令和2年度 第3回市民教養講座を開催しました。

更新日:2021年10月29日

高砂の古代史と石の宝殿

日時

令和2年11月29日(日曜日) 13時30分から15時

場所

高砂市立伊保公民館兼中央公民館 講堂兼体育室

講師

古代史研究家 鈴木 俊章(すずき としあき) 氏

内容

家型石棺の形や石棺が作成された頃の物部氏の人物像について

対象

一般市民(市内在住等は問いません)

参加者

43人

参加費

無料

当日の様子と補足

講演会の様子です。

第3回市民教養講座でスクリーンに映された高砂の古代史と石の宝殿の歴史について勉強する一般参加者たちの写真
スクリーンの内容を演壇でマイクを持ち説明する講師とそれを聞く参加者の写真
高砂市とキリシタンの関係などについて説明を受けている様子の写真
さまざまな石の宝殿の歴史的な資料がスクリーンに映し出されている写真

 コロナ禍の下、多数ご参加頂きありがとうございました。

参加にあたって、家庭での検温、マスクの着用のご協力頂き、感謝申し上げます。

 新型コロナウイルスの影響により、市民教養講座の開催を見合わせておりましたが、今年度もさまざまなテーマで、講座を開催していきます。奮ってご参加ください。

この記事に関するお問い合わせ先

教育部 教育推進室 中央公民館

〒676-0071
兵庫県高砂市伊保東1丁目18番6号

電話番号:079-447-2247

お問い合わせはこちら