高砂市立地適正化計画

計画の公表について(令和2年3月31日)

人口減少に伴い、空き地や空き家が散発的に発生し、市街地がスポンジのように空洞化しています。こうした事態に際し、今後の都市整備の方針として「高砂市立地適正化計画」を策定しました。都市再生特別措置法に基づき、市街化区域において、定住を積極的に促進するエリアとして「居住誘導区域」を、店舗や病院といった生活サービス施設の建築を誘導するエリアとして「都市機能誘導区域」を設定しました。

以下のリンクから計画書をダウンロードいただけます。

高砂市立地適正化計画.pdf [93363KB pdfファイル] 

高砂市立地適正化計画 概要版.pdf [5306KB pdfファイル]  

 

立地適正化計画に基づく届出し制度

立地適正化計画の公表に伴い、令和2年3月31日より、都市再生特別措置法に基づく届出制度の運用を開始します。居住誘導区域外で一定以上の規模の開発・建築を行う場合や都市機能誘導区域外で特定の施設の開発・建築を行う場合に届出をお願いします。なお、この届出制度は、立地適正化計画の主旨に合わない開発行為・建築行為を把握することを目的としているため、新たな規制を加えるものではありません。また、都市再生特別措置法に基づいて運用するため、必要な届出をしなかった場合や虚偽の届出を行った場合は、30万円以下の罰金に処せられることがあります。

以下のリンクから「届出の手引き」及び「届出の様式」をダウンロードいただけます。

高砂市立地適正化計画に基づく届出の手引き.pdf [2025KB pdfファイル] 

届出の様式.docx [30KB docxファイル]