企業立地促進法に基づく準則を定める条例の一部を改正する条例案について意見を募集しました 

 高砂市では、企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び形成及び活性化に関する法律(通称:企業立地促進法)第10条第1項にの規定に基づき、工場立地法で規定される特定工場の緑地面積率等の準則に代えて適用する準則を条例(通称:準則条例)を制定し、特定工場の緑地面積等の緩和をしていました。この度、企業立地促進法が一部改正され、法律の名称が通称「地域未来投資促進法」となり平成29年7月に施行されました。これに伴い、準則条例についても法律の名称をはじめ、緑地面積率等の変更等の所要の改正を行います。

 当該準則条例の改正案について、広く皆さま方の意見を募集しました。

 

準則条例の改正案

対象者

  1. 市内在住、在勤、在学者
  2. 市内に事務所又は事業所を有する個人及び法人その他の団体
  3. 市税の納税義務を有する人
  4. その他、地域未来投資促進法における基本計画に利害関係を有する個人、団体、市内に在住在勤、在学する人

 

募集期間

平成31年2月7日(木)から平成31年3月6日(水)

 

公表場所

  1. 生活環境部環境経済室産業振興課
  2. 情報公開コーナー 
  3. 市ホームページ

 

意見募集結果

意見 0件