令和2年4月1日(水) 

新規採用職員に対する辞令交付式(高砂市役所)

市役所南庁舎にて、令和2年度新規採用職員に対する辞令交付式を行いました。

今年度は、事務職、技術職、保育士等59名を採用しました。

登市長は一人一人に辞令を交付し、「常に市民の目線になって考え、コミュニケーション能力を

高めながら市民と行政の協働のまちづくりを進めていってもらいたい」と激励しました。

 

 

令和2年4月10日(金)

市長事務引継式、登市長退任セレモニー(高砂市役所)

4月10日を以て、登幸人市長は市長としての公務を全て終えました。

午前中には市長室にて市長就任予定の都倉達殊さんとの間で市長事務引継ぎ式を行いました。

そして、午後には市役所本庁舎正面玄関前にて市長退任セレモニーを行いました。

職員から登市長へ花束が贈られ、最後は拍手で見送られながら市役所を後にしました。

登市長、12年間本当にお疲れ様でした。

 

 

令和2年4月13日(月)

都倉市長初登庁、市幹部職員に対する訓示、市長就任にかかる記者会見(高砂市役所)

4月13日、第19代高砂市長に就任した都倉達殊市長が市役所に初登庁しました。

市役所本庁舎正面玄関前では、初登庁した都倉市長を職員が出迎え、花束を贈呈しました。

その後、市幹部職員に対する訓示、市長就任にかかる記者会見等、市長としての公務を行いました。都倉市長、これからよろしくお願いします。

  

 

令和2年4月14日(火) 

兵庫県知事と県内各市町長とのテレビ会議に出席(高砂市役所)

 県知事、県幹部と県内全41市町の市町長が集まり各々の課題等について意見交換を行う、

「県・市町懇話会」が14日開催され、都倉市長は新型コロナウイルス感染症予防対策のため市役所からテレビ会議形式で参加しました。

井戸知事は新型コロナウイルスについて、「感染爆発が起こるかどうかの瀬戸際。各自治体でも外出自粛を強く呼び掛けてほしい」依頼。

各市町長は、休業した事業者に対する金銭支援の必要性を知事に訴えるなど、活発に意見を交わしました。

 

令和2年4月16日(木)

感染症予防マスク4,500枚を寄贈いただきました

三菱日立パワーシステムズ株式会社様より、感染症予防マスク(N95マスク)4,500枚を市に寄贈いただきました。

寄贈いただいたマスクは、市消防本部の救急業務をはじめ、市の新型コロナウイルス感染症対策業務に活用させていただきます。

※N95マスクは5μm以下の飛沫核に付着した病原体を捕集することができ、着用者の肺への病原体の進入を防ぐことができるもの

 

令和2年4月17日(金)

感染症予防消毒剤を寄贈いただきました

ケイ・ケイネットワークグループ様より、感染症予防消毒剤(弱酸性次亜塩素酸水200ppm:20リットル)100箱を市に寄贈いただきました。

寄贈いただいた消毒剤は、子育て・教育施設等の消毒(ドアノブや手すり等)といったの市の感染症対策に使用させていただきます。

 

令和2年4月20日(月)

臨時市議会 本会議において初登壇

 4月20日、市役所分庁舎にて開かれた臨時市議会本会議において、都倉市長は初登壇しました。

今回は新型コロナウイルス感染拡大の対策費用として、市が約3,820万円を専決処分した令和元年度と令和2年度の一般会計補正予算など4議案が承認され、関連の条例改正案と令和2年度特別会計補正予算案3件が原案通り可決されました。

感染拡大対策費用には、保育所や認定こども園、幼稚園、学童保育所のアルコール消毒液と空気清浄機の購入費、学校休校に伴う給食の食材キャンセル費などを盛り込みました。

 

令和2年4月24日(金)

次亜塩素酸水の配布現場を視察(高砂市文化会館駐車場)

新型コロナウイルス感染症対策として、高砂市は市内在住の方を対象として除菌効果のあるとされる次亜塩素酸水の無料配布を市内10か所で4月24日、4月28日、5月2日の3回に分けて行いました。

第1回目の配布日となった4月24日、都倉市長はその配布現場のひとつである高砂市文化会館駐車場を視察しました。

 

 

令和2年4月30日(木)

感染症予防マスク2,000枚を寄贈いただきました

第一生命保険株式会社様より、感染症予防マスク2,000枚を市に寄贈いただきました。

寄贈いただいたマスクは、市の新型コロナウイルス感染症対策業務に活用させていただきます。