インターンシップは、高砂市!

高砂市の企業、お店、事業所のみなさま。学生・生徒の皆さんに業種と御社の良さをインターンシップでアピールしませんか?

学生、生徒のみなさま。高砂市市内の企業・お店で、就業体験しませんか?

高砂市内にお住まいの方、市外の方でもお申し込みいただけます。

高砂市は企業、お店、事業所が元気で、学生、生徒のみなさまが活躍できる場所です。

と、いうのも・・・

↓↓↓↓

播磨臨海工業地帯の中核都市として、日本有数のものづくり産業が集積!だから選べる職種がたくさんある!

事業所数3,408事業所、従業者数45,924人 (平成26年7月1日現在)(資料:事業所・企業統計調査、経済センサス)

製造品出荷額8,640億円(平成28年度)(資料:工業統計調査、経済センサス)

この金額は、県内全体の約5%を占めています。

元気な企業、お店、事業所がたくさんあります。

 

戸、姫路からのアクセスの良さが抜群!

高砂市は、国道2号線や姫路加古川バイパスが東西に走り、さらにはJRや山陽電鉄の停車駅が複数駅あります。

姫路市内からは電車で約20分、神戸市内からでも約40分とインターンシップ期間中の移動がとても便利です。

高砂の地形は平坦ですので、自転車での移動もラクラク。

 

夏休み等を利用した帰省中のインターンシップも可能!

高砂市内の企業へUターン就職を希望している学生のみなさまも、夏休み期間中のインターンシップも可能です。

学生さんのご希望と企業、お店、事業所のご都合が合えば、高砂市内・市外のお住まいはどこでもかまいません。

ぜひこの機会にご検討ください!

 

企業のみなさまの登録も簡単!

高砂市内の企業、お店、事業所のみなさま、登録用紙を高砂市役所に送信するだけです。

市役所のホームページでご紹介いたします。 

企業、お店、事業所のご担当者様、ご登録をお待ちしています。 

 

目次

高砂市インターンシップ制度登録企業一覧

インターンシップ開始までの流れ

高砂市インターンシップ制度に関するQ&A 

 

高砂市インターンシップ制度登録企業一覧

現在、登録いただいている企業です。

株式会社 花浄院 [143KB pdfファイル]  様

株式会社 匠工芸 [190KB pdfファイル]  様

但陽信用金庫[192KB pdfファイル]  様

 

インターンシップ開始までの流れ

ここでは、インターンシップ開始までの必要な手続き等を含めて、大まかな流れをご説明します。

詳しくは、「高砂市インターンシップ(職業体験プログラム)ガイド [302KB pdfファイル]  」をご覧ください。

 

(1)企業は、「インターンシップ実施要綱」を定め、受入目的、時期、内容等を決めます

受け入れるルールを決めておきましょう。

ルールについて特になければ、以下の例をご参考になさってください。

(例)インターンシップ実施要綱 [40KB docxファイル]  

 

(2)企業は、「インターンシップ登録票」に必要事項を入力後、市役所へ送信します

インターンシップの受入れをしたい企業は、市へ登録をお願いします。

【様式】インターンシップ登録票 [142KB xlsxファイル] 

入力済のデータを高砂市役所へ送信してください。チェック後、市のホームページに掲載します。

高砂市インターンシップ受入登録企業募集フライヤー  tact2110@city.takasago.lg.jp へ。

お問合せ及び登録申請をお待ちしています!

 

(3)学生は、希望のインターンシップ先を選び、大学へ「申込書」を提出

学生(大学、短期大学、高等専門学校)の皆さんは、希望先があれば、必要事項を記入した「インターンシップ申込書」と、何も書いていない「推薦書」を、大学等のキャリア支援担当に提出してください。

(「推薦書」は大学等が作成します。)

【様式】インターンシップ(推薦)申込書 [50KB docファイル] 

 

※高校生の皆さんは、希望先があれば高校の先生にご相談ください。 

 

(4)大学等は、その学生に関する「推薦書」を、企業に送付

大学等へ学生から「インターンシップ申込書」と白紙の「推薦書」が提出されたら、推薦書を作成をお願いします。

大学等と企業には、「インターンシップに関する覚書」締結をお願いしていますので、所定の覚書の様式があるかどうか、大学等と企業で確認してください。

覚書の様式は、企業にフォーマットがなければ大学のフォーマットをご使用ください。

覚書の様式がなければ、以下の様式をご活用ください。

(例)インターンシップ実施に関する覚書 [45KB docファイル]

 

※高校の場合、企業と個別にご相談ください。 

 

(5)企業は、学生の受入可否を決定し、大学等へ受入可否決定通知を送付

企業は、受入れ可否について大学等にお知らせしてください。

様式がなければ、以下の様式をご活用ください。

(例)インターンシップ受入可否決定通知書 [30KB docファイル] 

 

※高校生の場合、企業と高校が個別にご相談ください。

 

(6)企業大学等は、「覚書」を、学生は「誓約書」を作成

受入れが「可」であれば、インターンシップ開始前までに、企業と大学は「覚書」を作成してください。

その際、学生は「誓約書」を作成し、企業に提出することをお願いしています。

誓約書の様式がなければ、以下の様式をご活用ください。

(例)誓約書 [37KB docファイル] 

 

※高校の場合、企業と高校が個別にご対応ください。 

  

(7)インターンシップ開始 

集合場所、時刻、準備物は確認しておきましょう。 

 

(8)学生は、インターンシップ終了後、「インターンシップ体験報告書」を作成し、企業に提出

学生は企業に感謝の気持ちを伝えましょう。

その際、以下の様式をご活用ください。

(例)インターンシップ体験報告書.doc [42KB docファイル] 

 

※高校生の場合、高校にご相談ください。

 

 高砂市インターンシップ制度に関するQ&A

【学生のみなさま向けQ&A】

Q1 「高砂市インターンシップガイド」には、インターンシップ保険の加入が必要とあるが、加入するべきでしょうか?

A1 職業体験というインターンシップの本来の目的を習得できるよう加入をお願いします。

インターンシップ保険は、インターンシップ中に発生させてしまった損害を賠償するための保険も含まれます。特に大学生はご加入をお願いします。高校生は授業の一環として扱うことも可能と考えられますので、学校の先生とご相談ください。

Q2 市内の複数の企業のインターンシップを受けることは可能ですか?

A1 1社だけという制限はないため、可能です。

複数企業のインターンシップを受けることにより、業界研究になりますね。また業種の異なる企業のインターンシップを受けることで、興味の幅が広がりますので、自己分析にもお役立てください。ただし、同時期に複数企業のインターンシップをうけることにより、大学等の授業への妨げにならないようにすることが大切です。

 

【企業のみなさま向けQ&A】

Q1 インターンシップは、有給なのか?

A1 有給にするか、無給にするかは各企業の判断によります。

基本的にインターンシップは「学びの場」ですので、無給で結構かと思います。交通費のみ支給などいろんなパターンも考えられますのでご検討ください。

Q2 インターンシップ実施期間は、1日だけでもよいのか?

A2 インターンシップの実施期間は、企業によって様々です。

確かに受け入れることで、企業のご担当の方の負担は増えます。1日でも、半日ずつを何日かでも、職場の状況に合わせて設定していただいて結構です。インターンシップを受けることで学生が自己の職業適性や将来設計について考えたり、業界への理解を得ることから、企業はたとえ実施期間が短くてもインターンシップを受け入れることでよい影響があるとお考えいただけると幸いです。

Q3 インターンシップを実施することの企業側の意義やメリットは?

 A3 インターンシップを通じて、仕事や業界の動向等を学生に理解してもらい、入社後のミスマッチを防ぐことです。

また、高砂市は、兵庫県立大学、明石工業高等専門学校、兵庫大学と連携協定を締結しています。インターンシップ実施が、大学等に新たな産業分野の動向を踏まえた産業界等のニーズを伝えることができると考えます。