高砂市からの大切なお知らせ

 

新型コロナウイルス感染症対策に関する生活緊急支援・事業継続支援・相談窓口

高砂市新型コロナウイルス感染症対策本部事務局 電話443-9081

 

 市民のみなさん、不安と不自由なくらしが続いていますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止にご協力をいただきありがとうございます。

 私たち一人ひとりの行動が感染拡大防止につながります。

 この状況を、思いやりと助け合いで、ともに乗り越えましょう。

高砂市長 都倉 達殊(とくらたつよし)

 

目次

市民のみなさんへの生活緊急支援

中小法人・個人事業主への事業継続支援

新型コロナウイルス感染症対策に関する相談窓口

 

市民のみなさんへの生活緊急支援

 

特別定額給付金 (市民1人につき 10万円)
申請が必要です

特別定額給付金担当 電話443-9131

家計を支援するため、世帯ごとに給付します。5月26日(火曜)に、世帯主に申請書を郵送します。

対象 基準日(令和2年4月27日(月曜))において、高砂市の住民基本台帳に記載のある人

申請期間 5月27日(水曜)から8月27日(木曜)

※ オンライン申請は5月2日(土曜)から受け付けしています。

申請方法 次のいずれかの方法で申請してください。

◇郵送による申請

◇マイナンバーカードを活用したマイナポータルによるオンライン申請

給付方法 原則、申請者の本人名義の銀行口座へ振り込みます。

※ 郵送による申請は6月中旬、オンライン申請は5月下旬から給付を開始します。

※ 配偶者や親族からの暴力などを理由に避難している人は、世帯主でなくても給付金を受け取ることができます。詳しくは、特別定額給付金担当までお問い合わせください。

 

 

子育て世帯への臨時特別給付金(対象児童1人につき 1万円)
平成16年4月2日から令和2年3月31日生まれの児童
申請は不要です

子育て支援課 電話443-9024

子育て世帯の生活を支援するため、児童手当を受給する世帯に給付します。児童手当受給者には、5月中旬に案内を郵送します。

対象 令和2年4月分(新高校1年生は3月分)の児童手当受給者

※ 特例給付(所得制限を超え、児童1人あたりの手当月額が5,000円)の人は対象外です。

給付方法 原則、児童手当受給者の本人名義の銀行口座へ振り込みます。

※ 6月下旬から給付を開始します。

 

 

妊婦特別支援金(対象妊婦1人につき 5万円)
申請が必要です

健康増進課(保健センター) 電話443-3936

妊婦の不安解消の一助として支援金を給付します。5月6日(水曜)までに妊娠届出書を提出した対象者には、5月15日(金曜)に申請書を郵送します。

※ 5月7日(木曜)以降に妊娠届出書を提出した人は、直接健康増進課で申請してください。

対象 次の要件をすべて満たす妊婦

◇基準日(令和2年4月27日(月曜))から支援金給付日までの間、高砂市の住民基本台帳に記載がある

◇出産日または出産予定日が令和2年4月28日(火曜)以降である

◇令和2年6月1日(月曜)までに妊娠届出書を提出している

申請期限 6月1日(月曜) 必着

申請方法 直接または郵送で健康増進課まで

給付方法 原則、申請者の本人名義の銀行口座へ振り込みます。

※ 6月中旬から給付を開始します。

 

 

緊急小口貸付等の特例貸付
申請が必要です

高砂市社会福祉協議会 電話444-3020

休業や失業などにより一時的に生活資金が必要な世帯に貸し付けします。

対象 新型コロナウイルス感染症の流行により影響を受け、休業などにより収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸し付けを必要とする世帯

貸付額 10万円以内

※ 特別の要件に該当する場合は、20万円以内

据置期間 1年以内

償還期限 2年以内

貸付利子 無利子

保証人 不要

※ 申請方法など詳しくは、高砂市社会福祉協議会までお問い合わせください。

 

 

目次へ戻る

 

中小法人・個人事業主への事業継続支援

 

持続化給付金
申請が必要です

持続化給付金事業コールセンター 電話0120-115-570

新型コロナウイルス感染症の流行により特に大きな影響を受ける事業者に、事業の継続を支え、再起の糧とするための事業全般に広く使える資金を給付します。

給付額

◇中小法人 200万円以内

◇個人事業者 100万円以内

※ 給付対象事業者など詳しくは、経済産業省ホームページをご覧ください。

 

 

休業要請事業者経営継続支援金
申請が必要です

経営継続支援金相談ダイヤル 電話078-361-2281

県の休業要請に応じた中小法人・個人事業主に、事業の継続を支えるための資金を給付します。

対象 令和2年4月または5月の売上が前年同月対比で50パーセント以上減少している中小法人および個人事業主

給付額

◇中小法人 10から100万円

◇個人事業主 5から50万円

※ 詳しくは、県ホームページをご覧ください。

 

 

中小事業者事業継続支援給付補助金
申請が必要です

産業振興課 電話443-9030

新型コロナウイルス感染症の流行により大きな影響を受ける中小事業者に、事業の継続を支え、事業全般に広く使える資金を給付します。

対象 令和2年4月または5月の売上が前年同月対比で30パーセント以上50パーセント未満減少している中小法人および個人事業主

給付額 10万円

※ 詳しくは、市ホームページをご覧ください。

 

 

無利子の融資制度
申請が必要です

兵庫県地域金融室 電話078-362-3321

新型コロナウイルス感染症の流行により影響を受ける中小企業者へ融資します。

限度額 3,000万円

※ 詳しくは、県ホームページをご覧ください。

 

 

クーポン券付きチラシ配布による事業者支援
申請は不要です

高砂商工会議所 電話443-0500

新型コロナウイルス感染症の流行により影響を受ける事業者を支援するため、高砂商工会議所が実施するクーポン券付きチラシ配布事業を補助します。

 

 

目次へ戻る

 

新型コロナウイルス感染症対策に関する相談窓口

「兵庫県の電話相談窓口」「学校等休業助成金・支援金相談コールセンター」以外は平日のみの受け付けです。

 

感染したかもしれないと思ったら

◇兵庫県の電話相談窓口(コールセンター)

 電話078-362-9980

 24時間対応(土曜日・日曜日、祝日含む。)

 

 

◇兵庫県加古川健康福祉事務所帰国者・接触者相談センター

 電話422-0002

 9時から17時30分

 

健康に関する相談

◇健康増進課

 電話443-3936

 8時30分から17時15分

 

生活・仕事に不安のある人

◇障がい・地域福祉課(生活困窮者相談)

 電話441-7782

 9時から12時、13時から17時

 

 

◇まちづくり部管理課(市営住宅の一時入居の相談)

 電話443-9040

 8時30分から17時15分

 

 

高砂市社会福祉協議会地域福祉課(生活費などの必要な資金の特例貸付)

 電話444-3020

 9時から17時

 

 

◇兵庫労働局総合労働相談コーナー(新型コロナウイルス感染症の影響による一般的な労働相談)

 電話078-367-0850

 9時から17時

 

小学校などの臨時休業により仕事ができなくなった保護者の相談

◇学校等休業助成金・支援金相談コールセンター(厚生労働省)

 電話0120-60-3999

 9時から21時(土曜日・日曜日、祝日含む。)

 

税金などの支払い猶予に関する相談

◇納税課(市税について)

 電話443-9018

 8時30分から17時15分

 

 

◇国保医療課(国民健康保険料について)

 電話443-9072

 8時30分から17時15分

 

 

◇国保医療課(後期高齢者医療保険料について)

 電話443-9072

 8時30分から17時15分

 

 

◇高年介護課(介護保険料について)

 電話443-9063

 8時30分から17時15分

 

 

◇加古川年金事務所(国民年金保険料について)

 電話427-4740

 8時30分~17時15分

 

 

◇市民課国民年金係(国民年金保険料について)

 電話443-9022

 8時30分から17時15分

 

 

◇上水道料金センター(下水道料金について)

 電話443-9049

 8時30分から17時15分

 

 

◇まちづくり部管理課(市営住宅家賃について)

 電話443-9040

 8時30分から17時15分

 

 

目次へ戻る