令和2年8月1日(土曜日)

 東播臨海広域行政協議会 行政懇談会

東播2市2町(高砂市・加古川市・稲美町・播磨町)が連携し、市町を超えた広域的な行政課題の解決に取り組むことを目的とした、東播臨海広域行政協議会行政懇談会に出席しました。

各市町長は、各市町の抱える課題に関連した来年度の国の予算確保について、地元選出の国会議員に要望しました。

 

 

令和2年8月3日(月曜日) 

青色防犯パトロール夏季強化週間 出発式

青色防犯パトロール運動の夏季強化週間出発式に出席しました。

地域の安全確保と防犯意識の向上を図るため実施しているこの運動は、高砂市では平成19年度から始まり、今年で14年目を迎えています。

市長は「安全安心なまち高砂市を目指し、警察署や各関係機関と連携して防犯施策を積極的に進めたい。」とあいさつしました。

 

 

播磨地方拠点都市推進協議会 令和3年度予算編成に対する国会議員要望会

イーグレひめじ(姫路市)で開催された播磨地方拠点都市推進協議会の国会議員要望会に出席しました。

例年は、東京で開催されますが、今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、東京会場と姫路会場の2か所をウェブ上でつないでの要望会となりました。

 

 

令和2年8月5日(水曜日)

高砂市地域公共交通会議

市役所南庁舎で高砂市地域公共交通会議を開催しました。

コミュニティバスを中心とした公共交通のあり方について様々な観点から議論が交わされ、市長は「人口減少・高齢化社会の中で、住民・事業者・行政の3者が連携して持続可能な公共交通の実現に取り組んでいきたい。」と意気込みを述べました。

 

令和2年8月7日(金曜日)

市町村広域災害ネットワーク首長会議

ウェブ上で開催された市町村広域災害ネットワーク首長会議に出席しました。

この会議は、構成自治体の地域において地震等による災害が発生し、被災自治体独自では十分な応急措置が出来ない場合に、相互協力を行い、災害復旧を円滑に進めることを目的とした会議で、今回は「新型コロナウイルス感染症に関する情報共有と感染症物品の融通等の連携強化」を議題として活発な意見交換が行われました。

 

令和2年8月16日(日曜日)

高砂少女ソフトボール大会

高砂市総合運動公園サブグラウンドで行われた高砂少女ソフトボール大会開会式に出席しました。

今年はコロナ対策をしたうえでの開催で、市内外から計4チームが集まり、選手達は厳しい暑さのなか精一杯プレーしました。

市長は「日頃の練習の成果を十二分に発揮し、悔いのない試合にするとともに、支えてくれた方々への感謝の気持ちを忘れずにプレーして下さい。」と激励しました。

 

 

令和2年8月19日(水曜日)

後期高齢者医療広域連合議会定例会

三宮センタープラザ(神戸市)で開催された後期高齢者医療広域連合議会定例会に出席し、各議案について審議しました。

 

令和2年8月20日(木曜日)

高砂市文化振興審議会

文化振興基本方針に基づき、高砂市の文化振興の推進を目的とする、高砂市文化振興審議会に出席しました。

市長は「審議会や市民の皆様の貴重なご意見を施策に反映させ、高砂の魅力がさらに高まるよう取り組んでいきたい。」とあいさつしました。

 

 

令和2年8月21日(金曜日)

高砂市総合政策審議会 全体会

市政の運営や市政に関する重要な事項を調査審議する、高砂市総合政策審議会の全体会に出席し、現在市が策定を進めている「第5次高砂市総合計画(案)」について、委員から答申を受けました。

 

 

令和2年8月24日(月曜日)

加古川流域治水協議会

国土交通省が主催する加古川流域治水協議会のウェブ会議に出席しました。

この会議は、近年多発する水害に備え、国土交通省、兵庫県、加古川流域の自治体が一体となってハード・ソフトの両方から流域治水を推進することを目的としており、初めて開催されました。

出席した各自治体の長や担当者らは、それぞれの治水事業の取り組み事例について説明し、その後国土交通省や県の担当者と意見交換を行いました。

 

 

高砂市子ども・子育て・若者会議

市役所南庁舎で高砂市子ども・子育て・若者会議を開催し、新たに11名の方々に委員を委嘱しました。

子ども・子育て支援や若者及びその家庭を支援するための施策について議論が交わされ、様々な意見をいただきました。

 

 

令和2年8月29日(土曜日)

法華山谷川水系緊急治水対策完成式

高砂市勤労者総合福祉センターで、兵庫県・加古川市・高砂市共催の法華山谷川水系緊急治水対策完成式を開催しました。

法華山谷川流域では、平成23年9月の台風12号による降雨により甚大な浸水被害が発生したことを受け、市民の命と財産を守るため、国、兵庫県、加古川市、高砂市が連携して流域の緊急治水対策工事を行ってきました。