 5,500円

●グローアップクラス 12時30分から13時30分

中学英語の準備のためのクラス

対象 小学5・6年生

参加費 15,000円

 

子ども絵画教室(全5回)

とき 11月8日(日曜)から令和3年3月14日(日曜)の日曜日

定員 各20人

参加費 5,500円

しめ切り 10月23日(金曜)

●小学生絵画教室 10時から11時15分

簡単なテクニックを学び、より楽しく絵を描くクラス

対象 小学1から5年生

●幼児絵画教室 11時30分から12時30分

絵を描く楽しさを知って、絵を好きになるクラス

対象 4歳以上の未就学児

 

わくわく科学教室(全5回)

観察や実験を通じて科学の楽しさを知るクラス

とき 11月14日(土曜)から令和3年3月6日(土曜)の土曜日

13時30分から15時40分

対象 小学2から5年生

定員 25人

参加費 5,500円

しめ切り 10月30日(金曜)

 

第2回市民教養講座

中央公民館兼伊保公民館 電話447-2247

楽しく防災を学ぼう

 新型コロナウイルス時代の避難所運営、避難場所などについて学びます。「つみっく」の展示、体験も行います。

とき 10月18日(日曜) 10時から12時

ところ 中央公民館兼伊保公民館

講師 山田 哲也氏(防災リーダーたかさご事務局長)

対象 高校生以上(小学生以上の子どもも一緒に参加できます。)

定員 70人

参加費 無料

申込方法 電話で中央公民館兼伊保公民館まで

 

高砂文化教室「高砂学」

文化スポーツ課 電話443-9136

市ノ池自然観察会

 専門家の解説を聞きながら、山で生きる植物を観察します。

とき 11月7日(土曜) 10時から

※ 荒天中止

ところ 市ノ池周辺

講師 松本 修二氏(姫路市立手柄山温室植物園研究員)

定員 20人

参加費 無料

しめ切り 10月19日(月曜)

申込方法 電話で文化スポ
ーツ課まで

 

石の宝殿周辺ウォーク

石の宝殿研究会 電話090-6065-4087

 魚橋地区と鴻ノ池を散策し、楽しい歴史情報を紹介します。

とき 10月11日(日曜) 受付9時30分から

※ 小雨決行

集合場所 生石研修センター駐車場

対象 小学生以上

定員 50人

参加費 無料

※ 申込不要

 

「学び直し」は教育センターで!

教育センター 電話448-4191

兵庫大学エクステンションカレッジ 電話427-9966

韓国語講座

 初めて韓国語を学ぶ人も、学習経験がある人も気軽に参加できます。

 あいさつや旅行先で使える会話を中心に、参加者のペースに合わせて講座を進めます。

とき 10月20日(火曜)から12月1日(火曜)の毎週火曜日 18時から19時30分

※ 祝日を除く。

ところ 教育センター

受講料 9,000円

申込方法 電話で兵庫大学エクステンションカレッジまで

※ 講座内容など詳しくは、兵庫大学エクステンションカレッジまでお問い合わせください。

 

働く第一歩セミナー

あかし若者サポートステーション 電話078-915-0677 FAX078-915-0678

とき 10月13日(火曜) 10時から12時

ところ 生石研修センター

内容 コツをつかんで次へ進む面接につながる応募書類の書き方

講師 藤村 和代氏

定員 20人

申込方法 電話またはファクスであかし若者サポートステーションまで

 

<目次へ戻る>

 

スポーツ

第70回市民ゴルフ大会

高砂市ゴルフ協会 電話FAX447-2595

とき 11月10日(火曜) 8時24分から

ところ 城山ゴルフ倶楽部

プレー方法 18ホールストロークプレイ(ダブルぺリア方式)

対象 市内在住または在勤の人

定員 80人

参加費 1,500円

※ 初参加の人は別途入会金2,000円が必要

プレー費 7,850円

※ セルフ、昼食・1ドリンク含む。

しめ切り 10月19日(月曜)

申込方法 はがきに住所、氏名、生年月日、電話番号を記入の上、かしまレークゴルフ(郵便番号676-0828 阿弥陀町地徳686)まで

※ 表彰式はありません。成績表や賞品は後日郵送します。

 

<目次へ戻る>

 

募集

高砂市美術展2021作品募集

文化スポーツ課 電話443-9136

 新型コロナウイルス感染症対策として、令和3年1月18日(月曜)までに出品の事前申し込みが必要です。

 作品の規格や出品の事前申込方法など詳しくは、文化スポーツ課、各公民館に設置してある募集要項をご覧ください。

作品受付日 令和3年1月31日(日曜) 10時から16時

ところ 文化保健センター

部門 日本画、洋画、書道、写真、彫塑・工芸

出品料 1部門 500円

対象 高校生以上

高砂市美術展2021

とき 令和3年

 2月12日(金曜)から14日(日曜) 10時から17時

※ 14日(日曜)は16時まで

ところ 文化保健センター、文化会館

 

災害時支援ボランティアの登録

障がい・地域福祉課 電話443-9027

 大規模な災害が発生したときに自主的に救援活動を希望する人に向けて「災害時支援ボランティア登録」制度を設けています。

 研修を行うため、特別な資格は必要ありません。

活動内容 ボランティアコ
ーディネート、炊き出し手伝い、救援物資の仕分け・運搬など

申込方法 申請書に必要事項を記入の上、障がい・地域福祉課まで

※ 申請書は市ホームページから取り出せます。

※ 詳しくは、障がい・地域福祉課までお問い合わせください。

 

令和3年度県立農業大学校学生募集

県立農業大学校 電話0790-47-1551

 詳しくは、県立農業大学校までお問い合わせください。

教育期間 2年(全寮制)

募集人員 40人

受験料 2,200円

 

推薦入学

出願期間 10月5日(月曜)から22日(木曜)

試験日 11月10日(火曜)

試験科目 筆記試験(小論文など)、面接

対象 在籍する学校から推薦を受けた人

 

一般入学

出願期間

◇前期 11月16日(月曜)から27日(金曜)

◇後期 令和3年2月12日(金曜)から25日(木曜)

試験日

◇前期 12月8日(火曜)

◇後期 令和3年3月9日(火曜)

試験科目 国語、数学、面接

対象 次の要件をすべて満たす人

◇県の農業振興に熱意がある

◇令和3年4月1日時点で25歳未満

◇高等学校を卒業した(令和3年3月卒業見込みを含む)、または県立農業大学校長が高等学校卒業者と同等以上の学力があると認めた

 

<目次へ戻る>

 

お知らせ

弁護士による法律相談

近畿弁護士会連合会 電話06-6364-1238

市民活動推進課 電話443-9002

 疑問に思っていることや悩みなど、弁護士に無料で相談できます。気軽にご相談ください。

とき 10月14日(水曜) 13時から16時

※ 相談時間1人30分(6人まで)

ところ 生石研修センター

申込方法 電話で市民活動推進課まで

 

行政相談委員による行政相談

市民活動推進課 電話443-9002

 10月19日(月曜)から25日(日曜)は行政相談週間です。

 行政相談委員(総務大臣委嘱)による「行政相談」で、国や県などへの苦情や要望をお聞きします。相談は無料で、秘密は固く守られます。気軽にご相談ください。

とき 10月20日(火曜) 13時から15時

ところ 市役所本庁舎

※ 受付は本庁舎2階市民相談窓口

 

10月は土地月間

県都市政策課土地対策室 電話078-362-9297

都市政策課 電話443-9033

 

土地取引の届け出

 一定面積以上の土地取引をした場合は、契約を締結した日から2週間以内に、市を経由して県に届け出なければなりません。

【届け出が必要な面積】

◇市街化区域 2,000平方メートル以上

◇それ以外の都市計画区域 5,000平方メートル以上

 

土地の先買い制度

 都市の健全な発展と秩序ある整備を促進するため、県や市などが必要な土地を計画的に取得する制度です。

 次の土地を譲り渡す場合には、土地を譲渡しようとする日の3週間前までに、市に届け出なければなりません。また、土地の買い取り希望の申し出もできます。

【届出が必要な面積】

◇都市計画区域内にある都市計画施設の区域内などの土地 200平方メートル以上

◇それ以外の都市計画区域内で、市街化区域内の土地 5,000平方メートル以上

【申し出ができる面積】

◇都市計画区域内の土地 200平方メートル以上

 

月経困難症

高砂市医師会 産婦人科医 片嶋 純雄

 月経期間中に起こる、日常生活に支障をきたすような病的症状を「月経困難症」といいます。思春期を迎え排卵周期ともなると、程度の差はありますが、多くの女性が抱える悩みかと思います。

 

 月経困難症は、症状の強さに関わらず約8割の女性に出現するといわれています。症状はありますが日常生活に支障をきたさない人が約46パーセント、鎮痛剤を服用して日常生活が普通に行える人が約27パーセント、鎮痛剤を服用しても日常生活に支障をきたす人が約4パーセント、日常生活を行えず寝込んでしまう人が約2パーセントとされています。

 

 月経困難症の症状は、下腹部痛が最も多く、その他、腰痛や下腹部膨満感、下肢への放散痛、乳房痛などの局所的な症状と、全身倦怠感、頭痛、吐き気、嘔吐、疲労・脱力感、食欲不振、イライラ感、下痢、憂鬱、便秘などの全身症状があります。月経の初日、2日目の出血の多い日に強く症状が現れ、けいれん性、周期性の痛みが現れる場合があります。

 

 月経困難症には、原因となる疾患が存在しない機能性月経困難症と、原因となる疾患が存在する器質性月経困難症があります。若年者の月経困難症の多くは、原因となる疾患が存在しない機能性月経困難症が多いとされています。

 

 機能性月経困難症の場合、初経後2から3年が経ち、月経周期や期間・量などが安定し始め、排卵性の月経周期が確立されると発症するとされています。また、思春期の月経困難症は、月経に対する不安や緊張などの心理的要因が関与し、月経数時間前か、開始直後より発症し、48から72時間持続するとされています。

 

 一方、器質性月経困難症は、初経から数年後に発症し、無排卵周期でも起こる可能性があります。症状はしばしば月経1週間前から月経後数日に及ぶ場合もあるとされています。器質性月経困難症の原因には、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮奇形、子宮内膜ポリープなどの病気が隠れていることがあります。

 

 女性が30歳までに出産する子どもの人数が、1950年頃と比べても少なくなっていることから、月経の回数は格段に増えているとされています。そのたびに出現する月経困難症は、女性には大変な問題となります。

 

 月経の際に日常生活に支障をきたすような症状は、治療の対象になっています。また、生理痛が子宮の病気のサインかもしれないということも覚えておいてください。

 

 暮らしの中のちょっとした工夫と習慣が、生理に伴う辛さを和らげる事につながります。また、生活習慣を見直してバランスのとれた食事を心がけ、ウォーキング、水泳など全身運動を行うことで、血行の改善や気分転換ができます。

 

 そして、つらい時には無理をせず、産婦人科医に相談していただき、毎月のつらさから解放されましょう。

 

第3回高齢者福祉計画及び介護保険事業計画(第8期)策定委員会の傍聴

高年介護課 電話443-9063

 計画の策定にあたり策定委員会を一般公開します。

とき 10月16日(金曜) 10時から

ところ 南庁舎5階

定員 5人

申込期間 10月1日(木曜)から

申込方法 直接または電話で高年介護課まで

 

ユーアイ帆っとセンター休館日

ユーアイ帆っとセンター 電話441-8948

 10月17日(土曜)はメンテナンスのため休館します。

 

地球環境時代!新しいライフスタイル展開キャンペーン月間

環境政策課 電話443-9029

 環境に優しい買い物や省エネの徹底など、日常の身近なところから、地球環境に負荷を与えない生活を実践しましょう。

 

赤い羽根の共同募金運動

兵庫県共同募金会 高砂市共同募金委員会 電話443-3720

 「助け合い 広がる つながる 赤い羽根」をスローガンに赤い羽根共同募金運動を実施します。温かいご支援ご協力をお願いします。

実施期間 10月1日(木曜)から令和3年3月31日(水曜)

 

まちづくりに役立つハロウィンジャンボ宝くじ

兵庫県市町村振興協会 電話078-322-1151

発売期間 10月20日(火曜)まで

抽せん日 10月27日(火曜)

 ハロウィンジャンボ宝くじの売上金の約4割は、市や町の住み良いまちづくりに活用されています。各都道府県の販売実績などに応じて交付されるので、ぜひ、県内の宝くじ売り場またはインターネットでお買い求めください。

 

食育メモ

保健センター 電話443-3936

災害時に備えて食料品の備蓄を!

災害時や家での待機を余儀なくされる場合に備えて、必要な食料品などの備蓄をしましょう!

【簡単!ローリングストック】

 ローリングストックとは、常に一定量の食料品を家庭で備蓄している状態を保つ方法です。備蓄として普段の食料品を少し多めに買い置きしておき、賞味期限の近いものから消費し、消費した分を買い足して補充します。

 

備蓄に適した食料品

 日持ちのする米、飲料水、根菜類、乾物、缶詰、レトルト食品など

 

備蓄の目安

 家族の人数かける最低3日分

※ できれば1週間分を備えましょう。

 

作ってみよう!
サバ缶の炊き込みごはん

【材料(4人分)】

 サバ水煮缶1缶、米2合、ゴボウ1/3本、ニンジン1/3本、ショウガ10グラム、醤油大さじ1、酒大さじ1、みりん大さじ1

【作り方】

(1)ゴボウとニンジンは細切りにする。

(2)ショウガは千切りにする。

(3)炊飯器に米と調味料、サバ缶を汁ごと入れ、2合目盛りまで水を入れる。

(4)コボウとニンジン、ショウガを入れて、炊飯する。

(5)炊きあがったら、サバの身をほぐしながら混ぜる。

 

<目次へ戻る>

 

マイタウン8月のスナップ

法華山谷川水系治水対策完成式

▼8月29日(土曜)、生石研修センターで行われました。平成23年9月の台風12号による被害をうけ、県・高砂市・加古川市が連携し法華山谷川をはじめとする緊急治水対策を実施しました。8年9カ月の工事を経て令和2年5月に完成しました。

 

第5次高砂市総合計画の答申を受けました

▼8月21日(金曜)、市役所南庁舎で高砂市総合政策審議会が行われ、令和3年度から10年間の市の基本的な指針となる「第5次高砂市総合計画」について、審議会から答申を受けました。

 

高砂市休業要請外中小事業者経営継続支援補助金(一律15万円)の申請期間を延長!!

産業振興課 電話443-9030

 8月31日しめ切りの支援補助金の申請を2カ月延長しています。交付要件を満たしている人は、早めに申請の手続きを行ってください。

※ 交付要件や申請手続きなど詳しくは、市ホームページをご覧ください。

対象 次の要件をすべて満たすこと

◇市内の中小事業者

◇新型コロナウイルス感染症の影響を受け、令和2年4月または5月の売り上げが昨年同月と比較して50パーセント以上減少している

しめ切り 10月31日(土曜)(当日消印有効)

 

みんなの国勢調査
国勢調査の回答はお済みですか

総務課 電話443-9062

 9月末までに調査員が市内全域の世帯を訪問し、調査票を配布しています。

 万一、調査票が届いていない場合や不明な点がある場合は、総務課までご連絡ください。

 今回の調査では、新型コロナウイルス感染症対策として、調査票が調査員の確認を経ずに市に送られることになっています。調査票の提出が確認できない場合や記入漏れがある場合は、市から調査票の再配布や電話での確認を行うことがあります。

 新型コロナウイルス感染症の感染防止のためにも、できる限り速やかで円滑な調査の完了をめざしています。ご理解、ご協力のほどよろしくお願いします。

 市ホームページで、高砂市独自のよくあるお問い合わせやお知らせなどを随時更新しています。ぜひご覧ください。

 

<目次へ戻る>

 

10月の相談

相談名 市民相談

内容 市民の日常生活の諸問題に関する相談

とき 月曜日から金曜日 8時30分から12時、13時から17時

ところ 本庁舎2階 市民相談窓口((5)番)

問い合わせ先 市民活動推進課 電話443-9002

 

相談名 法律相談

内容 法律的な解釈が必要な生活上の問題についての相談

とき 10月5日(月曜)・15日(木曜)・26日(月曜) 13時から16時

※ 当日8時30分から12時電話受付(定員8人)

ところ 本庁舎2階 会議室

問い合わせ先 市民活動推進課 電話443-9002

 

相談名 行政相談

内容 国・県に対する要望、苦情などの相談

とき 10月20日(火曜) 13時から15時

ところ 本庁舎2階 会議室

問い合わせ先 市民活動推進課 電話443-9002

 

相談名 行政書士相談

内容 遺言書、契約書、許認可申請などの書き方や相続手続きなどの相談

とき 10月12日(月曜) 13時から15時

ところ 本庁舎2階 会議室

問い合わせ先 市民活動推進課 電話443-9002

 

相談名 税務相談

内容 税理士が税務の入り口をアドバイス

とき 10月6日(火曜)・13日(火曜)・20日(火曜)・27日(火曜) 13時30分から16時30分 ※ 要予約

ところ 加古川税理士会館

問い合わせ先 近畿税理士会加古川支部 電話421-1144

 

相談名 夜間納付相談

内容 国民健康保険料、後期高齢者医療保険料の納付相談

とき 10月8日(木曜)・22日(木曜) から19時

ところ 本庁舎1階

国保医療課((9)番)

問い合わせ先 国保医療課 電話443-9072

 

相談名 夜間納付相談

内容 市県民税、固定資産税、軽自動車税の納付相談

とき 10月8日(木曜)・22日(木曜) から19時

ところ 本庁舎1階 納税課((2)番)

問い合わせ先 納税課 電話443-9018

 

相談名 消費生活相談

内容 消費生活に関する相談

とき 月曜日から金曜日 9時から12時、13時から16時

ところ 本庁舎3階 消費生活センター

問い合わせ先 消費生活センター 電話443-9078

 

相談名 多重債務相談

内容 消費者金融やクレジットなどの多重債務に関する相談

とき 月曜日から金曜日 9時から12時、13時から16時

ところ 本庁舎3階 消費生活センター

問い合わせ先 消費生活センター 電話443-9078

 

相談名 青少年相談

内容 非行、いじめ、虐待などの問題行動に関する相談

とき 月曜日から金曜日 9時から12時、13時から16時

ところ 西庁舎4階 青少年センター

問い合わせ先 青少年センター 電話443-6246

 

相談名 教育相談

内容 不登校、友人関係、親子関係などに関する相談

とき 月曜日から金曜日 9時から16時 ※ 面談(要予約)は13時から16時

ところ 教育センター

問い合わせ先 のびのび教室 電話490-4001

 

相談名 人権相談

内容 名誉、差別、私的制裁、嫌がらせ、いじめなど人権に関わる相談

とき 10月15日(木曜)・26日(月曜) 13時から15時

ところ 15日(木曜) みのり会館

26日(月曜) 中央公民館

問い合わせ先 人権推進室 電話443-9060

 

相談名 こころのサポート相談(精神障がい者相談)

内容 県委嘱相談員による障がい者(児)の日常生活における相談

とき 10月12日(月曜) 14時から16時

ところ ユーアイ帆っとセンター

問い合わせ先 障がい・地域福祉課 電話443-9027

 

相談名 生活支援相談

内容 仕事や暮らしの困りごとに関する相談

とき 月曜日から金曜日 9時から12時、13時から17時

ところ 西庁舎1階 障がい・地域福祉課

問い合わせ先 生活支援相談窓口 電話441-7782

 

相談名 認知症予防相談(あたまの健康チェック)

内容 対話形式の記憶力チェック(市内在住の65歳以上の人)

とき 10月27日(火曜) 10時から、11時から、13時から、14時から、15時から ※ 各1人

ところ ユーアイ帆っとセンター

問い合わせ先 地域包括支援センター 電話443-3723

 

相談名 女性のためのこころの相談

内容 女性が抱えるさまざまな問題についての相談

とき 月曜日から金曜日 9時30分から12時、13時から17時 ※ 電話相談・面接相談(要予約)

ところ 西庁舎4階 相談室

問い合わせ先 男女共同参画センター 電話443-9134

 

相談名 女性のための法律相談

内容 女性の弁護士による法律相談(事前にこころの相談を受けた人)

とき 10月26日(月曜) 13時から16時 ※ 要予約(定員6人)

ところ 西庁舎4階 相談室

問い合わせ先 男女共同参画センター 電話443-9134

 

相談名 若者しごと相談

内容 15から49歳の人の仕事探しに関する相談

とき 10月13日(火曜)・27日(火曜) 13時から15時50分

ところ 生石研修センター

問い合わせ先 あかしサポステ 電話078-915-0677

 

相談名 専門栄養相談

内容 管理栄養士による専門的な栄養相談

とき 10月21日(水曜) 9時30分から11時30分 ※ 要予約

ところ 加古川健康福祉事務所

問い合わせ先 健康管理課 電話422-0002

 

相談名 エイズ・肝炎ウイルス検査相談

内容 無料、匿名で行う血液検査(一部有料)

とき 10月14日(水曜)・28日(水曜) 9時10分から10時 ※ 要予約

ところ 加古川健康福祉事務所

問い合わせ先 健康管理課 電話422-0002

 

相談名 こころのケア相談

内容 精神科医師による個別相談

とき 10月12日(月曜)・26日(月曜) 13時から14時 ※ 要予約(12日はアルコール関連相談あり)

ところ 加古川健康福祉事務所

問い合わせ先 地域保健課 電話422-0003

 

<目次へ戻る>

 

10月の健診・相談

健診・相談名 ひだまりサロン

内容 妊産婦、1歳未満の乳児と保護者を対象にした個別相談

とき 10月29日(木曜) 9時30分から11時30分

ところ 文化保健センター

問い合わせ先 保健センター 電話443-3936

 

健診・相談名 プレママサロン(プレパパも参加可)

内容 楽しくおしゃべり、仲間づくりができるサロン「やってみよう『赤ちゃんのおふろ』」 ※ 要予約、定員4組

とき 10月27日(火曜) 9時45分から11時30分 ※ 受付9時30分から

ところ 文化保健センター

問い合わせ先 子育て包括支援センター 電話443-3950

 

健診・相談名 乳児保健相談

内容・とき 対象者に個別通知しています。詳しくは、個別通知をご覧ください。

ところ 市内実施医療機関

問い合わせ先 保健センター 電話443-3936

 

健診・相談名 10カ月児健診

内容・とき 対象者に個別通知しています。詳しくは、個別通知をご覧ください。

ところ 市内実施医療機関

問い合わせ先 保健センター 電話443-3936

 

健診・相談名 1歳6カ月児健診

内容 対象者に個別通知しています。

とき 10月2日(金曜)・16日(金曜)

ところ 文化保健センター

問い合わせ先 保健センター 電話443-3936

 

健診・相談名 3歳児健診

内容 対象者に個別通知しています。

とき 10月23日(金曜)

ところ 文化保健センター

問い合わせ先 保健センター 電話443-3936

 

<目次へ戻る>

 

10月の救急医

内科・外科・小児科・耳鼻咽喉科

 

とき 4日

科目 内科

医院名 三木内科クリニック

住所 荒井町中新町

電話番号 443-8500

 

とき 4日

科目 内科

医院名 二宮内科クリニック

住所 加古川市平岡町新在家

電話番号 456-0311

 

とき 4日

科目 外科

医院名 大森整形外科医院

住所 曽根町

電話番号 448-5000

 

とき 4日

科目 外科

医院名 友永クリニック

住所 稲美町幸竹

電話番号 497-0770

 

とき 4日

科目 小児科

医院名 中山小児科

住所 加古川市野口町良野

電話番号 456-7510

 

とき 4日

科目 耳鼻咽喉科

医院名 ふせ耳鼻咽喉科

住所 荒井町東本町

電話番号 440-3060

 

とき 11日

科目 内科

医院名 魚川医院

住所 米田町米田

電話番号 432-5226

 

とき 11日

科目 内科

医院名 玉川医院

住所 加古川市上荘町薬栗

電話番号 428-2028

 

とき 11日

科目 内科

医院名 多木クリニック

住所 加古川市別府町西脇2丁目

電話番号 435-0555

 

とき 11日

科目 外科

医院名 きたざわ整形外科

住所 米田町米田

電話番号 434-4777

 

とき 11日

科目 外科

医院名 やました整形外科

住所 加古川市尾上町長田

電話番号 426-8800

 

とき 11日

科目 小児科

医院名 多木クリニック

住所 加古川市別府町西脇2丁目

電話番号 435-0555

 

とき 11日

科目 耳鼻咽喉科

医院名 永本医院

住所 明石市明南町1丁目

電話番号 078-928-3399

 

とき 18日

科目 内科

医院名 高砂西部病院

住所 中筋1丁目

電話番号 447-0100

 

とき 18日

科目 内科

医院名 奥窪医院

住所 加古川市加古川町本町

電話番号 422-3208

 

とき 18日

科目 外科

医院名 高砂西部病院

住所 中筋1丁目

電話番号 447-0100

 

とき 18日

科目 外科

医院名 後藤整形外科

住所 加古川市神野町石守

電話番号 426-2880

 

とき 18日

科目 小児科

医院名 ふじたこどもクリニック

住所 稲美町国岡1丁目

電話番号 441-8760

 

とき 18日

科目 耳鼻咽喉科

医院名 金城耳鼻咽喉科クリニック

住所 明石市二見町西二見駅前4丁目

電話番号 078-943-3387

 

とき 25日

科目 内科

医院名 はり内科クリニック

住所 加古川市加古川町粟津

電話番号 454-8510

 

とき 25日

科目 内科

医院名 おだけ内科循環器科

住所 加古川市別府町中島町

電話番号 435-1740

 

とき 25日

科目 外科

医院名 市民病院

住所 荒井町紙町

電話番号 442-3981

 

とき 25日

科目 外科

医院名 ほうらい外科胃腸科医院

住所 加古川市加古川町木村

電話番号 420-7782

 

とき 25日

科目 小児科

医院名 高砂西部病院

住所 中筋1丁目

電話番号 447-0100

 

とき 25日

科目 耳鼻咽喉科

医院名 明石仁十病院

住所 明石市魚住町清水

電話番号 078-942-1921

 

診療時間

【内科・外科】9時から18時

【耳鼻咽喉科】◇高砂市・加古川市・稲美町・播磨町 9時から18時

       ◇明石市 9時から17時

※ 変更される場合がありますので、事前に各医療機関までお問い合わせください。

 

歯科・眼科(日曜日・祝日・休日・年末年始)

 

科目 歯科

医院名 加古川歯科保健センター

住所 加古川市米田町船頭5−1

電話番号 431-6060

 

科目  眼科

医院名 姫路市休日・夜間急病センター

住所 姫路市西今宿3丁目7−21

電話番号 079-298-0119

 

診療時間

【歯科】9時から12時(受付11時30分まで) 13時から17時(受付16時まで)

【眼科】9時から18時(受付8時30分から17時30分)

※ 受付時間内に来院して下さい。

 

内科・小児科(夜間)

 

科目 内科

医院名 加古川夜間急病センター

住所 加古川市米田町船頭5-1

電話番号 431-8051

 

科目 内科

医院名 加古川夜間急病センター

住所 加古川市米田町船頭5-1

電話番号 431-8051

 

診療時間

【内科】 21時から6時

【小児科】21時から24時

※ 詳しくは、新聞・高砂市医師会ホームページをご覧ください。

 

<目次へ戻る>

 

企画総務部 秘書広報広聴室 広報広聴担当

郵便番号:676-8501

住所:兵庫県高砂市荒井町千鳥1丁目1番1号

電話442-2101(代表) FAX442-3193

http://www.city.takasago.lg.jp

 

広報たかさごは再生紙を使用しています。