表紙

新型コロナウイルス感染症拡大防止の基本は「手洗い・うがい」です。

 

人口と世帯(5月1日現在、外国籍人口を含む)

人口/90,225(たす12) 世帯/39,828(たす144)

人口の内訳 男/43,921(ひく13) 女/46,304(たす25)

 

目次

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ・・・2から3

水害から身を守りましょう・・・4から5

たかさごの水物語・・・6から7

国保医療課からのお知らせ・・・8から9

住まいの耐震化を進めましょう・・・10

子育て支援室からのお知らせ・・・11

 

 

新型コロナウイルスに負けない! みんなで乗り越えましょう

高砂市新型コロナウイルス感染症対策本部事務局 電話443-9081

●こまめに手を洗いましょう

●3つの密を避けましょう

●バランスの良い食事質の良い睡眠をとりましょう

●適度な運動をしましょう

●買い物は少人数、短時間で

●「コロナうつ」にならないために予防をしましょう

 ◇起床・就寝時間を決め生活リズムを保つ

 ◇日光を浴びる

 ◇電話などで人と会話する

 ◇好きな音楽、テレビなどでコロナウイルス以外の情報に触れる

  など

 

基本は、やっぱり「手洗い」です。こまめに手を洗う習慣を付けましょう。

【正しい手の洗い方】

(1)流水でよく手をぬらした後、せっけんをつけ、手のひらをよくこすります。

(2)手の甲をのばすようにこすります。

(3)指先・爪の間を念入りにこすります。

(4)指の間を洗います。

(5)親指と手のひらをねじり洗いします。

(6)手首も忘れずに洗います。

 

 

市民のみなさんへの生活緊急支援
特別定額給付金

市民1人につき 10万円

特別定額給付金担当 電話443-9131

申請必要

 家計を支援するため、世帯ごとに給付します。5月26日(火曜)に、世帯主に申請書を郵送しています。

対象 基準日(令和2年4月27日(月曜))において、高砂市の住民基本台帳に記載のある人

申請期限 8月27日(木曜)

申請方法 次のいずれかの方法で申請してください。

◇郵送による申請

◇マイナンバーカードを活用したマイナポータルによるオンライン申請

給付方法 原則、申請者の本人名義の銀行口座へ「タカ)トクベツキュウフ」の名称で順次振り込みます。

※ 郵送による申請は6月中旬、オンライン申請は5月下旬から給付を開始します。

※ 配偶者や親族からの暴力などを理由に避難している人は、世帯主でなくても給付金を受け取ることができます。詳しくは、特別定額給付金担当までお問い合わせください。

 

子育て世帯への臨時特別給付金

対象児童1人につき 1万円

(平成16年4月2日から令和2年3月31日生まれの児童)

子育て支援課 電話443-9024

申請不要

 子育て世帯の生活を支援するため、児童手当を受給する世帯に給付します。対象者には、5月22日(金曜)に案内を郵送しています。

対象 令和2年4月分(新高校1年生は3月分)の児童手当受給者

※ 特例給付金(所得制限を超え、児童1人あたりの手当月額が5,000円)の人は対象外です。

給付方法 原則、児童手当受給者の本人名義の銀行口座へ振り込みます。

※ 6月下旬から給付を開始します。

 

緊急小口貸付等の特例貸付

高砂市社会福祉協議会 電話444-3020

申請必要

 休業や失業などにより一時的に生活資金が必要な世帯に貸し付けします。

対象 新型コロナウイルス感染症の流行により影響を受け、休業などにより収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸し付けを必要とする世帯

貸付額 10万円以内

※ 特別の要件に該当する場合は、20万円以内

据置期間 1年以内

償還期限 2年以内

貸付利子 無利子

保証人 不要

※ 申請方法など詳しくは、高砂市社会福祉協議会までお問い合わせください。

 

※ 中小法人・個人事業主への事業継続支援については、市ホームページをご覧ください。

 

だまされないで!!新型コロナウィルス感染症に便乗した悪質商法にご注意!

消費生活センター 電話443-9078

 

公的機関などをかたり、「給付金があるので個人情報や口座情報を教えてほしい」などの電話があった

 手続きに関して、行政、公的機関、金融機関の職員が訪問し、通帳やキャッシュカードを預かったり、電話やメールで個人情報や暗証番号を聞き出したりすることは絶対にありません。

 

封筒に入った使い捨てマスク30枚が宅配便で届いた。身に覚えがない・・・

◇代金引換であってもお金は払わない。

◇宅配業者などにマスクの受け取り拒否をする。

◇送り主に連絡しない。

◇送り付けられたマスクは、使用しないで14日間保管すると自由に処分できる場合がある。

 

※ 不審に思った場合やトラブルにあった場合は、すぐに消費生活センターに相談しましょう。

 

女性のためのこころの相談【面接相談(予約制)、電話相談】

男女共同参画センター 電話443-9134

 新型コロナウイルス感染症の流行により、不安やストレスを抱えていませんか?

 女性問題カウンセラーが、女性の抱えるさまざまな問題に無料で相談に応じます。

 配偶者などからの暴力(DV)に関する相談も受け付けています。

 ひとりで悩まず、気軽にご相談ください。

とき 月曜日から金曜日 9時30分から12時、13時から17時

※ 祝日、年末年始を除く。

対象 高砂市に在住、在勤、在学の女性

 

 <目次へ戻る>

 

水害から身を守りましょう!

危機管理室 電話443-9008

 台風の来襲などにより、毎年、どこかで水害が発生しています。今年も出水期を迎え、今後も台風の発生などにより災害が発生する可能性があります。

 では、水害から身を守るには、どうしたらよいのでしょうか?

 

カギは平常時の行動にあります!

 

平常時に確認しましょう!

水害から身を守るためには、平常時に次の3つのポイントを確認しておくことが重要です。

 

1自宅や職場周辺にどんな危険があるのか

 災害が発生した場合、自宅や職場の周辺ではどのような被害が想定されているのかを確認しましょう。

 自宅や職場が浸水の想定水位より低い場所にある場合、避難所など安全な場所に身を移すことが必要です。

 マンションの上層階など、浸水の想定水位より高い場所の場合、備蓄の準備などをしておき、自宅待機することも避難行動の一つとして考えられます。

 浸水の想定水位などを確認する際には、ハザードマップを活用しましょう。

 

2避難をするなら、どこへ避難するのか

 災害が起きたときに避難する場所を確認し、家族で共有しておきましょう。

 水害については、浸水想定を参考にあらかじめ自宅や職場からの避難経路を決めておくことが重要です。また、地図を見ながら実際に避難経路や避難所の入口を確認しておくことも重要です。

 避難所の位置や経路を確認する際にも、ハザードマップは役立ちます。

 

3避難を開始するなら、いつなのか

 3つのポイントのうち、一番重要なことが「いつ」避難を開始するかです。

 「いざという時」や「危なくなったら」という決め方は、とても危険です。水害が起きてからでは、避難に危険が伴うことがあります。

 そこで、避難開始の目安となるのが、市から発令される避難情報です。高砂市では、昨年度は一度も発令していませんが、警戒レベルを付して発令することになっています。次の図を参考に、「いつ」避難を開始するのかを考えてみましょう。

 

警戒レベル3または4で避難!

警戒レベル1 気象庁が発表

気象警報級の可能性がある場合に発表。

 

警戒レベル2 気象庁が発表

気象注意報の発表にあわせて発表。

 

警戒レベル3 市が発令

避難準備・高齢者等避難開始

高齢者など避難に時間がかかる人は避難。

 

警戒レベル4 市が発令 

避難勧告

避難指示(緊急)

全員避難

避難指示(緊急)は、重ねて全員避難を促す場合に発令。

 

警戒レベル5 市が発令

災害発生情報

災害が発生していることを把握した場合に発令。

命を守る最善の行動をしてください。

 

高砂市WEB版ハザードマップを活用しましょう

 各種災害に備えるために役立つ「高砂市WEB版ハザードマップ」を市ホームページで公開しています。

 下記のQRコードを読み取るか、市公式スマートフォンアプリ「たかさごナビ」の防災ボタンをタップして利用してください。

 高砂市WEB版ハザードマップを活用して、次のことを確認しておきましょう。

 

災害種別ごとのマップで身のまわりの危険を確認!

 高砂市WEB版ハザードマップは、浸水害や土砂災害、地震・津波など、災害種別ごとのマップを掲載しています。

 マップを拡大・縮小できるので、自宅や職場周辺の危険箇所を細かく確認できます。

 また、浸水の深さや土砂災害の警戒区域、揺れやすさなどを色分けし、危険箇所を分かりやすく表示しています。

 凡例は、パソコンの場合は画面右側、スマートフォンの場合は画面右上のメニューから、「凡例の説明」をタップすると表示されます。

 

避難場所・避難経路を確認!

 高砂市WEB版ハザードマップは、マップ上に避難所も表示されています。

 マップを拡大・縮小できるので、避難所までの経路も確認することができます。

 

大切な命を守るために

 いざという時に素早く避難行動をとるためには、日頃から災害時の行動を想定しておくことが重要です。特に水害に関しては、災害が起こる前に避難行動をとることが命を守ることにつながります。

 いざという時の行動を具体的に想定するために、ハザードマップを活用して、身近な危険箇所、避難場所、避難経路などを確認しておきましょう。

 そして、平常時から家族や周りの人と「いつ、どこへ、どうやって避難をするのか」を共有しておきましょう。

 

  <目次へ戻る>

 

たかさごの水物語

上下水道部総務課 電話443-9048

上下水道部浄水課 電話432-7670

 

私たちの水道水

 私たちが日々使用している水道水はどのようにつくられているのでしょうか。

 今回は、水道水ができるまでの物語を紹介します。

 

高砂市の水源と県水

 高砂市の水源は、

(1)地下水(第1取水設備・第3取水設備)

(2)加古川伏流水(第2取水設備)

(3)加古川表流水

(4)県水(兵庫県水道用水供給事業)です。

 また、浄水場は、米田町米田新にある米田水源地です。

 

(1)地下水(第1取水設備・第3取水設備)

 地下水の取水設備は米田水源地敷地内に2カ所あります。深さ8から10メートルのところから、それぞれ1時間当たり660立方メートル、840立方メートルを水中ポンプで取水し塩素消毒をしています。

 

(2)加古川伏流水(第2取水設備)

 加古川伏流水とは、一級河川加古川の地下に流れる水系のことです。深さ9メートルのところから1時間当たり840立方メートルを水中ポンプで取水し、米田水源地に引き込み浄水処理しています。

 

(3)加古川表流水

 加古川表流水とは、一級河川の加古川堰えん堤ていから自然に流れてくる河川水のことです。加古川表流水も米田水源地に引き込み浄水処理しています。

 

(4)県水(兵庫県水道用水供給事業)

 県水とは、市川水系神谷川の神谷ダムと黒川ダムを水源とした船津浄水場から送られてくる水のことです。約26キロメートルの連絡管を使って、1日3,500立方メートルを受水しています。

 

厳格な水質検査

 安心して飲むためには、安全な水道水であることを証明しなければなりません。

 高砂市は毎年、水質検査計画を策定し、計画に基づいて米田水源地の各原水と浄水、市内7カ所の給水栓水の検査を実施しています。検査結果は、市ホームページや情報公開コーナーなどで閲覧できます。水質検査の項目は次のとおりです。

 また、法律で規定されている項目以外に、19項目を高砂市独自で検査しています。この中には、原虫類のクリプトスポリジウムやジアルジアといった生物項目も含まれています。

 

●水質基準項目(51項目)

 水質基準とは、飲み水の安全性を確保するために、水道法で義務付けられた基準のことです。生涯にわたって水を摂取し続けても、健康に影響が生じない量をもとに基準値が設定されています。基準値は51項目あり、必ず基準値を満たさなければなりません。もちろん、市内全地点で全項目の基準値を満たしています。

 

●水質管理目標設定項目(27項目)

 上記の水質基準に加えて、より質の高い水をめざすため、また、将来にわたって水道水の安全性を確保するために設定している項目です。検査結果は、市内全地点で目標値を満たしています。ただし、配管の腐食に関する項目(ランゲリア指数)は、一部目標値を外れる場合があります。

〈農薬類〉

 水質管理目標設定項目に含まれる農薬類は、114項目あります。現在国内で使用されている除草剤や殺菌剤、殺虫剤などが対象で、それぞれ分析方法も異なり、高度な技術を要する項目です。全ての農薬に関して、市内全地点でこれまで検出はされていません。

 

●要検討項目(45項目)

 要検討項目は毒性評価が定まらない、あるいは浄水中の存在量が不明などの理由により、水質基準項目や水質管理目標設定項目のいずれにも分類できない項目です。しかし、基準や設定項目の見直し時に追加するか判断できるよう、必要な情報収集に努めるべき項目です。

 

●放射性物質

 東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故で放出された放射性物質の水道水への影響が懸念されることから、平成24年度より各種放射性物質の検査を実施しています。今年度まで結果はすべて不検出でした。検査結果はその都度公表しています。今後も影響がないと考えられるまでは検査を継続します。

 

飲み水を 未来につなごう ぼくたちで

水道週間 6月1日から7日

 水道水は、毎日の生活にかかせない重要なものです。

 上下水道部では安全な水の安定的な供給をめざし、施設の整備などを行っています。

 

  <目次へ戻る>

 

国保医療課からのお知らせ

※ 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、延期または中止になる場合があります。

 

特定健診を受けましょう!

国保医療課国保給付係 電話443-9020

健康増進課(保健センター) 電話443-3936

特定健診の「基本項目」は無料です!

病気の予防・早期発見のために年に1回、特定健診を!

 特定健診では、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)やその予備群に該当する人を見つけ、一人ひとりにあった特定保健指導を行うことにより、生活習慣を改善するための支援を行っています。

 

対象

 次の要件をすべて満たす人

◇国民健康保険に加入している(4月1日時点)

◇40から74歳(令和3年3月31日時点)

※ 75歳になる人は、誕生日の前日まで

※ 妊産婦、海外在住、刑務所入所中、長期入院中、施設に入所・入居中の場合は対象外です。

 

受診券

 対象者には、6月上旬に特定健康診査受診券と問診票を送付します。届いていない人、または年度途中に加入した人は国保給付係までお問い合わせください。

※ 他の医療保険に加入している人は、それぞれの医療保険者に確認してください。

 

特定保健指導(対象者のみ)

 特定健診を受けた後に医師、保健師、管理栄養士などによる生活習慣改善のための保健指導を受けることができます。

 

人間ドックや会社などの健診(事業主健診)を受診する人

 特定健診の項目が含まれているので、健診結果の写しを提出してください。

※ 返信用封筒を送付するので、国保給付係まで連絡してください。

※ 国民健康保険の助成を受けて人間ドックを受診する人は、提出の必要はありません。

 

健診内容(基本項目)

 問診、血圧測定、身体計測(身長・体重・腹囲・体格指数)、尿・血液検査(血糖値・コレステロール・中性脂肪・肝機能・腎機能)

 

個別健診

とき 6月から令和3年2月27日(土曜)

ところ 指定医療機関

※ 受診券に同封の実施医療機関一覧表をご覧ください。

健診料 基本項目は無料

※ 医療機関によっては、有料で各種がん検診などを追加できる場合があります。

持ち物 特定健康診査受診券、国民健康保険被保険者証、問診票

申込方法 電話で指定医療機関まで

※ 健診結果は、受診した医療機関からお渡しします。

 

集団健診

持ち物 特定健康診査受診券、国民健康保険被保険者証、問診票

申込方法 電話で保健センターまで

※ 健診結果は、健診機関からお渡しします。

●集団A

ところ 文化保健センター

※ 9月9日(水曜)は教育センターで実施

健診料 無料

※ 有料で貧血検査、心電図、眼底検査、各種がん検診などを追加できます。

●集団B

ところ 文化保健センター

※ 10月21日(水曜)、令和3年1月19日(火曜)は生石研修センターで実施

※ 8月25日(火曜)、11月27日(金曜)、令和3年2月22日(月曜)は、午前のみ無料託児あり(要予約、6カ月から就学前の子ども、定員27人)

健診料 「基本項目」たす「詳細項目(心電図、眼底検査、血液検査)」セット

2,000円

※ 有料で各種がん検診などを追加できます。

 

集団健診日程表

集団A(午前)

7月14日(火曜)

8月27日(木曜)

9月9日(水曜) 教育センターで実施

9月25日(金曜)

10月26日(月曜)

11月17日(火曜)

12月7日(月曜)

1月29日(金曜)

2月25日(木曜)

 

集団B(終日)

7月20日(月曜)

8月1日(土曜)

8月25日(火曜) 託児あり(午前のみ)

9月28日(月曜)

10月21日(水曜) 生石研修センターで実施

11月27日(金曜) 託児あり(午前のみ)

12月15日(火曜)

12月24日(木曜)

1月19日(火曜) 生石研修センターで実施

1月31日(日曜)

2月15日(月曜)

2月22日(月曜) 託児あり(午前のみ)

 

各種がん検診受診費用の助成

国保医療課国保給付係 電話443-9020

 胃がんリスク検診・大腸がん検診・子宮がん検診・乳がん検診の受診費用を助成しています。

 受診前に国保医療課で助成券の申請をしてください。

対象 次の要件をすべて満たす人

◇高砂市国民健康保険に6カ月以上継続加入している

◇国民健康保険料の完納世帯

※ 助成券は、集団検診では使用できません。集団A・Bを受診した人、受診を予定している人は対象外です。

申込方法 7月1日(水曜)以降に国民健康保険被保険者証と健康お守りカードを持参し、国保給付係まで

※ 令和3年3月31日時点で75歳の人は無料で受診できるため、助成券の申請は不要です。

受診期間 7月から令和3年3月31日(水曜)

※ 75歳になる人は誕生日の前日まで

ところ 指定医療機関

※ 指定医療機関は、保健センターだよりをご覧ください。

受診方法 助成券申請後、指定医療機関へ直接電話で申し込み、検診日当日は被保険者証と助成券を持参して受診してください。

 

胃がんリスク検診(ABC検診)

内容 血液検査(ピロリ菌検査、ペプシノゲン検査)

対象 40歳以上

※ 平成28年度から令和元年度に受診した人、過去にピロリ菌の除菌をした人は対象外です。

※ 平成26・27年度に受診した人は、結果が「A群」だった人のみ受診できます。

定員 300人

検診料 1,500円(全額助成)

 

大腸がん検診

内容 便潜血反応検査(2日法)

対象 40歳以上

定員 300人

検診料 700円(全額助成)

 

子宮がん検診

内容 細胞診

対象 20歳以上

※ 令和元年度に受診した人は対象外です。

定員 330人

検診料

◇頚部細胞診 1,700円(全額助成)

◇頚部・体部細胞診 2,500円(全額助成)

※ 体部細胞診は6カ月以内に不正出血があったなど、医師が認める人のみ

 

乳がん検診

内容 視触診・マンモグラフィ併用

対象 40歳以上

※ 令和元年度に受診した人は対象外です。

定員 200人

検診料 3,400円(全額助成)

 

後期高齢者医療の健康診査

国保医療課医療係 電話443-9021

 糖尿病などの生活習慣病を早期発見し、適切な医療につなげて重症化を予防しましょう。6月上旬に後期高齢者医療健康診査受診券を送付します。詳しくは、同封の案内をご覧ください。

受診期間 6月から令和3年2月27日(土曜)

対象 兵庫県後期高齢者医療の被保険者

※ 長期入院中、施設に入所・入居中、今年度すでに同様の健診を受ける人、昭和20年12月1日以降に生まれた人は対象外です。

健診料 無料

受診方法 受診券が届いてから指定医療機関に予約の上、受診してください。

※ 昭和20年5月1日から11月31日生まれの人は、7月以降に順次、受診券を送付します。

※ 健診結果は、受診した医療機関からお渡しします。

 

  <目次へ戻る>

 

住まいの耐震化を進めましょう

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、講座・イベントなどが延期または中止になる場合があります。

建築指導課 電話443-9035

工事の前にまずは
住宅の簡易耐震診断

 簡易耐震診断員(建築士)による診断の上、住宅の耐震性の評価、改善のポイント、改修のアドバイスなどをまとめた診断報告書を作成します。

 耐震性が低いと診断された場合、耐震改修工事には市の助成制度もあります。

対象 昭和56年5月31日以前着工の住宅

※ 一定の要件があります。

手数料 戸建て住宅は無料

申込方法 申込書に必要事項を記入の上、建築指導課まで

※ 申込書は建築指導課、各市民サービスコーナー・市民コーナーにあります。市ホームページからでも取り出せます。

 

工事の依頼先に悩んでいる人は

ひょうご住まいサポートセンター 電話078-360-2536

住宅改修業者登録制度

 工事を誰に依頼したらいいか分からない場合は、兵庫県の住宅改修業者の登録リストを参考にしてください。ひょうご住まいサポートセンターホームページからご覧いただけます。

 

悪質リフォーム業者に気を付けましょう

 「無料で診断します」の言葉にご注意ください。工事費が高額になる場合があります。工事の見積は2から3社に依頼し、第三者による工事監理を行うことをお勧めします。

 

住宅の耐震改修補助制度

 各種補助金を受けるには、それぞれ条件があります。条件や申込方法など詳しくは、建築指導課まで 

 市内の住宅の耐震改修工事補助制度を実施しています。

※ 補助金の交付決定を受けるまでは契約しないでください。

 

住宅耐震改修計画策定費補助

対象 昭和56年5月31日以前に着工し、簡易耐震診断などで安全性が低いと診断された市内の住宅

補助額

◇戸建て住宅 補助率2/3、上限20万円

◇共同住宅 補助率2/3、上限1戸12万円

 

住宅耐震改修工事費補助

対象 昭和56年5月31日以前に着工し、簡易耐震診断などで安全性が低いと診断された市内の住宅

補助金額 300万円以上の工事金額に対して130万円

※ 工事金額や住宅により補助額が変わります。詳しくは、建築指導課までお問い合わせください。

※ 県の住宅業者登録制度に登録のある業者の工事に限ります。

 

簡易耐震改修工事費補助

対象 昭和56年5月31日以前に着工し、簡易耐震診断などで評点が0.7未満の市内の住宅など

補助額 50万円

※ 県の住宅業者登録制度に登録のある業者の工事に限ります。

 

屋根軽量化工事費補助

対象 昭和56年5月31日以前に着工し、簡易耐震診断などで評点が0.7以上の市内の住宅など

補助額 50万円

※ 県の住宅業者登録制度に登録のある業者の工事に限ります。

 

シェルター型工事費補助

 一部屋だけを補強する方法もあります。

対象 昭和56年5月31日以前に着工し、簡易耐震診断などで安全性が低いと診断された市内の住宅など

補助額 50万円

 

防災ベッド設置助成

 高額な耐震改修が難しい場合は、命を守る最低限の対策として防災ベッドなどの設置が有効です。

対象 昭和56年5月31日以前に着工し、簡易耐震診断などで安全性が低いと診断された市内の住宅など

補助額 10万円

 

地震危険住宅建替工事費補助

申込期間 6月30日(火曜)まで

募集戸数 3戸

※ 申込多数の場合は抽選

※ 募集戸数は変更することがあります。

※ 募集戸数に満たない場合は、別途追加募集します。

【抽選】

 申請者または代理者が公開で行い、結果を申請者全員に通知します。

とき 7月7日(火曜) 10時から

ところ 建築指導課

 

  <目次へ戻る>

 

子育て支援室からのお知らせ のびのびすこやか

今月は、児童手当6月期(2月から5月分)の支払月です。6月15日(月曜)に振り込みます。

児童手当現況届の提出を

子育て支援課 電話443-9024

 児童手当を受給している人に、6月初旬に現況届を郵送します。6月1日現在の子どもの養育状況などを確認するために必要ですので、必要事項を記入し押印の上、子育て支援課まで提出してください。

 現況届の提出がない場合は、令和2年10月(6月から9月分)の児童手当の支給ができませんのでご注意ください。

受付期間 6月1日(月曜)から30日(火曜) 9時30分から12時、13時から16時

受付場所 子育て支援課

※ 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、郵送での提出にご協力ください。

 

プロフィールファイルたかさごの配布

子育て支援課 電話443-9024

 希望する保護者に、子どもの育ちを応援する「プロフィールファイルたかさご」を配布しています。

配布場所 子育て支援課、高砂児童学園

※ 市ホームページからでも取り出せます。

※ 詳しくは、子育て支援課まで

プロフィールファイルたかさごとは

 子どもが生まれてからのさまざまな情報を記録できます。

 子どもの特性を保育所、認定こども園、幼稚園、小・中学校、医療機関、相談機関などに正しく伝え、子どものライフステージに応じたアドバイスやサポートを円滑に受けられます。

 子どもの成長過程で、家族以外の周りの人のサポートを必要とするときに活用してください。

 

子育て支援センター・北部子育て支援センターの催し

子育て支援センター 電話442-2242

北部子育て支援センター 電話433-8866

 6月の催しは、市ホームページまたは市公式スマートフォンアプリ「たかさごナビ」をご確認ください。

 

ファミサポの催し

ファミリーサポートセンター 電話442-0555

申込方法 電話でファミリーサポートセンターまで

 

ファミサポミニミニ運動会(第1回交流会)

とき 6月13日(土曜) 10時から11時30分

ところ ユーアイ帆っとセンター

対象 ファミリーサポートセンター会員、子育て中の人

定員 30組

しめ切り 6月11日(木曜)

 

 

第1回提供・両方会員フォローアップ講座&情報交換会

とき・内容 6月29日(月曜)

◇9時30分から10時30分 子どもとのかかわりと遊び

◇10時40分から11時30分 提供・両方会員情報交換会~実際の援助活動を通して~こんなときどうするの?

ところ ユーアイ帆っとセンター

対象 ファミリーサポートセンター提供・両方会員、子育て支援に関心のある人

定員 20人

託児 5人(要予約)

※ 1歳6カ月以上の子ども

しめ切り 6月25日(木曜)

 

子育て支援室の相談窓口

ひとり親家庭相談

内容 仕事や資格、生活のさまざまな悩みごとの相談

とき 月曜日から金曜日 9時から17時

※ 夜間相談(要予約) 17時から19時

ところ 西庁舎2階 子育て支援課

問い合わせ先 子育て支援課 電話443-9024

 

こどもホットライン

内容 家庭環境や子育ての相談

とき 月曜日から金曜日 9時から17時

ところ 西庁舎2階 子育て支援課

問い合わせ先 子育て支援課 電話442-2260

 

子育て相談

内容 臨床心理士による個別相談

とき 6月15日(月曜)・22日(月曜) 13時から15時30分

※ 要予約(定員3人)

ところ 西庁舎2階 子育て支援課

問い合わせ先 子育て支援課 電話442-2260

 

保育施設利用者支援相談

内容 保育施設利用に関する相談や一時預かりなどの情報提供

とき 月曜日から金曜日 9時から12時、13時から17時

ところ 西庁舎2階 幼児保育課

問い合わせ先 幼児保育課 電話443-9025

 

◇児童虐待防止24時間ホットライン(中央こども家庭センター内) 電話078-921-9119

 

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、講座・イベントなどが延期または中止になる場合があります。

 

 <目次へ戻る>