指定管理者制度とは

 多様化する住民ニーズに、より効果的・効率的に対応するため、公の施設の管理に民間の能力を活用しつつ、住民サービスの向上を図ることなどを目的に平成15年6月に地方自治法が改正され、公の施設(文化施設、スポーツ施設、公園、駐車場等住民の利用に供するために市が設けた施設)の管理が、従来の管理委託制度から指定管理者制度へ移行しました。

指定管理者運用方針について

指定管理者運用方針を平成17年3月に制定し、令和3年度組織改正及び高砂市公共施設マネジメント推進委員会条例制定に伴い改訂しました。

高砂市指定管理者制度運用方針 [488KB pdfファイル]