目次 

情報けいじばん

年金  健康 福祉 安全安心 催し スポーツ 学ぶ 募集 お知らせ

 

みのり会館だより

 

6月の健診相談救急医

 

 

年金

国民年金には障がいの保障があります

市民課国民年金係 電話443-9022

加古川年金事務所 電話427-4740

 

障害基礎年金とは

 国民年金に加入中、または60から64歳で国内に住んでいる間に初診日があり、その病気やけががもとで1級・2級の障がいの状態になったときに支給されます。

 20歳前に初診日がある人が障がいの状態になった場合も、20歳から受けることができます。

※ 本人の所得制限あり

 

障害基礎年金の額

◇1級 年額 977,125円

◇2級 年額 781,100円

※ 障害基礎年金の等級は、障害者手帳のものとは関係ありません。

 

子の加算

 障害基礎年金の受給資格が発生した時点で、受給者と生計を同じくする子がいる場合、子の人数に応じて年金の加算があります。受給権が発生した後に子を有することとなった場合も加算されます。

※ 対象は、18歳になった後の最初の3月31日を迎えるまでの子、または1級・2級の障がいの状態にある20歳未満の子です。

加算額

◇2人目まで 224,900円

◇3人目以降 各75,000円

 

請求するには

 初診日のある月の前々月までの加入期間のうち、3分の2以上の期間の保険料が納付または免除されていること、または直近の1年間に滞納がないことが必要です。

※ 初診日の前日に満たしている必要があります。初診日の後に保険料を納めても、請求できません。

※ 申請方法など詳しくは、国民年金係までお問い合わせください。

※ 厚生年金に加入中に初診日がある場合、請求先は年金事務所になります。

 

<目次へ戻る>

 

個人住民税(市民税・県民税)

市民税課 電話443-9015

 令和2年1月1日現在、市内に住所を有する人は、令和元(平成31)年中の所得金額などを基に計算された、均等割額と所得割額の合計額により、個人住民税(市・県民税)が課税されます。

 普通徴収(一般・口座)、年金特別徴収の納税通知書は、6月中旬に発送します。

 

ふるさと納税の見直し

 ふるさと納税(市・県民税に係る寄附金税額控除の特例控除分)の対象となる地方自治体を、一定の基準に基づき、総務大臣が指定することになりました。

 指定対象外の地方団体に対して令和元年6月1日以降に支払われた寄附金は、市・県民税に係る寄附金税額控除の特例控除分の対象外となります。

 所得税の所得控除と市・県民税の基本控除分は、従来の通り控除対象となります。

 

住宅借入金等特別税額控除の拡充

 令和元年10月1日から令和2年12月31日までの間に居住の用に供した、消費税率10パーセントが適用される住宅取得等(特別特定取得)について、住宅借入金等特別税額控除の適用期間が3年間(10年間から13年間)延長されます。

 市・県民税の税額控除は、現行制度の通り住宅借入金等特別税額控除可能額のうち、所得税で控除しきれなかった額、または所得税の課税総所得金額等の7パーセント(上限136,500円)のいずれか少ない額が適用されます。

 

減免制度があります

 前年中の総所得金額が600万円以下で、退職・失職などにより所得が著しく減少し、市・県民税の納付が困難になった人は、減免を受けられる場合があります。納期限までに市民税課にご相談ください。

※ 納期限を過ぎたものは対象外です。

 

市・県民税の相談窓口

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、市・県民税の相談窓口を分散します。

 相談窓口は次の通りです。

◇課税内容の相談 市民税課(本庁舎1階)

◇市・県民税の減免の相談、手続き 市・県民税減免相談窓口(南庁舎2階)

◇納付の相談 納税課(本庁舎1階) 電話443-9018

※ 減免申請書や市・県民税申告書は、市ホームペ
ージから取り出せます。できる限り郵送での提出をお願いします。

 

<目次へ戻る>

 

健康

保健センターからのお知らせ

保健センター 電話443-3936

 

巡回結核・肺がん検診が事前予約制になりました

 これまで巡回結核・肺がん検診は申込不要でしたが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として混雑を緩和するため、事前予約制となりました。

とき・ところ 7月31日(金曜)

◇10時から10時50分 中央公民館兼伊保公民館

◇14時から14時50分 阿弥陀公民館

内容 胸部X線直接撮影

対象 20歳以上の市民

検診料 1,000円

※ 75歳以上は無料

持ち物 健康お守りカード

申込期間 6月1日(月曜)から

申込方法 電話で保健センターまで

 

検(健)診

 年齢、性別、検診日により、受けられる項目が異なります。詳しくは、保健センターだよりをご覧ください。

【集団検(健)診】

申込方法 各検診日の1カ月前までに電話で保健センターまで

●集団A

とき 8月27日(木曜) 9時から11時30分(指定)

ところ 文化保健センター

定員 120人

●集団B

とき 8月1(土曜)・25日(火曜) 9時から15時30分(指定)

ところ 文化保健センター

定員 240人

※ 乳がん検診は80人

※ 25日(火曜)は、午前のみ無料託児あり(要予約)

 

【個別がん検診の開始時期の延期】

 4月に配布した保健センターだよりでは、個別がん検診の受診期間を6月からとしていましたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、受診期間を7月からに変更します。

 

がん検診・肝炎ウイルス検診検診無料クーポン券

 対象者に、5月下旬に個別通知しています。転入などで無料クーポン券がない対象者は、保健センターまでお問い合わせください。

対象

◇子宮頸がん 21歳の女性

◇乳がん 41歳の女性

◇大腸がん 41歳の人

◇肝炎ウイルス 41・46・51・56・61・66・71歳で、市が実施する肝炎ウイルス検診受診歴のない人

※ 令和3年4月1日時点の年齢

 

健康寿命をのばそう!生活習慣病予防のための運動教室

とき 7月21日(火曜) 13時30分から(受付13時から)

ところ 文化保健センター

内容 計測(体重、腹囲、血圧)、生活習慣病予防のためのエクササイズ(実技・講義)

定員 30人

参加費 無料

申込方法 電話で保健センターまで

※ 計測希望者は13時15分までにお越しください。

※ 医師から運動を禁止されている人は、実技をご遠慮いただくことがあります。

 

食育教室とんとん・コトコトの会

とき 6月20日(土曜) 9時30分から12時30分

ところ 文化保健センター

テーマ 簡単!毎日の朝ご飯

対象 2・3歳児と保護者

定員 15組

参加費 大人 500円

子ども 200円

持ち物 母子健康手帳、子ども用の箸・スプーン・フォーク、エプロン、三角巾、ふきん2枚、筆記用具

申込方法 電話で保健センターまで

 

健やかな毎日をすごすための料理教室

とき 7月1日(水曜) 9時30分から12時

ところ 中筋公民館

テーマ カルシウムアップの食事

定員 20人

参加費 700円

持ち物 エプロン、三角巾、ふきん、筆記用具

申込方法 電話で保健センターまで

 

食育教室 もぐもぐの会

とき 7月7日(火曜) 9時30分から12時

ところ 文化保健センター

内容 離乳食(5から8カ月児)の調理実習

定員 20人

一時保育 12人

※ 無料、要予約

参加費 400円

持ち物 母子健康手帳、エプロン、三角巾、ふきん2枚、筆記用具

申込方法 電話で保健センターまで

 

<目次へ戻る>

 

福祉

高齢者のための成年後見相談会

地域包括支援センター 電話443-3723

 司法書士による、高齢者に関する成年後見相談会を実施します。

とき 6月22日(月曜) 13時から、14時から、15時から

ところ ユーアイ帆っとセンター

定員 各1人(要予約)

相談料 無料

しめ切り 6月12日(金曜)

申込方法 電話で地域包括支援センターまで

 

 

障がい児スポーツ教室

障がい・地域福祉課 電話443-9027

 心身機能の向上と健康づくりを目的に、ストレッチ体操や軽スポーツ、レクリエーションを実施します。

とき 7月22日(水曜)・30日(木曜)

8月20日(木曜)・27日(木曜)

※ いずれも11時から12時30分

ところ 総合体育館

講師 障がい者スポーツ指導員(兵庫県立西播磨総合リハビリテーションセンター)

対象 市内在住の知的障がい児と保護者

※ 発達障がい児を含む。

定員 20人

※ 申込多数の場合は抽選

参加費 無料

しめ切り 7月15日(水曜)

申込方法 直接または電話で障がい・地域福祉課まで

 

 

戦没者などの遺族に対する特別弔慰(ちょうい)金

障がい・地域福祉課 電話443-9027

 戦没者などの遺族に特別弔慰金を支給します。

 特別弔慰金は、遺族を代表する一人が受け取るものです。同順位の人が複数いる場合、話し合いの上、代表して請求する人を決めていただくようお願いします。遺族間の調整は、記名国債を受け取った人が責任を持
って行うことになります。

支給内容 額面25万円の記名国債(年5万円)

対象 令和2年4月1日時点で、恩給法などに基づく年金受給権者がいない場合で戦没者死亡当時の三親等内親族のうち、最先順位の人

請求期間 から令和5年3月31日

※ 詳しくは、障がい・地域福祉課までお問い合わせください。

 

「DV相談(プラス)」の開設

男女共同参画センター 電話443-9133

 内閣府では、新型コロナウイルス感染症に伴うストレスなどで、配偶者などから暴力(DV)を受けた人の相談窓口を開設しました。

◇24時間対応電話(フリーダイヤル) 電話0120-279-889

 

◇SNS、メール相談

 SNS 12時から22時

 メール 24時間

 

◇外国人相談者向け相談(SNS) 12時から22時

 対応言語 英語、中国語、韓国語、タガログ語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ベトナム語など

 

◇WEB面談

 相談状況に応じて対応

※ 従来の相談窓口「DV相談ナビ」(電話0570-0-55210)でも24時間相談できます。

 

※ DV相談プラスは内閣府ホームページをご覧ください。

 

<目次へ戻る>

 

安全安心

緊急地震速報伝達訓練

危機管理室 電話443-9008

 全国瞬時警報システム(Jアラート)を使用した緊急地震速報伝達訓練を行います。この訓練は、地震・津波や武力攻撃など対処に時間的余裕のない情報をJアラートから受信し、防災行政無線を自動起動することで、瞬時に皆さんに伝達するための訓練です。

 市内63カ所に設置してある防災行政無線から一斉放送します。

とき 6月17日(水曜) 10時ごろ

※ 気象状況や地震などにより、訓練を中止する場合があります。

放送内容

上り4音チャイム

「こちらは、高砂市です。ただ今から訓練放送を行います。」

「(緊急地震速報チャイム音)緊急地震速報。大地震です。大地震です。これは訓練放送です。」(3回)

「こちらは、高砂市です。これで訓練放送を終わります。」

下り4音チャイム

 

防犯カメラ設置補助

兵庫県地域安全課 電話078-362-3225

危機管理室 電話443-9008

 地域安全まちづくり活動を支援するため、防犯カメラの設置費用を補助します。

※ 一定の要件があります。

 

兵庫県防犯カメラ設置補助事業

対象 まちづくり防犯グループなどの地域団体

補助金額 1カ所 80,000円

しめ切り 6月30日(火曜)

申込方法 申込書に必要事項を記入の上、必要書類を添えて危機管理室まで

※ 申込書は危機管理室にあります。

 

高砂市地域見守り防犯カメラ設置補助事業

対象 兵庫県防犯カメラ設置補助事業の審査を受け、補助対象として選定された団体

補助金額 1カ所 80,000円

※ 選定団体には、個別通知します。案内に沿って申請してください。

 

社会を明るくする運動月間

社会を明るくする運動事務局 電話442-2989

 犯罪や非行がない明るい社会を実現するため、保護司会が中心となり、街頭啓発、標語パネル掲示、懇談会などを実施します。

 

開始式 

とき 7月1日(水曜) 8時45分から

ところ 市役所正面玄関前

 

街頭啓発

正蓮寺こども園による和太鼓演奏もあります。

とき 7月4日(土曜) 13時から14時30分

ところ アスパ高砂

 

新型コロナウイルスに便乗した詐欺や悪質商法などに注意!

高砂警察署 電話442-110

新型コロナウイルスの感染拡大に便乗した次のような詐欺や悪質商法などが発生しています。

 

●インターネットでマスクの販売があり、注文したが商品が届かず、代金をだまし取られた。

 

●市役所職員をかたって「新型コロナウイルスの関係で政府からお金が出る、口座情報を教えて欲しい」と電話がかかってきた。

 

 

●「浄水器を交換しないと、新型コロナウイルスに感染する」「水道管が新型コロナウイルスに汚染されている可能性があり、30万円で清掃します」などの電話勧誘があった。

 

※ 身に覚えのない現金を要求されたり、不審な電話やメールがあったりした場合には、高砂警察署に相談してください。

 

土砂災害防止月間

都市政策課 電話443-9033

日頃の備えと早めの避難

 土砂災害から人命・財産を守るため、増水期を迎える6月を県の「土砂災害防止月間」としています。

 ハザードマップを参考に、土砂災害防止に関する知識を深め、身のまわりの危険箇所や大雨時の避難方法などを家族や地域の人たちと話し合いましょう。

 

ひょうご防犯ネット

高砂警察署 電話442-0110

危機管理室 電話443-9008

 身近な地域で発生する犯罪や防犯の情報などを県警察本部がメールでお知らせします。

配信内容 子ども、痴漢、振り込め詐欺、路上強盗ひったくり、その他の事件の情報、県警からのお知らせ

登録方法 次のQRコードを読み取り、空メールを送信して登録手続きをしてください。ひょうご防犯ネットトップページからでも登録できます。

※ 別途、ウェブ接続料、メール受信料がかかります。

support@police.pref.hyogo.lg.jp

 

消火器の廃棄処分

消防本部予防課 電話448-4019

 消火器は破裂の危険があるため、一般ごみ・不燃ごみとして処分できません。専門業者に依頼してください。

※ 消防署から直接訪問し、物品を販売することはありません。悪質な訪問販売にご注意ください。

 

優良運転者の表彰

高砂交通安全協会 電話443-1541

 表彰基準により優良運転者の申請受付を行います。長期協会員を対象とした特例制度もあります。

 詳しくは、交通安全協会までお問い合わせください。

受付期間 6月1日(月曜)から30日(火曜) 9時から17時

※ 土曜日・日曜日を除く。

持ち物 運転免許証、交通安全協会会員証、印鑑、SDカード申請手数料(670円)

申込方法 直接、交通安全協会(高砂警察署別館内)まで

 

優良運転者表彰基準

【共通条件】

◇交通安全協会の会員

◇禁固以上の刑を受けたことがない

【銅賞】

運転年数

◇営業用 5年

◇自家用 8年

◇原付 10年

無事故・無違反年数 3年

【銀賞】

 銅賞受賞後3年以上経過している人

運転年数

◇営業用 10年

◇自家用 15年

◇原付 20年

【金賞】

 銀賞受賞後3年以上経過している人

運転年数

◇営業用 15年

◇自家用 20年

◇原付 30年

 

<目次へ戻る>

 

催し

地元企業合同就職面接&相談会

産業振興課 電話443-9030

 1日で市内のいろいろな企業の会社説明や面接を受けることができ、就職相談もできます。参加者には、ノベルティグッズをプレゼント!

とき 7月12日(日曜) 13時30分から16時(受付13時から15時30分)

ところ 文化保健センターぼっくりんホール

対象 おおむね55歳未満の一般求職者

※ 就職氷河期世代も対象

参加費 無料

持ち物 面接を受ける企業数分の履歴書(写真付き)、ハローワークカード(登録者のみ)、筆記用具

※ 申込不要

※ 参加企業は、決まり次第市ホームページに掲載します。

 

みどりの相談所

市ノ池公園みどりの相談所 電話447-6401

花と緑の教室

ところ 多目的研修室

定員 各30人

受講料 1,000円

申込方法 電話でみどりの相談所まで

※ 参加者本人のみ申込可

◇多肉植物の寄せ植え

とき 6月13日(土曜) 10時から12時

持ち物 剪定用はさみ、小さい移植ごて、持ち帰り用袋

申込期間 6月3日(水曜)から9日(火曜)

◇福助菊・ダルマ菊の作り方と育て方(1)

とき 6月20日(土曜) 10時から12時

受講料 無料

申込期間 6月9日(火曜)から15日(月曜)

◇プリザーブドフラワーアレンジメント(1)

とき 6月27日(土曜) 10時から12時

持ち物 剪定用はさみ、持ち帰り用袋

申込期間 6月16日(火曜)から22日(月曜)

◇観葉植物の寄せ植え

とき 7月4日(土曜) 10時から12時

持ち物 剪定用はさみ、持ち帰り用袋

申込期間 6月23日(火曜)から29日(月曜)

 

公民館ちいさなおはなし会

中央公民館兼伊保公民館 電話447-2247

高砂公民館 電話443-5439

とき・ところ

◇6月11日(木曜)

 中央公民館兼伊保公民館

◇6月24日(水曜)

 高砂公民館

※ いずれも10時から11時

内容 絵本の読み聞かせ、紙芝居、手遊び、工作など

申込方法 電話で各公民館まで

 

6月の図書館

図書館 電話432-1355

教科書展示会

 令和3年度用の文部科学省検定教科書(小学校・中学校用)を展示します。自由にご覧いただけます。

 今年度は、令和3年度の中学校用教科書が全教科見直しされます。

とき 6月12日(金曜)から25日(木曜) 9時30分から17時30分

内容 令和3年度文部科学省検定教科書(小学校・中学校用)の展示と閲覧

 

男女共同参画について考える!

あなたの時間・私の時間

~より良い人生を送るために~

 男女共同参画週間に合わせ、各テーマの本の展示と貸し出しを行います。

とき 6月12日(金曜)から29日(月曜)

テーマ 女性活躍、働く女性・働きたい女性へ、熟年期の生き方、男性の生き方など

映像作品「たかさご八景」の公開

 図書館では、ゼミ生を募り、図書館名誉館長と共に高砂市史を題材にした学習を行う「HOME TOWNゼミ」を実施しています。

 昨年度にHOME TOWNゼミで制作した高砂市のPR映像シリーズ「たかさご八景」の映像作品を図書館ホームページで公開しています。

 ぜひご覧ください。

 

<目次へ戻る>

 

スポーツ

市民プールオープン

市民プール 電話443-2355

開場期間 7月1日(水曜)から8月31日(月曜) 9時から17時

休場日 7月6日(月曜)・13日(月曜)

8月4日(火曜)・5日(水曜)

入場料 中学生以下 200円 大人 500円

※ 小学生以下の子どもは、保護者の同伴が必要です。

 

第43回市民ソフトボール大会

高砂市ソフトボール協会 電話080-1466-6104

FAX 0791-67-8087

とき・ところ

◇男子 8月2日(日曜) 神戸製鋼グラウンド

◇女子 7月26日(日曜) 総合運動公園サブグラウンド

対象 市内在住または在勤の人

参加費 7,000円(1チーム)

しめ切り

◇男子 7月20日(月曜)

◇女子 7月15日(水曜)

申込方法 電話またはファクスで高砂市ソフトボール協会まで

 

ニュースポーツ体験会

文化スポーツ課 電話443-9136

FAX 442-2229

 初めての人でも気軽に楽しめます。

とき 7月23日(祝日) 10時から(受付9時30分から)

ところ 総合体育館

対象 市内在住または在勤の人

持ち物 体育館シューズ、運動のできる服装

※ 用具は貸し出します。

体験種目

◇ファミリーバドミントン

◇スーパードライブ

◇ドッヂビー

◇レク・インディアカ

◇おじゃびんご

しめ切り 7月10日(金曜)

申込方法 電話またはファクスで文化スポーツ課まで

※ 申込書は文化スポーツ課、各市民サービスコーナー・市民コーナー、総合体育館にあります。

 

<目次へ戻る>

 

学ぶ

高砂観月能子ども仕舞

高砂子ども仕舞教室実行委員会 電話06-6357-0844

 プロの能楽師の指導を受け、高砂観月能で発表しませんか。練習日など詳しくは、高砂こども仕舞教室ホ
ームページをご覧ください。

講師 上野 朝義氏(観世流能楽師)

対象 市内在住の小学1年生から中学3年生

定員 20人

※ 申込多数の場合は選考会により決定

参加費 2,000円

※ 舞台衣装代を含む。別途、肌着、白足袋が必要

しめ切り 7月30日(木曜)

申込方法 はがきに郵便番号、住所、氏名、学年、電話番号、保護者氏名を記入の上、高砂子ども仕舞教室実行委員会(郵便番号530-0041 大阪市北区天神橋1-17-8)まで

高砂観月能

とき 10月24日(土曜) 17時から

ところ 高砂神社

 

高砂市子ども工作教室

若者・青少年支援担当 電話443-9067

FAX 442-2229

 詳しくは、各小学校で配布する案内をご覧ください。

とき 7月25日(土曜) 10時から12時(受付9時30分から)

ところ 中央公民館兼伊保公民館

内容 木工イスづくり

対象 市内の小学5・6年生

定員 15人

※ 申込多数の場合は抽選

参加費 600円

しめ切り 6月19日(金曜)必着

申込方法 申込書に必要事項を記入の上、郵送またはファクスで若者・青少年支援担当(郵便番号676-8501 荒井町千鳥1-1-1)まで

※ 市ホームページから電子申請も可能です。

 

働く第一歩セミナー

あかし若者サポートステーション 電話078-915-0677

FAX 078-915-0678

 自分らしく働くためのワークショップカラーを使って自分を知ろう!

とき 6月9日(火曜) 10時から12時

ところ 生石研修センター

講師 竹井 政子氏(あかし若者サポ―トステーション)

申込方法 電話またはファクスで、あかし若者サポ
ートステーションまで

 

高砂文化教室「高砂学」

文化スポーツ課 電話443-9136

高砂の海産物を使った親子料理教室

 高砂の海を深く勉強して、親子で海産物を使った料理を作ります。

とき 7月11日(土曜) 10時から

ところ 中央公民館兼伊保公民館

講師 浜のかあちゃん(伊保漁協女性部)

対象 子どもと保護者

定員 15組

参加費 無料

しめ切り 6月26日(金曜)

申込方法 電話で文化スポ
ーツ課まで

 

<目次へ戻る>

 

募集

市職員募集

人事課 電話443-9005

 詳しくは、広報たかさご7月号、市ホームページでお知らせします。

正規職員

採用試験日

◇一般行政職(事務職など) 7月26日(日曜)

◇消防職など 9月

※ 採用試験日などは変更することがあります。

 

市営中筋住宅・市営伊保崎南住宅入居者募集

まちづくり部管理課 電話443-9040

 詳しくは、管理課までお問い合わせください。

受付期間 6月1日(月曜)から12日(金曜)

入居時期 9月1日(火曜)から

戸数

◇中筋 1DK 2戸

◇伊保崎南第1 3DK 3戸

◇伊保崎南第2 3DK 2戸

※ 申込多数の場合は抽選

家賃(月額)

◇中筋 1DK 15,400から22,900円

◇伊保崎南第1 3DK 20,400円から30,400円

◇伊保崎南第2 3DK 19,300円から28,700円

※ 令和2年度の月額です。政令月収額、所得によって異なります。

※ 政令月収額とは、入居しようとする家族全員の年間総所得額から扶養控除額などを差し引いた額を12カ月で割った額

対象 次の要件をすべて満たす人

◇受付終了日時点で市内在住または在勤である

◇政令月収額が158,000円以下

◇同居しようとする家族がある

※ 単身者は、別途条件があります。

◇暴力団員でない

申込方法 申込書に必要事項を記入の上、直接管理課まで

※ 申込書は管理課、各市民サービスコーナー・市民コーナーにあります。市ホームページからでも取り出せます。

 

雨活(あめかつ) 始めてみませんか

治水計画課 電話443-9036

雨水を上手に活用する“雨活”。

雨活の第一歩は、雨水貯留タンクから始まります。

 

雨活ってどんなもの?

 雨水を毎日の暮らしに上手に生かして、節水や治水につなげる活動です。

節水 庭木の水やりや洗車などに使えば、水道使用量を減らすことができます。

治水 まちなかに流れ出る雨水の量を減らして、水害を少しでも減らすことができます。

 

雨水貯留タンクの設置には費用助成があります!

 助成を受けるときは、事前に申請手続きが必要です。

対象 市内の建築物(戸建て・集合住宅、事業所、その他市長が認めるもの)に設置する、容量の総計が80リットル以上の雨水貯留タンク

※ 建築物1棟あたり1カ所

※ 申請者と建築物の所有者が異なる場合は、建築物の所有者の同意が必要

助成額 購入設置費の2分の1以内

※ 上限30,000円

定員 50人

※ 申込方法など詳しくは、市ホームページをご覧ください。

 

雨水貯留タンクってどんなもの?

 雨水貯留タンクは、屋根から雨どいを通して雨を集め、一時的にためておくタンクです。タンクの大きさや形状、材質はさまざまなタイプがあります。工務店やホームセンター、インターネットなどから購入できます。

 

 「少し気になるけど、いろいろな手続きが面倒そう…」

 「庭が狭くて邪魔になりそう」

など、わからないこと・心配ごとがあるときは、気軽に治水計画課までお問い合わせください。

 

令和3年成人式運営委員募集

若者・青少年支援担当 電話443-9067

メールtact7750@city.takasago.lg.jp

 成人式の企画や運営に携わる新成人運営委員を募集します。1回目の新成人運営委員会は、8月に開催します。

 詳しくは、若者・青少年支援担当までお問い合わせください。

対象 平成12年4月2日から平成13年4月1日生まれの人

定員 6人程度

しめ切り 6月26日(金曜)必着

申込方法 住所、氏名、生年月日、電話番号、出身中学校、応募動機(どんな成人式にしたいかなど)を記入の上、メールで若者・青少年支援担当まで

成人式 

とき 令和3年1月11日(祝日)

ところ 文化会館じょうとんばホール

 

6月は食育月間

保健センター 電話443-3936

 食育とは、さまざまな経験を通して、生きる上で大切な食べ物に関する知識や食べ物を選ぶ力を身に付け、健康に暮らせる食べ方を育むことです。

 

◇高砂市の食育活動

 高砂市は、気候風土に恵まれ、地元の産(作)物として多種類の魚介類や米、野菜が収穫できます。しかし、農作物のほとんどは自家消費中心で、漁獲量も少ないのが現状です。

 そこで、郷土の食を次世代に伝えるために、園児、児童、生徒の食育活動が行われています。例えば、稚魚の放流、魚の調理、米や芋の栽培・収穫、地元の食と携わる人との交流などを体験しています。

 

◇高砂市でとれる野菜

 レンコン、サツマイモ、ジャガイモ、キャベツ、大根、玉ネギ、白菜、ホウレン草など

 

◇高砂市でとれる水産物

 アナゴ、イカナゴ、カレイ、ヒラメ、ハモ、スズキ、手長ダコ、イイダコ、マダコ、イカ、ナマコ、ノリ、スベタ貝、ニシ貝、ワタリガニ、シャコ、シラサエビなど

 

作ってみよう!

野菜チップス(2人分)

【材料】

レンコン60グラム

カボチャ100グラム

ニンジン1/4本

米粉30グラム

水50シーシー

揚げ油適量

塩適量

 

【作り方】

(1)レンコン、カボチャ、ニンジンを薄切りにする。

(2)レンコンは切った後水にさらしてから、ざるにあげて水気を切っておく。

(3)米粉と水を合わせて衣を作り、野菜につける。

(4)160度に熱した油で揚げる。

(5)熱いうちに、塩を振る。

いろいろな野菜を食べて、免疫力アップ!!

 

<目次へ戻る>

 

 

お知らせ

布類の自宅保管にご協力を

業務施設課 電話448-5220

 毎月1回の「紙類・布類の日」に、「布類」を排出することを一時お控えください。

 新型コロナウイルス感染症の影響で、回収した布類のリサイクル先(主に海外)への物流が停滞しています。皆さんが通常どおりに排出すると、行き場を失った布類が国内であふれ、その処理に混乱が生じます。

 しばらくの間、「布類」は自宅で保管するようご協力をお願いします。

※ 状況が変わった際には、改めてお知らせします。

 

労働力調査

兵庫県統計課 電話078-362-4127

 総務省統計局では、7月から高砂町浜田町2丁目7番の一部世帯を対象に労働力調査を実施します。

 対象世帯には調査員が伺いますので、ご協力をお願いします。

総務省統計局 兵庫県

 

男女共同参画週間6月23日から29日

男女共同参画センター 電話443-9133

“そっか。いい人生は、いい時間の使い方なんだ。”

“ワクワク・ライフ・バランス”

 これらは、自分らしい人生の実現のために時間をどう使い、家族や地域、社会はどう後押ししていくかを社会全体で考えていくためのキャッチフレーズです。

 すべての人が、職場・学校・地域・家庭で、それぞれの個性と能力を発揮できる「男女共同参画社会」の実現には、一人ひとりの取り組みが必要です。この機会に、男女のパートナーシ
ップを考えてみませんか?

 

交換コーナー

市民活動推進課 電話443-9135

 品物の引き渡しは、当事者間で行ってください。

 

【譲ります】

◇ひな人形

無料 伊保港町 匿名

電話090-3947-1990

※ 取りに来られる人

◇クラシックCD、冷風機、四段スチールラック(幅30センチメートルかける高さ100センチメートル)、ヘルスメーター、伸縮性ハンガーラック(幅78.5センチメートルかける奥行41.5センチメートルかける高さ87から148センチメートル)、傘立て

無料 米田町 匿名

電話431-5625

 

【譲ってください】

◇大人用自転車(女性用)、和装小物全般

無料 荒井町 匿名

電話443-9380

 

こんな時どうする!!子どもの急病対応ガイド

高砂市医師会 小児科医 工藤 直子

 子どもが「熱を出した!」「吐いた!」「せきが止まらなくて苦しそう!」など、クリニックが閉まっている時間に調子が悪くなって「どうしよう」と困ってしまうことがありませんか。

 そんな時、「こんな時どうする! !子どもの急病対応ガイド」をご活用ください。役に立つ情報が網羅されている小冊子です。各クリニックや保健センター、市役所に置いてあります。

 

 子どもは、自分の状態を上手に伝えることはできませんが、体調にはとても正直です。

 子どもは大人のように、「食欲はないけど食べておかないと」といったことは考えません。本当に調子が悪い時は食べないし、遊ばないし、動きません。だから、食べる、飲む、遊ぶ、寝るなど、普段と同じことができる状態であれば、あまり心配はいりません。自宅で様子を見ていても大丈夫な状態です。

 

 ときには、様子を見ているのが不安な状態になることもあると思います。緊急性があるのかわからないし、近所の目もあるし・・・など、救急車を呼ぶのは気が引けるかもしれません。でも、「子どもの様子がいつもと違う、このまま様子を見るのはとても不安」と感じるときは救急車を呼ぶときだと思ってください。

 また、この新型コロナウイルス感染症が心配な中、混みあった救急外来に行くのは控えたいと思うかもしれません。しかし、子どもがぐったりしている、顔色が悪いなど心配なときは救急外来を受診してください。

 

 私たち小児科医は、保護者の方からの情報をとても重要視しています。診察や検査で異常がなくても、保護者の方が「いつもと違うんです、元気がないんです」と言うようであれば「大丈夫」と帰したりしません。そういう時こそ怖い病気が隠れていることがあることを、小児科医は経験しているからです。

 

 保護者の皆さんへ。子どもが体調を崩した際に、様子を見て良いとき・救急受診するべきときを、ちゃんと見分けられるか心配になるかもしれませんが大丈夫です。不思議と「言うに言えないけどなにか変」と、ちゃんと感じ取ることができます。自信を持ってください。

 

 そして備えあれば憂いなし。

 ぜひ一度「こんな時どうする!!子どもの急病対応ガイド」を手に取って開いてみてください。

 

労働保険の年度更新

労働基準局 電話03-5253-1111

 

 令和2年度の労働保険(労災保険・雇用保険)の年度更新期間は、6月1日(月曜)から7月10日(金曜)です。

 各事業主に送付する申告書・納付書に必要事項を記入の上、最寄りの労働局・労働基準監督署・金融機関で申告・納付してください。

 申告書の書き方など詳しくは、申告書に同封の案内をご覧ください。厚生労働省ホームページでもご覧いただけます。

 

6月は環境月間・自動車公害防止月間

環境政策課 電話443-9029

 今までの暮らしを見直し、環境に優しい暮らしについて考えましょう。

 また、アイドリングストップや環境に配慮した運転、公共交通機関の利用など、環境に優しい自動車の利用を実践しましょう。

 

フェニックス共済

東播磨県民局企画防災課 電話421-9007

県住宅再建共済基金 電話078-362-9400

あらゆる自然災害から住宅や家財を守る

 阪神・淡路大震災の経験と教訓を踏まえ、住宅の所有者が互いに助け合う「共助」の仕組みとして創設された兵庫県独自の制度です。

 共助の輪を県全体に広げ、自然災害に備えましょう。

◇県条例に基づく安全・安心の共済制度

◇地震保険や他の共済に加入していても加入でき、給付も受けられます

◇住宅の築年数や規模に関係なく、定額負担で定額給付

◇住宅は年額5,000円で最大600万円の給付

◇家財は年額1,500円で最大50万円の給付

◇年額500円の上乗せ加入で、一部損壊も補修時などに25万円を給付

 

令和元年度情報公開制度・個人情報保護制度の運用状況

情報公開コーナー 電話443-9068

 

情報公開制度

情報公開コーナーの利用状況

開示請求 72件

資料提供 102件

資料閲覧 196件

合計 370件

 

開示請求に対する決定状況

開示 22件

部分開示 40件

不開示 12件

その他 1件

合計 75件

※ その他の内容は、「取り下げ」です。

 

実施機関別開示請求状況

市長 64件

(財務部) (1)件

(健康文化部) (8)件

(こども未来部) (1)件

(福祉部) (2)件

(生活環境部) (21)件

(まちづくり部) (27)件

(治水対策室) (4)件

教育委員会 3件

上下水道事業管理者 5件

 合計 72件

 

個人情報保護制度

個人情報の開示請求状況

開示請求 38件

※ 訂正・削除・利用停止請求、苦情の申し出はありませんでした。

 

開示請求に対する決定状況

開示 11件

部分開示 22件

不開示 5件

その他 0件

合計 38件

 

実施機関別開示請求状況

市長 15件

(財務部) (1)件

(健康文化部) (4)件

(こども未来部) (1)件

(福祉部) (9)件

農業委員会 1件

病院事業管理者 22件

合計 38件

 

※ 情報公開コーナーの資料、図書などは自由に閲覧できます。

 

<目次へ戻る>

 

育てよう人権文化 みのり会館だよりNo.455号

みのり会館 電話431-6170

 みのり会館では、「心の豊かさと人権を尊重したまちづくり」の実現に向けて、市民一人ひとりの人権意識の高揚と啓発活動に取り組んでいます。

 「人権交流学習会」「子どもの人権教育学級」「高齢者学級」など、さまざまな年齢層の人を対象とした交流会や講演会、人権相談(月1回)を行っています。

 

令和2年度 人権教育推進事業

◇人権交流学習会(全体学習会1回、班別学習会2回)

とき 6月(全体学習会)

7から8月(班別学習会)

内容 地域の人々との交流を深め、差別意識や偏見をなくすための学習会

対象 地域の自治会・婦人会、市内の小・中学校のPTA会員

 

◇子どもの人権教育学級

とき 7月、10月

内容 人権を大切にする子育てに関する講演会

対象 市内の幼稚園・こども園・保育園の保護者

 

◇人権教育実践講座

とき 8月、令和3年1月

内容 豊かな人権感覚と実践力を身に付けるための講演会

対象 市内の小・中学生の保護者

 

◇講座生人権講話

とき 9月

内容 講座生の交流を深め、豊かな人権感覚を身に付けるための講演会

対象 みのり会館と中筋老人憩いの家で活動する教養・自主講座生

 

◇高齢者学級

とき 9月、令和3年2月

内容 毎日を元気に明るく過ごすための健康づくりや講演会

対象 地域の高齢者

 

◇女性の人権研修会

とき 11月

内容 女性の人権を考え、地域の仲間づくりを進める講演会

対象 地域の婦人会

 

◇人権相談

とき 毎月1回

対象 市民

 

みのり会館教養講座・自主講座

 講座への参加希望者は、みのり会館までお問い合わせください。

教養講座

◇書道A(大人)

とき 毎週水曜日 19時30分から20時30分

 

◇書道B(大人)

とき 毎週月曜日 15時から16時

 

◇書道C(子ども)

とき 毎週水曜日 18時30分から19時30分

 

◇書道D(子ども)

とき 毎週月曜日 16時から17時

 

◇織りの会

とき 月曜日(月3回程度) 18時30分から20時30分

 

◇日本画

とき 第1・3金曜日 9時30分から12時

 

◇ちぎり絵

とき 第2・3月曜日 9時から12時

 

◇暮らしの書道

とき 第2・4火曜日 9時から12時

 

※ ちぎり絵、暮らしの書道は中筋老人憩いの家で行います。

 

自主講座

◇3B体操

とき 毎週月曜日 9時から12時

 

◇いきいき百歳体操

とき 毎週月曜日 14時から15時30分

 

◇ふれあい体操

とき 毎週水曜日 10時から11時30分

 

◇音楽体操

とき 毎週水曜日 14時から16時

 

◇エアロビクス

とき 毎週木曜日 9時45分から10時45分

 

◇くるみ絵の会

とき 毎週木曜日 13時から16時

 

◇大正琴

とき 第2・4木曜日 10時から11時30分

 

◇織りひめ

とき 第2・4木曜日 13時30分から15時30分

 

◇童謡唱歌を歌う会

とき 第2・4金曜日 10時から12時

 

<目次へ戻る>

 

6月の相談

相談名 市民相談

内容 市民の日常生活の諸問題に関する相談

とき 月曜日から金曜日 8時30分から12時、13時から17時

ところ 本庁舎2階 市民相談窓口

問い合わせ先 市民活動推進課 電話443-9002

 

相談名 法律相談

内容 法律的な解釈が必要な生活上の問題についての相談

とき 6月5日(金曜)・15日(月曜)・25日(木曜) 13時から16時 ※ 当日8時30分から12時電話受付(定員8人)

ところ 本庁舎2階 会議室2

問い合わせ先 市民活動推進課 電話443-9002

 

相談名 行政相談

内容 国・県に対する要望、苦情などの相談

とき 6月22日(月曜) 13時から15時

ところ 本庁舎2階 会議室2

問い合わせ先 市民活動推進課 電話443-9002

 

相談名 行政書士相談

内容 遺言書、契約書、許認可申請などの書き方や相続手続きなどの相談

とき 6月10日(水曜) 13時から15時

ところ 本庁舎2階 会議室2

問い合わせ先 市民活動推進課 電話443-9002

 

相談名 税務相談

内容 税理士が税務の入り口をアドバイス

とき 6月2日(火曜)・16日(火曜)・23日(火曜)・30日(火曜) 13時30分から16時30分 ※ 要予約

ところ 加古川税理士会館

問い合わせ先 近畿税理士会加古川支部 電話421-1144

 

相談名 夜間納付相談

内容 国民健康保険料、後期高齢者医療保険料の納付相談

とき 6月11日(木曜)・25日(木曜) から19時

ところ 本庁舎1階 国保医療課((9)番)

問い合わせ先 国保医療課 電話443-9072

 

相談名 夜間納付相談

内容 市県民税、固定資産税、軽自動車税の納付相談

とき 6月11日(木曜)・25日(木曜) から19時

ところ 本庁舎1階 納税課((2)番)

問い合わせ先 納税課 電話443-9018

 

相談名 消費生活相談

内容 消費生活に関する相談

とき 月曜日から金曜日 9時から12時、13時から16時

ところ 本庁舎3階 消費生活センター

問い合わせ先 消費生活センター 電話443-9078

 

相談名 多重債務相談

内容 消費者金融やクレジットなどの多重債務に関する相談

とき 月曜日から金曜日 9時から12時、13時から16時

ところ 本庁舎3階 消費生活センター

問い合わせ先 消費生活センター 電話443-9078

 

相談名 青少年相談

内容 非行、いじめ、虐待などの問題行動に関する相談

とき 月曜日から金曜日 9時から12時、13時から16時

ところ 西庁舎4階 青少年センター

問い合わせ先 青少年センター 電話443-6246

 

相談名 教育相談

内容 不登校、友人関係、親子関係などに関する相談

とき 月曜日から金曜日 9時から16時 ※ 面談(要予約)は13時から16時

ところ 教育センター

問い合わせ先 のびのび教室 電話490-4001

 

相談名 人権相談

内容 名誉、差別、私的制裁、嫌がらせ、いじめなど人権に関わる相談

とき 6月1日(月曜)・25日(木曜) 13時から15時

ところ 1日(月曜) 中央公民館

25日(木曜) 中央公民館

問い合わせ先 人権推進室 電話443-9060

 

相談名 こころのサポート相談(精神障がい者相談)

内容 県委嘱相談員による障がい者(児)の日常生活における相談

とき 6月8日(月曜) 14時から16時

ところ ユーアイ帆っとセンター

問い合わせ先 障がい・地域福祉課 電話443-9027

 

相談名 生活困窮者相談

内容 仕事や暮らしの困りごとに関する相談

とき 月曜日から金曜日 9時から12時、13時から17時

ところ 西庁舎1階 障がい・地域福祉課

問い合わせ先 生活困窮者相談窓口 電話441-7782

 

相談名 認知症予防相談(あたまの健康チェック)

内容 対話形式の記憶力チェック(市内在住の65歳以上の人)

とき 6月23日(火曜) 9時から、10時から、11時から ※ 各1人

ところ 中筋公民館

問い合わせ先 地域包括支援センター 電話443-3723

 

相談名 女性のためのこころの相談

内容 女性が抱えるさまざまな問題についての相談

とき 月曜日から金曜日 9時30分から12時、13時から17時 ※ 電話相談・面接相談(要予約)

ところ 西庁舎4階 相談室

問い合わせ先 男女共同参画センター 電話443-9134

 

相談名 女性のための法律相談

内容 女性の弁護士による法律相談(事前にこころの相談を受けた人)

とき 6月22日(月曜) 13時から16時 ※ 要予約(定員6人)

ところ 西庁舎4階 相談室

問い合わせ先 男女共同参画センター 電話443-9134

 

相談名 若者しごと相談

内容 15から49歳の人の仕事探しに関する相談

とき 第2・4火曜日 13時から16時

ところ 生石研修センター

問い合わせ先 あかしサポステ 電話078-915-0677

 

相談名 専門栄養相談

内容 管理栄養士による専門的な栄養相談

とき 6月17日(水曜) 9時30分から11時30分 ※ 要予約

ところ 加古川健康福祉事務所

問い合わせ先 健康管理課 電話422-0002

 

相談名 エイズ・肝炎ウイルス検査相談

内容 無料、匿名で行う血液検査(一部有料)

とき 6月10日(水曜)・24日(水曜) 9時10分から10時 ※ 要予約

ところ 加古川健康福祉事務所

問い合わせ先 健康管理課 電話422-0002

 

相談名 こころのケア相談

内容 精神科医師による個別相談

とき 6月8日(月曜)・22日(月曜) 13時から14時 ※ 要予約(8日はアルコール関連相談あり)

ところ 加古川健康福祉事務所

問い合わせ先 地域保健課 電話422-0003

 

<目次へ戻る>

 

6月の健診・相談

健診・相談名 ひだまりサロン

内容 妊産婦、1歳未満の乳児と保護者を対象にした相談 テーマ「お口の中をのぞいてみよう」

とき 6月18日(木曜) 10時から11時30分 ※ 受付9時30分から

ところ 文化保健センター

問い合わせ先 保健センター 電話443-3936

 

健診・相談名 プレママサロン(プレパパも参加可)

内容 楽しくおしゃべり、仲間づくりができるサロン 「やってみよう『赤ちゃんのおふろ』」 ※ 要予約、定員12人

とき 6月25日(木曜) 9時45分から11時30分 ※ 受付9時30分から

ところ 文化保健センター

問い合わせ先 子育て包括支援センター 電話443-3950

 

健診・相談名 乳児保健相談

内容 対象者に個別通知しています。詳しくは、個別通知をご覧ください。

ところ 市内実施医療機関

問い合わせ先 保健センター 電話443-3936

 

健診・相談名 10カ月児健診

内容 対象者に個別通知しています。詳しくは、個別通知をご覧ください。

ところ 市内実施医療機関

問い合わせ先 保健センター 電話443-3936

 

健診・相談名 1歳6カ月児健診

内容 対象者に個別通知しています。詳しくは、個別通知をご覧ください。

ところ 文化保健センター

問い合わせ先 保健センター 電話443-3936

 

健診・相談名 3歳児健診

内容 対象者に個別通知しています。詳しくは、個別通知をご覧ください。

ところ 文化保健センター

問い合わせ先 保健センター 電話443-3936

 

<目次へ戻る>

 

6月の救急医

内科・外科・小児科・耳鼻咽喉科

 

とき 7日

科目 内科

医院名 飯尾医院

住所 米田町島

電話番号 431-0770

 

とき 7日

科目 内科

医院名 おだけ内科循環器科

住所 加古川市別府町中島町

電話番号 435-1740

 

とき 7日

科目 外科

医院名 ササモト医院

住所 伊保2丁目

電話番号 447-0129

 

とき 7日

科目 外科

医院名 宮島整形外科クリニック

住所 加古川市別府町別府

電話番号 441-4722

 

とき 7日

科目 小児科

医院名 いとうこどもクリニック

住所 加古川市平岡町山之上

電話番号 454-7171

 

とき 7日

科目 耳鼻咽喉科

医院名 松田耳鼻咽喉科医院

住所 加古川市加古川町粟津

電話番号 422-3090

 

とき 14日

科目 内科

医院名 大北・牛尾クリニック

住所 中筋1丁目

電話番号 447-1855

 

とき 14日

科目 内科

医院名 河合医院

住所 播磨町野添城3丁目

電話番号 078-941-2255

 

とき 14日

科目 外科

医院名 ふじわら医院

住所 米田町塩市

電話番号 434-2355

 

とき 14日

科目 外科

医院名 塩津外科胃腸科

住所 加古川市平岡町土山

電話番号 078-942-0333

 

とき 14日

科目 小児科

医院名 桃田小児科医院

住所 稲美町中一色

電話番号 497-0700

 

とき 14日

科目 耳鼻咽喉科

医院名 きひら耳鼻咽喉科

住所 明石市大久保町ゆりのき通

電話番号 078-935-8733

 

とき 21日

科目 内科

医院名 鹿岳胃腸科・内科

住所 伊保1丁目

電話番号 447-3551

 

とき 21日

科目 内科

医院名 土山内科外科医院

住所 播磨町野添

電話番号 078-942-1918

 

とき 21日

科目 内科

医院名 こだま医院

住所 加古川市尾上町今福

電話番号 457-0333

 

とき 21日

科目 外科

医院名 高砂西部病院

住所 中筋1丁目

電話番号 447-0100

 

とき 21日

科目 外科

医院名 小田整形外科医院

住所 加古川市加古川町河原

電話番号 424-2514

 

とき 21日

科目 小児科

医院名 こだま医院

住所 加古川市尾上町今福

電話番号 457-0333

 

とき 21日

科目 耳鼻咽喉科

医院名 さえき耳鼻咽喉科

住所 明石市東仲町

電話番号 078-911-8800

 

とき 28日

科目 内科

医院名 つむら循環器内科クリニック

住所 加古川市平岡町新在家2丁目

電話番号 425-3388

 

とき 28日

科目 内科

医院名 桂内科医院

住所 稲美町印南

電話番号 495-7294

 

とき 28日

科目 外科

医院名 市民病院

住所 荒井町紙町

電話番号 442-3981

 

とき 28日

科目 外科

医院名 坂田整形外科リハビリテーション

住所 加古川市平岡町中野

電話番号 430-2780

 

とき 28日

科目 小児科

医院名 高砂西部病院

住所 中筋1丁目

電話番号 447-0100

 

とき 28日

科目 耳鼻咽喉科

医院名 山根耳鼻咽喉科医院

住所 加古川市神野町石守

電話番号 456-6000

 

診療時間

【内科・外科】9時から18時

【耳鼻咽喉科】◇高砂市・加古川市・稲美町・播磨町 9時から18時

       ◇明石市 9時から17時

※ 変更される場合がありますので、事前に各医療機関までお問い合わせください。

 

歯科・眼科(日曜日・祝日・休日・年末年始)

 

科目 歯科

医院名 加古川歯科保健センター

住所 加古川市米田町船頭5−1

電話番号 431-6060

 

科目  眼科

医院名 姫路市休日・夜間急病センター

住所 姫路市西今宿3丁目7−21

電話番号 079-298-0119

 

診療時間

【歯科】9時から12時(受付11時30分まで) 13時から17時(受付16時まで)

【眼科】9時から18時(受付8時30分から17時30分)

※ 受付時間内に来院して下さい。

 

内科・小児科(夜間)

 

科目 内科

医院名 加古川夜間急病センター

住所 加古川市米田町船頭5-1

電話番号 431-8051

 

科目 内科

医院名 加古川夜間急病センター

住所 加古川市米田町船頭5-1

電話番号 431-8051

 

診療時間

【内科】 21時から6時

【小児科】21時から24時

※ 詳しくは、新聞・高砂市医師会ホームページをご覧ください。

 

企画総務部 秘書広報広聴室 広報広聴担当

郵便番号:676-8501

住所:兵庫県高砂市荒井町千鳥1丁目1番1号

電話442-2101(代表) FAX442-3193

http://www.city.takasago.lg.jp

 

広報たかさごは再生紙を使用しています。

 

<目次へ戻る>