表紙

石の宝殿より望む朝日

 

人口と世帯(12月1日現在、外国籍人口を含む)

人口/90,550(ひく84) 世帯/39,582(ひく7)

人口の内訳 男/44,108(ひく53) 女/46,442(ひく31)

 

目次

新年を迎えて

高砂駅南周辺整備基本計画素案の意見募集

新しい民生委員・児童委員

子育て支援室からのお知らせ

じんけん通信「あけぼの」

高砂市の定員・給与など

大腸がん 自覚症状がないからこそ検診を

 

新年を迎えて

明けましておめでとうございます

皆さまには健やかで穏やかな新春をお迎えのこととお喜び申し上げます

 「平成」から「令和」という新しい時代が幕を開けた昨年、高砂市は市制施行65周年を迎えました。

 高砂市の未来を考えるとき、人口減少を克服し、住んでいる人が住み続けたいと思うまち、若い世代が住みたいと思うまち、そして未来ある子どもたちをはじめ、暮らしている人々が幸福感をもてるまちづくりが必要です。

 市民の皆さまの安全・安心のための治水対策事業は順調に進んでおり、浸水被害の解消・軽減をめざしているところです。

 昨年は、子どもたちの健康への配慮および教育環境の改善のため、6月に小学校、中学校へのエアコンの設置を完了し、10月からは、幼児教育・保育の無償化にあわせて給食費(副食費)も無償にいたしました。

 さらに、学校給食センターが完成したことにより、本年1月からは市内全ての中学校に安全・安心でおいしい給食を提供することができます。

 また、現地での建て替えを進めている市庁舎のうち新分庁舎が完成し、本年は新本庁舎の建設へと進み、令和4年12月には庁舎が全て完成いたします。

 高砂市の将来像とその実現に向けての施策を示した第4次総合計画は、令和2年度をもって計画期間が終了します。

 次期総合計画の策定にあたっては、少子高齢社会、人口減少社会にあっても、笑顔と活力ある暮らしやすいまちづくりをめざす必要があると考えます。これまでの施策の検証を行うとともに、市民の皆さま、各種団体・事業者の皆さまと一緒に考え、連携して、本市のあるべき姿と進むべき方向を考えてまいります。

 市民の皆さまにとって今年一年がご健勝でご多幸でありますよう心からお祈り申し上げます。

高砂市長 登幸人

 

<目次へ戻る>

 

高砂駅南周辺のまちづくりにご意見をお聞かせください

都市政策課 電話443-9033

高砂駅南周辺整備基本計画素案の意見募集

 山陽電鉄高砂駅の南側周辺は現在、商業施設の誘致や少子高齢化対策、駅前広場の再整備などの課題を抱えています。それらを解消するため、連続立体交差事業実施を前提に

(1)魅力的な駅前空間の創出

(2)誰もが利用しやすい駅前広場

(3)交通結節点としての機能強化

(4)まちに必要な機能の誘致

を目的として、基本方針と整備手法などをまとめた基本計画素案を策定しました。

とき から1月14日(火曜)

※ 土曜日・日曜日、祝日、年末年始を除く。

ところ 都市政策課、情報公開コーナー

※ 市ホームページでもご覧いただけます。

しめ切り 1月14日(火曜)

提出方法 住所、氏名(団体の場合は団体名)、意見を記入の上、直接または郵送、ファクス、メールで都市政策課まで

※ 様式は自由

提出先 都市政策課 郵便番号676-8501 荒井町千鳥1-1-1

FAX443-9091 メールtact3810@city.takasago.lg.jp

 

<目次へ戻る>

 

新しい民生委員・児童委員が決まりました

障がい・地域福祉課 電話443-9027

ご存知ですか?地域の身近な相談相手 

 民生委員は、厚生労働大臣から委嘱され、それぞれの地域で皆さんの立場で相談に応じます。

【任期】 令和元年12月1日から令和4年11月30日

ひとりで悩まないで大丈夫!民生委員・児童委員に相談を

◇皆さんが抱える問題について、皆さんの立場で親身に相談に応じます。

◇まちの福祉制度や子育て支援サービスを紹介します。

◇必要なサービスが受けられるよう、関係機関との「つなぎ役」になります。

民生委員は児童委員も兼ねています

 児童委員は、地域の子どもたちが元気に安心して暮らせるように、子どもたちを見守り、子育ての不安や妊娠中の心配ごとの相談に応じ、関係機関との連携を図ります。一部の児童委員は、児童に関することを専門に担当する主任児童委員となっています。

安心してご相談ください     

 民生委員・児童委員は、個人の人格を尊重し、秘密を守ることが法律で義務付けられています。

民生委員・児童委員の主な活動

◇高齢者・障がいがある人の福祉に関する相談や支援

◇子育てなどに関する相談や支援

◇ひとり暮らし高齢者への声かけ・安否確認などの見守り

◇福祉に関する情報提供

◇関係行政機関などへの連絡

主任児童委員の主な活動

◇いじめや不登校問題の相談

◇学校・こども家庭センターなどの機関との連携による、児童虐待の対応や見守り

◇児童委員との連携による、問題を抱える子どもや家庭などへの相談援助

 

民生委員・児童委員

(※)は主任児童委員

各委員の連絡先は、障がい・地域福祉課までお問い合わせください。

高砂地区

新木 田栄子

藤田 紀子

東保 由佳

梶 眞治

中尾 進

五十嵐 美智子

長谷川 正裕

玉野 滋子

稲岡 裕子

松木 剛

藤原 學

湯蓋 久子

十倉 ひとみ

岡田 幸三

宮先 一勝

豐田 敏子

中西 せい子

番匠 惠美子

金澤 黎三

新田 美惠子

藤村純子

島津 貴代子

出口 好美(※)

 

荒井地区

小南 富美子

伊藤 公二

樋野 弘史

嶋田 聰

北野 実千代

名村 勝江

佐藤 賢二

田中 茂典

井上 公綾

石原 隆彰

石原 徹

梶原 好博

吉田 都代子

山中 節子

福本 隆文

浜谷 滋

荒木 輝美

籠谷 幸子

笹山 利之

青木 博

古川 ちとせ

宮本 淳子

野村 陽子

志賀 加榮子(※)

 

伊保地区

松本 修二

乾 秀樹

池田 良子

塩崎 美子

竹廣 陽子

吉田 里美

玉野 達代

暉峻 隆渉

浜田 尚代

松村 鈴美

中野 榮久

山本 尚亮

井村 久子

長濱 憲雄

松下 潤子

武田 君江

髙谷 洋子

梶原 美鈴

津國 敦子

井上 佳子

澤 敦子

池上 ゆかり

石盛 明子

中田 裕美子(※)

 

中筋地区

別所 聖示

桑原 保子

加賀城 俊子

山下 道世

坂本 志郎

村元 鈴江

砂川 久

中村 護

水野 美穂

莊所 俊二

森本 勲

髙山 けい子

馬場 明美(※)

 

曽根地区

南 勘四郎

荒木 良一

名嶋 美幸

福田 淳子

秋田 秦輔

網干 大介

八軒 秀一郎

鳴瀬 文代

堤 秀美

河本 有史

下瀬 稔

松原 よし子

池田 満由美

松下 智子

橋本 利章

宮下 英子

坂口 久喜子

京谷 晋

三原 憲二

紙野 美佐子(※)

 

米田地区

山中 由美

砂川 晴美

奥澤 美由紀

岸本 順子

中島 千代子

野口 寿子

松下 努

伊東 正視

河内 哲雄

北 神代子

川鍋 彰男

山本 和尋

宮永 文恵

清瀬 京子

寳山 麻喜子

永井 寿美

佐藤 陽子

香山 たかね

石原 智惠子

明石 修

岸本 晶三

井村 冨美代

滿尾 淳子

垣内 まき子

川端 幸子

中島 信博

久安 敏彦

西村 定子

市場 邦晴

蒲田 かよ子

中村 由岐子

北野 芳朗

藤原 裕介

伊藤 美明

河野 雅年

山田 祐子

北本 好昭

石野 嘉一

石谷 佳緒理(※)

小林 貴美子(※)

 

阿弥陀地区

平松 文男

髙谷 久美子

小林 悦子

岩本 朗

駒井 美鈴

藤本 眞由美

藤原 憲正

冨士原 代里子

北野 良次

田路 すみ子

原 典子

髙谷 俊英

原田 隆子

赤堀 敬二

田中 隆司

池内 廣惠

門野 淑代

浦川 道昭

長谷川 司登美

田口 善美

石橋 一亜(※)

 

北浜地区

茶木 和子

黒澤 美子

岡田 宜洋江

福田 陽子

谷川 由美子

岸本 重弘

髙谷 洋子

橋本 弘章

谷川 元秀(※)

 

<目次へ戻る>

 

子育て支援室からのお知らせ のびのびすこやか

子育て支援センターの催し

申込方法 電話で子育て支援センター 電話442−2242まで

つどいの広場 1月の親子遊び

とき 月曜日・火曜日・木曜日 10時から11時30分

ところ 子育て支援センター

対象 就園前の子どもと保護者

定員 各15組

内容

◇月曜日

20日 ペープサートで遊ぼう

27日 集まれ!1歳児

◇火曜日

7日 お正月遊びを楽しもう

14日 2歳からの集い

21日 赤ちゃんわらべうた

◇木曜日

9日 食べるの大好き

23日 お店屋さんごっこをしよう

30日 お話し大好き

 

お父さんと遊ぼう!(オープンルームで遊ぼう)

とき 1月11日(土曜) 10時30分から11時

ところ ユーアイ帆っとセンター

対象 就園前の子どもと保護者

 

 

赤ちゃんの日(赤ちゃん専用オープンルームで遊ぼう)

 時間内は自由に遊べます。10時30分と14時に、30分程度の親子遊びを行います。

とき 1月15日(水曜) 9時30分から16時30分

ところ ユーアイ帆っとセンター

対象 1歳3カ月ぐらいまでの子どもと保護者

 

レッツゴーつどい

とき 1月16日(木曜) 10時から11時30分

ところ 阿弥陀公民館

内容 親子で運動

対象 就園前の子どもと保護者

定員 15組

申込期間 1月6日(月曜)から9日(木曜)

 

ママボランティア講座

 子育て中のママ、ボランティアに興味のある人、親子遊びを楽しみながら子育てボランティアをしてみませんか?

とき・内容

◇1月20日(月曜) ボランティアを楽しもう

◇1月22日㈬ 子どもの救急時の対応

※ いずれも10時から11時30分

ところ 北部子育て支援センター

定員 10人(託児有)

申込期間 1月6日(月曜)から17日(金曜)

 

1月生まれの誕生会

とき 1月22日(水曜) 10時から11時

ところ ユーアイ帆っとセンター

対象 1月生まれの就園前の子どもと保護者

定員 15組

持ち物 お茶

申込日 1月14日(火曜)・15日(水曜)

 

親子遊びの日(オープンルームで遊ぼう)

とき 1月22日(水曜) 10時30分から11時

ところ ユーアイ帆っとセンター

内容 おはなし会、わらべうた、手遊びなど

対象 就園前の子どもと保護者

 

ベビーマッサージ

とき 1月28日(火曜) 10時から11時30分

ところ 子育て支援センター

対象 3から12カ月の子どもと保護者(初めての人)

定員 10組

持ち物 バスタオル、お茶

申込日 1月21日(火曜)

 

子育てサークル交流会

【にこにこポイント対象】

とき 1月29日(水曜) 10時から11時30分

ところ 文化保健センター

内容 豆まきで遊ぼう

対象 子育てサークルの親子、子育てサークルに関心のある親子

持ち物 お茶

 

高砂バザール

【にこにこポイント対象】

とき 2月5日(水曜) 10時から11時45分

ところ 生石研修センター

内容 遊んでポイントを集め、育児用品と交換

対象 就園前の子どもと保護者

定員 100組

持ち物 交換用のおもちゃ1点、上靴下靴入れ(子ども用と大人用)、お茶

申込期間 1月27日(月曜)から31日(金曜)

育児用品の事前回収

 家にある育児用品(おもちゃ、絵本、子ども服、ベビーカーなど)を高砂バザールポイントと交換します。ポイントは、高砂バザール当日に使用できます。

しめ切り 1月29日(水曜)

※ 回収品目など詳しくは、子育て支援センターまでお問い合わせください。

 

北部子育て支援センターの催し

申込方法 電話で北部子育て支援センター 電話433-8866まで

つどいの広場 1月の親子遊び

とき 水曜日・金曜日 10時から11時30分

ところ 北部子育て支援センター

対象 就園前の子どもと保護者

定員 各15組

内容

◇水曜日

8日 お正月遊びを楽しもう

15日 子育てホットタイム

◇金曜日

10日 赤ちゃんわらべうた

17日 集まれ!1歳児

24日 親子で体操

31日 2歳からの集い

 

1月のおはなしルーム

◇読み聞かせ 9日(木曜) 10時から11時

◇おはなし会 27日(月曜) 10時から11時

定員 各15組

 

未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金

子育て支援課 電話443-9024

 児童扶養手当の現況届に「給付金のお知らせ」を同封しています。

対象 次の要件をすべて満たす人

◇令和元年11月分の児童扶養手当の支給を受ける父または母

◇令和元年10月31日時点で、これまでに婚姻(法律婚)をしたことがない人

◇令和元年10月31日時点で、事実婚をしていない人、または事実婚の相手方の生死が明らかでない人

支給額 17,500円

しめ切り 2月3日(月曜)

※ 詳しくは、子育て支援課までお問い合わせください。

 

子育て支援室の相談窓口

相談名 ひとり親家庭相談

内容 仕事や資格、生活のさまざまな悩みごとの相談

とき 月曜日から金曜日 9時から17時 ※ 夜間相談(要予約) 17時から19時

ところ 西庁舎2階 子育て支援課

問い合わせ先 子育て支援課 電話443-9024

 

相談名 こどもホットライン

内容 家庭環境や子育ての相談

とき 月曜日から金曜日 9時から17時

ところ 西庁舎2階 子育て支援課

問い合わせ先 子育て支援課 電話442-2260

 

相談名 子育て相談

内容 臨床心理士による個別相談

とき 1月16日(木曜)・31日(金曜) 13時から15時30分 ※ 要予約(定員3人)

ところ 西庁舎2階 子育て支援課

問い合わせ先 子育て支援課 電話442-2260

 

相談名 保育施設利用者 支援相談

内容 保育施設利用に関する相談や一時預かりなどの情報提供

とき 月曜日から金曜日 9時から12時、13時から17時

ところ 西庁舎2階 幼児保育課

問い合わせ先 幼児保育課 電話443-9025

 

◇児童虐待防止24時間ホットライン(中央こども家庭センター内) 電話078-921-9119

 

<目次へ戻る>

 

育てよう人権文化 あけぼの第174号

「校区人権講演会」を開催しました。

 市では、小学校区ごとに校区人権教育推進委員会を設けています。その委員会の企画運営により、「校区人権講演会」が10・11月に行われました。

 講師に落語家、ミュージシャン、アナウンサー、講談師などを招き、地域の人たちが気軽に参加できるように工夫を凝らしました。また、オープンスクール期間中に児童・生徒も一緒に参加できるように、学校で開催する講演会もありました。内容がわかりやすく、楽器演奏や歌などもあり、より一層心に染み込む講演会になりました。

 

校区 高砂

講師 ロボットのぞみさん(心理カウンセラーミュージシャン)

演題 音楽パフォーマンス

とき 10月25日

ところ 高砂中学校

 

校区 荒井

講師 民謡フォーク満月さん(ミュージシャン)

演題 高砂よいとこよ~♪しゃんとこい!石の宝殿石切唄~地元の民謡から学ぶこと

とき 10月19日

ところ 荒井小学校

 

校区 伊保

講師 今里 哲さん(シャンソン歌手)

演題 今里哲・人と人の絆コンサート

とき 11月10日

ところ 中央公民館兼伊保公民館

 

校区 伊保南

講師 林家 笑丸さん(落語家・芸人)

演題 楽しく語る人権高座

とき 11月23日

ところ 伊保南小学校

 

校区 中筋

講師 桂 三風さん(落語家)

演題 やさしさの時代を築こう

とき 10月11日

ところ 中筋小学校

 

校区 曽根

講師 奈佐 誠司さん(プロ車イスダンサー)

演題 ダンスで心のバリアフリー~車椅子ダンス&車椅子ダンス体験コーナー~

とき 11月22日

ところ 曽根小学校

 

校区 米 田

講師 寺谷 一紀さん(アナウンサー)

演題 ことばの力が心をつなぐ~深めよう地域のきずな~

とき 10月19日

ところ 米田小学校

 

校区 米田西

講師 玉田 玉秀斎さん(講談師)

演題 人権先進国スウェーデンで学んだ講談師が語る~違いがあるからおもしろい道は一本じゃない~

とき 11月9日

ところ 北部子育て支援センター

 

校区 阿弥陀

講師 速水 奨さん(声優)

演題 耳と心で聞く朗読会

とき 令和2年2月

ところ 阿弥陀小学校

 

校区 北浜

講師 大久保 暁さん(LGBT啓発活動講師)

演題 LGBTへの理解~身近にいる性的マイノリティ~

とき 10月26日

ところ 北浜公民館

 

人権文化の息づくまちづくりをすすめましょう~公民館人権講座~

 毎年8・9月に「公民館人権講座」を市内8公民館で行っています。

 高田さんには、人権三法((1)障害者差別解消法(2)部落差別解消推進法(3)ヘイトスピーチ解消法)を通して、現在の人権課題について教えていただきました。柳本さん、赤江さんには「障がいによる日常生活の不自由さ」と「障がいのある人にとっての住みよい社会」について講演をしていただきました。

 

講師 高田 光裕さん(兵庫県人権啓発協会)

演題 みんなの幸せのために

ところ 荒井公民館・中央公民館兼伊保公民館・中筋公民館・米田公民館

 

講師 柳本 茂さん(視覚障害者福祉協会)

演題 地域と共に歩む

ところ 曽根公民館・阿弥陀公民館

 

講師 赤江 博さん(高砂ろうあ協会)

演題 音のない世界を知ってください

ところ 高砂公民館・北浜公民館

 

みんなでおいしく「いただきま~す!」~にこにこ給食の取組~

荒井小学校

 荒井小学校では、毎週月曜日に特別支援学級の全員が集まり、一緒に給食を食べる機会を設けています。昨年度から特別支援学級の在籍人数が増えたことをき

っかけに、ランチルームを借り、「にこにこ給食」と名付けました。

 にこにこ給食では、4学級の児童22人が、担任や介助員と共に給食を食べます。児童たちは、月曜日のこの給食を楽しみにしています。

一人一人に役割を

 月曜日の4時間目終了後、ランチルームに来た児童から、順次給食の支度を始めます。配膳台の用意、給食ワゴンの運搬、配膳などの仕事の分担は、その日に適宜割り振られます。

 普段の給食では自分の分を取るだけの児童も、にこにこ給食ではみんなのために何かの役割を担います。

 

他クラスの児童と交流して

 児童たちは、普段一緒に食べる機会のない他のクラスの児童と給食を食べられることがとても嬉しいようです。自分のクラスのこと、給食のメニューのこと、自分の家のことなど、思い思いのおしゃべりを楽しみながら、給食の時間を過ごしています。

 

感謝の気持ちをもちながら

 にこにこ給食では、栄養教諭も巡回に来て、配膳や食事の様子を見守ったり、メニューや味付けの説明をしたりして、食べようという気持ちを高めてくれます。

 また、苦手な食材のある児童は、友だちが食べているのを見ると、がんばって完食しようとしています。箸の使い方が苦手な児童も、友だちの使い方を真似て少しずつ上達してきました。

 食材から命をもらい、作る人の働きのおかげで給食が食べられることに、感謝の気持ちが育つように願いながら、楽しく取組を続けています。

 

アゲハチョウを育てたよ!(5歳児)~小さな命の変化と成長に寄り添いながら~

伊保こども園

 春、子どもたちは、園庭で見つけた幼虫に興味を持ったり、テントウムシをそっと手にのせたり、ピョンと跳ねたカエルに驚き笑い合ったりしていました。

 子どもたちが身近な生き物に興味を持ち、関わろうとする瞬間の目の輝きや、心を動かす姿が素晴らしいと思い、一つの命に向き合う経験として、アゲハチョウの飼育を始めました。

アゲハチョウの飼育

 まずは、卵を観察して図鑑で調べたり話し合ったりすることから始まり、子どもたちは登園すると飼育ケースを覗くことが日課になりました。

 卵の色が変わってきたことに気づくと、「もうすぐ生まれるかな?」と目を輝かせ、幼虫が生まれると「こんなに小さい!」と誕生を喜び合いました。

大切な命と向き合う

 子どもたちは、幼虫の成長を感じたり、幼虫の気持ちになって考えたりしながら毎日世話をしました。

 サナギからチョウになった日には、クラスみんなで「本当にアゲハチョウになった!」と自然の不思議や命の感動を共感しました。

 しかし、中にはサナギになれなかったり、羽化できなかったりするチョウもいて悲しい気持ちになりましたが、最後まで命と向き合い、みんなで話し合ってお墓をつくることにしました。お墓には、みんなで見つけた、とっておきの一枚の葉っぱを入れました。

飼育を通して育む心

 アゲハチョウの飼育を通して、生き物の気持ちにな

って考え自分たちが小さな命を守ってあげようという思いやりの心が育ってきたように思います。生き物の命を肌で感じ、関わろうとする姿は生命尊重の心の芽生えであると感じています。

 これからも身近な自然や生き物に目を向け感動する経験を大切にしながら、優しさや思いやりの気持ちを育んでいきたいと思います。

 

<目次へ戻る>

 

高砂市の定員・給与などを公表します

人事課 電話443-9005

 

1 一般行政職の級別職員数など

平成31年4月1日現在

 

平成28年度以降の区分 8級

平成27年度以前の区分 7級

標準的な職務内容 部長など

職員数 13人

構成比 3.9パーセント

参考1年前 3.5パーセント

参考5年前 3.1パーセント

 

平成28年度以降の区分 7級

平成27年度以前の区分 6級

標準的な職務内容 室長など

職員数 25人

構成比 7.6パーセント

参考1年前 7.6パーセント

参考5年前 6.5パーセント

 

平成28年度以降の区分 6級

平成27年度以前の区分 5級

標準的な職務内容 課長など

職員数 47人

構成比 14.2パーセント

参考1年前 15.6パーセント

参考5年前 18.3パーセント

 

平成28年度以降の区分 5級

平成27年度以前の区分 4級

標準的な職務内容 係長

職員数 72人

構成比 21.7パーセント

参考1年前 21.4パーセント

参考5年前 48.8パーセント

 

平成28年度以降の区分 4級

平成27年度以前の区分 4級

標準的な職務内容 主任

職員数 50人

構成比 15.1パーセント

参考1年前 17.6パーセント

参考5年前 48.8パーセント

 

平成28年度以降の区分 3級

平成27年度以前の区分 3級

標準的な職務内容 事務・技術吏員

職員数 58人

構成比 17.5パーセント

参考1年前 17.9パーセント

参考5年前 9.7パーセント

 

平成28年度以降の区分 2級

平成27年度以前の区分 2級

標準的な職務内容 事務・技術吏員

職員数 33人

構成比 10.0パーセント

参考1年前 7.3パーセント

参考5年前 8.1パーセント

 

平成28年度以降の区分 1級

平成27年度以前の区分 1級

標準的な職務内容 事務・技術員

職員数 33人

構成比 10.0パーセント

参考1年前 9.1パーセント

参考5年前 5.5パーセント

 

合計

職員数 331人

構成比 100パーセント

参考1年前 100パーセント

参考5年前 100パーセント

 

※ 市の給与条例に基づく給料表の級区分による職員数

※ 標準的な職務内容とは、それぞれの級に該当する代表的な職務

※ 一般行政職とは、税務職、看護・保健職、福祉職、消防職、企業職、教育職、医療職、技能労務職以外

 

2 職員数

各年4月1日現在 単位:人

◇部門別職員数の状況

部門 一般行政 議会

職員数 平成30年 8

職員数 平成31年 8

対前年増減数 0

 

部門 一般行政 総務

職員数 平成30年 125

職員数 平成31年 117

対前年増減数 ひく8

 

部門 一般行政 税務

職員数 平成30年 34

職員数 平成31年 33

対前年増減数 ひく1

 

部門 一般行政 民生

職員数 平成30年 148

職員数 平成31年 158

対前年増減数 10

 

部門 一般行政 衛生

職員数 平成30年 72

職員数 平成31年 68

対前年増減数 ひく4

 

部門 一般行政 労働

職員数 平成30年 1

職員数 平成31年 2

対前年増減数 1

 

部門 一般行政 農林水産

職員数 平成30年 13

職員数 平成31年 12

対前年増減数 ひく1

 

部門 一般行政 商工

職員数 平成30年 3

職員数 平成31年 5

対前年増減数 2

 

部門 一般行政 土木

職員数 平成30年 73

職員数 平成31年 73

対前年増減数 0

 

部門 一般行政 小計

職員数 平成30年 477

職員数 平成31年 476

対前年増減数 ひく1

 

部門 特別行政 教育

職員数 平成30年 61

職員数 平成31年 58

対前年増減数 ひく3

 

部門 特別行政 消防

職員数 平成30年 94

職員数 平成31年 94

対前年増減数 0

 

部門 特別行政 小計

職員数 平成30年 155

職員数 平成31年 152

対前年増減数 ひく3

 

部門 公営企業など 病院

職員数 平成30年 284

職員数 平成31年 276

対前年増減数 ひく8

 

部門 公営企業など 水道

職員数 平成30年 23

職員数 平成31年 24

対前年増減数 1

 

部門 公営企業など 下水道

職員数 平成30年 33

職員数 平成31年 33

対前年増減数 0

 

部門 公営企業など その他

職員数 平成30年 30

職員数 平成31年 32

対前年増減数 2

 

部門 公営企業など 小計

職員数 平成30年 370

職員数 平成31年 365

対前年増減数 ひく5

 

部門 合計

職員数 平成30年 1,002

職員数 平成31年 993

対前年増減数 ひく9

 

◇年齢別職員構成

区分 平成31年職員数

20歳未満 6

20から23歳 42

24から27歳 79

28から31歳 104

32から35歳 93

36から39歳 75

40から43歳 86

44から47歳 132

48から51歳 130

52から55歳 101

56から59歳 102

60歳以上 43

合計 993

 

区分 5年前の職員数

20歳未満 0

20から23歳 52

24から27歳 82

28から31歳 72

32から35歳 68

36から39歳 108

40から43歳 140

44から47歳 128

48から51歳 119

52から55歳 137

56から59歳 142

60歳以上 4

合計 1,052

※ 5年前の職員数は、教育長を含む。

 

◇職員数の推移

普通会計部門別 一般行政

平成26年 467

平成27年 459

平成28年 473

平成29年 483

平成30年 477

平成31年 476

過去5年間の増減数(率) 9(1.9パーセント)

 

普通会計部門別 教育

平成26年 86

平成27年 86

平成28年 67

平成29年 67

平成30年 61

平成31年 58

過去5年間の増減数(率) ひく28(ひく32.6パーセント)

 

普通会計部門別 消防

平成26年 95

平成27年 95

平成28年 93

平成29年 95

平成30年 94

平成31年 94

過去5年間の増減数(率) ひく1(ひく1.1パーセント)

 

普通会計部門別 合計

平成26年 648

平成27年 640

平成28年 633

平成29年 645

平成30年 632

平成31年 628

過去5年間の増減数(率) ひく20(ひく3.1パーセント)

 

普通会計部門別 普通会計

平成26年 648

平成27年 640

平成28年 633

平成29年 645

平成30年 632

平成31年 628

過去5年間の増減数(率) ひく20(ひく3.1パーセント)

 

普通会計部門別 公営企業等会計

平成26年 404

平成27年 399

平成28年 380

平成29年 373

平成30年 370

平成31年 365

過去5年間の増減数(率) ひく39(ひく9.7パーセント)

 

普通会計部門別 合計

平成26年 1,052

平成27年 1,039

平成28年 1,013

平成29年 1,018

平成30年 1,002

平成31年 993

過去5年間の増減数(率) ひく59(ひく5.6パーセント)

 

※ 平成26年から28年の職員数は、教育長を含む。

 

3 特別職の報酬など

平成31年4月1日現在

区分 給料 市長

給料月額など 101万2,000円

 

区分 給料 副市長

給料月額など 83万2,000円

 

区分 報酬 議長

給料月額など 62万9,000円

 

区分 報酬 副議長

給料月額など 57万5,000円

 

区分 報酬 議員

給料月額など 52万2,000円

 

区分 期末手当 市長 副市長

給料月額など (平成30年度支給割合)

6月期 2.1月分

12月期 2.3月分

合計 4.4月分

 

区分 期末手当 議長 副議長議員

給料月額など (平成30年度支給割合)

6月期 2.1月分

12月期 2.3月分

合 計 4.4月分

 

区分 退職手当 市長

給料月額など 101万2,000円かける48月かける0.40イコール1,943万400円

 

区分 退職手当 副市長

給料月額など 83万2,000円かける48月かける0.24イコール958万4,640円

 

区分 退職手当

給料月額など ※ 算定方式

退職時給料かける在職月数かける支給率

※ 任期ごとに支給

 

※ 退職手当は、1期(4年イコール48月)勤めた場合において、4月1日現在の給料月額と支給率に基づく退職手当の見込額

 

4 職員の給与

◇人件費

(平成30年度普通会計決算)

住民基本台帳人口(平成31年1月1日時点) 91,159人

歳出額(A) 349億3,046万円

実質収支 5億3,005万円

人件費(B) 58億7,206万円

人件費率(B/A) 16.8パーセント

平成29年度の人件費率 17.6パーセント

 

※ 人件費には、特別職(市長・副市長・市議会議員など)に支給される給料、報酬などを含む。

 

◇職員給与費

(平成30年度)

一般会計

職員数(A) 626人

給与費 給料 24億2,174万円

給与費 職員手当 5億4,118万円

給与費 期末勤勉手当 9億9,667万円

給与費 合計(B) 39億5,959万円

1人当たりの給与費(B/A) 633万円

 

特別会計

職員数(A) 36人

給与費 給料 1億2,396万円

給与費 職員手当 2,398万円

給与費 期末勤勉手当 5,775万円

給与費 合計(B) 2億569万円

1人当たりの給与費(B/A) 571万円

 

水道・工業用水道・下水道事業会計

職員数(A) 56人

給与費 給料 2億5,843万円

給与費 職員手当 4,141万円

給与費 期末勤勉手当 1億231万円

給与費 合計(B) 4億215万円

1人当たりの給与費(B/A) 718万円

 

病院事業会計

職員数(A) 284人

給与費 給料 11億4,447万円

給与費 職員手当 5億4,502万円

給与費 期末勤勉手当 4億6,568万円

給与費 合計(B) 21億5,517万円

1人当たりの給与費(B/A) 759万円

 

※ 職員数は、平成30年4月1日現在で、特別職(市長・副市長・市議会議員など)を除く。

※ 給与費は、平成30年度決算の額

※ 職員手当は、児童手当、退職手当を除く。

※ 特別会計とは、国民健康保険・後期高齢者医療・介護保険・広域ごみ処理の各事業を合わせた会計

 

5 職員の平均給与月額、初任給など

平成31年4月1日現在

◇職員の平均給料月額と平均年齢

一般行政職

区分 高砂市

平均年齢 42.1歳

平均給料月額 31万7,007円

平均給与月額(※1) 39万6,335円

平均給与月額(国ベース)(※2) 36万4,348円

 

一般行政職

区分 国

平均年齢 43.4歳

平均給料月額 32万9,433円

平均給与月額(※1) ―

平均給与月額(国ベース)(※2) 41万1,123円

 

技能労務職

区分 高砂市

平均年齢 55.9歳

平均給料月額 33万9,931円

平均給与月額(※1) 39万6,974円

平均給与月額(国ベース)(※2) 36万3,410円

 

技能労務職

区分 国

平均年齢 50.9歳

平均給料月額 28万7,312円

平均給与月額(※1) ―

平均給与月額(国ベース)(※2) 32万9,380円

 

※1 平均給与月額とは、給料月額と毎月支払われる諸手当の額を合計した給与月額の平均を表す。

※2 平均給与月額(国ベース)とは、毎月の諸手当のうち、時間外勤務手当、特殊勤務手当、通勤手当などを除いた手当額と給料月額を合計した給与月額の平均を表す。

※ 平均年齢・平均給料月額は、企業会計職員(病院・水道・工業用水道・下水道事業職員)を除く。

 

◇職員の初任給

区分 一般行政職 大学卒

高砂市 18万8,900円

国 18万700円

 

区分 一般行政職 高校卒

高砂市 15万4,400円

国 14万8,600円

 

区分 技能労務職 高校卒

高砂市 15万4,400円

国 14万6,000円

 

◇職員の経験年数別、学歴別平均給料月額

区分 一般行政職 大学卒

平均給料月額と平均年齢 経験年数10年 25万5,917円 33歳1月

平均給料月額と平均年齢 経験年数15年 該当職員なし

平均給料月額と平均年齢 経験年数20年 36万3,133円 44歳4月

 

区分 一般行政職 高校卒

平均給料月額と平均年齢 経験年数10年 該当職員なし

平均給料月額と平均年齢 経験年数15年 該当職員なし

平均給料月額と平均年齢 経験年数20年 該当職員なし

 

区分 技能労務職 高校卒

平均給料月額と平均年齢 経験年数10年 該当職員なし

平均給料月額と平均年齢 経験年数15年 該当職員なし

平均給料月額と平均年齢 経験年数20年 該当職員なし

 

区分 技能労務職 中学卒

平均給料月額と平均年齢 経験年数10年 該当職員なし

平均給料月額と平均年齢 経験年数15年 該当職員なし

平均給料月額と平均年齢 経験年数20年 該当職員なし

 

6 職員の手当

平成31年4月1日現在

◇平成30年度のその他の手当

区分 扶養手当

内容・支給単価(月額) 配偶者 6,500円

子 10,000円

父母等 6,500円

※ 扶養親族のうち、満16歳の年度初めから満22歳の年度末までの子がいる場合、1人につき5,000円加算

支給実績(普通会計・特別会計) 7,134万円

 

区分 住居手当

内容・支給単価(月額) ◇借家に居住している(家賃に応じて支給)

最高支給限度額 27,000円

支給実績(普通会計・特別会計) 2,133万円

 

区分 通勤手当

内容・支給単価(月額) ◇交通機関など利用者

運賃相当額(6カ月定期券などの価額を支給)

最高支給限度額 55,000円

◇自動車など利用者通勤距離

2キロメートル以上から 2,000円から

最高支給限度額 60キロメートル以上31,600円

支給実績(普通会計・特別会計) 3,761万円

 

区分 管理職手当

内容・支給単価(月額) 部長級 101,000円

参事(部長級) 78,000円

室長級 74,000円

課長級 56,000円

副課長級 38,000円

支給実績(普通会計・特別会計) 9,694万円

 

区分 管理職員特別勤務手当

内容・支給単価(月額) 部長級 5,000円から15,000円

室長級  4,000円から12,000円

課長級・副課長級 3,000円から9,000円

※ 管理職員などが臨時または緊急の必要、その他公務の運営の必要により週休日などまたは平日の深夜に勤務した場合、勤務1回につき支給

※ 勤務時間などにより支給額が異なる。

支給実績(普通会計・特別会計) 134万円

 

◇時間外勤務手当

(普通会計・特別会計)

平成30年度

支給総額 1億4,276万円

職員1人当たり支給年額 27万円

 

平成29年度

支給総額 1億5,693万円

職員1人当たり支給年額 29万円

 

◇平成30年度の期末・勤勉手当

高砂市

(支給割合) 期末手当 勤勉手当

6月期 1.225月分 0.90月分

12月期 1.375月分 0.95月分

合計 2,600月分 1.85月分

1人当たりの平均支給額(期末・勤勉手当) 159万円

加算措置の状況 職制上の段階、職務の級などによる加算措置あり

 

国 同

 

◇平成30年度の退職手当

高砂市

(支給割合) 自己都合 勧奨・定年

勤続20年 19.6695月分 24.586875月分

勤続25年 28.0395月分 33.27075月分

勤続35年 39.7575月分 47.709月分

最高限度額 47.709月分 47.709月分

1人当たりの平均支給額(定年等退職手当) 2,110万円

その他加算措置 定年前早期退職特例措置 2から30パーセント加算

 

国 同

 

◇平成30年度の地域手当

支給率 5.0パーセント

支給職員数 662人

支給実績(普通会計・特別会計) 1億4,127万円

支給職員1人当たり平均支給年額 21万3,399円

 

※ 上記の職員数は、企業会計職員(病院・水道・工業用水道・下水道事業)を除く。

 

◇平成30年度の特殊勤務手当

支給実績(普通会計・特別会計) 1,103万円

支給職員1人当たり平均支給年額 97,619円

職員全体に占める手当支給職員の割合 17.1パーセント

手当の種類(手当数) 20

代表的な手当 支出額の多い手当 清掃業務手当、年末年始手当、交替勤務手当

代表的な手当 多くの職員に支給されている手当 清掃業務手当、年末年始手当、交替勤務手当

 

<目次へ戻る>

 

大腸がん検診~命を守る大切な検診~

保健センター 電話443-3936

自覚症状がないからこそ必ず受けてください

大腸がんは近年急増しており、大腸がんで亡くなった人は、2017年には全国で約5万人に上ります。

女性の部位別がん死亡数の第1位、男性では肺がん、胃がんに次いで第3位を占めています。

 

男性はおよそ10人に1人、女性はおよそ13人に1人が、大腸がんと診断されています。

早期のうちに治療すれば90パーセント以上が治癒します。

 

大腸がん知っておきたいポイント

1早く見つけて、早く治すことが大切

 大腸がんにかかる割合(罹患率)は、男女ともに40歳を過ぎると増え始め、高齢になるほど高くなります。

 大腸がんは比較的進行が遅く、早期で発見すれば、多くの場合負担の少ない内視鏡手術で治癒が可能です。早期のうちに検診で見つけることが重要です。

 

2早期のうちは自覚症状がありません

 ほとんどの大腸がんは、早期には自覚症状がないので「異常を感じたら」では手遅れになる場合があります。検診は毎年定期的に受けてください。もちろん、血便、便の性状や回数が変化したなどの症状がある場合は、次の検診を待たずに病院へ行きましょう。

 

3検診は自宅で簡単に

 市の大腸がん検診(便潜血反応検査2日法)は、自宅で便をとって提出するだけの簡単な検査です。食事制限をする必要もありません。

 大腸にがんやポリープなどがあると、便に血液が付着することがあります。便潜血反応検査は、その微量な血液を調べています。異常が見つかった場合は、医療機関で精密検査(内視鏡検査)をします。

 

市が実施している大腸がん検診

検診料 700円

※ 75歳以上の人は無料

【集団検診】

対象

◇集団A 40歳以上の人

◇集団B 40から74歳の人

申込方法 電話で保健センターまで

【個別検診】

対象 40歳以上の人

申込方法 大腸がん個別検診実施医療機関まで

 

検診の流れ

【集団検診の場合】

(1)受診日を選ぶ

(2)保健センターへ電話し、予約する

(3)自宅に検査容器が届く

(4)自宅で便を2日間採取

(5)予約日に検査容器を提出

(6)約1カ月後、結果が自宅へ届く

【個別検診の場合】

(1)医療機関を選ぶ

(2)医療機関に検査容器を取りに行く

(3)自宅で便を2日間採取

(4)検査容器を医療機関へ提出

(5)後日、結果を聞きに行く

 

市の検診でも大腸がんが見つかっています

 平成30年度に市の大腸がん検診を受けた3,777人のうち、精密検査で11人に大腸がんが見つかり、243人にがん以外の疾患が見つかっています。精密検査を受けていない人の中にも、がんなどの病気が見つかる可能性があります。

 症状がないからと自己判断せずに、精密検査(大腸内視鏡検査)は必ず受けましょう。

 

<目次へ戻る>