縁の輪2021-移住・定住編-「たかさごで輝く魅力人」No.9高濱誠一郎さん

更新日:2022年04月12日

高濱誠一郎さん「“コミュニケーションの場”作りました!」

高砂市居住歴

今年で8年目になります。

仕事について

  高砂町で古民家を改装し、「ハマーダの酒場」を経営しています。世代を問わず集まれるような“コミュニケーションの場を提供したい”という想いから、ノンアルコールバーとしています。店内は、ドラゴンクエストの世界観をモチーフにしており、ファンタジーな雰囲気に仕上げています。お食事の際のグラスや店内に置いてある宝箱などは、一から手造りで製作していますので、そちらの点も楽しんでいただけるかなと思います。

 お店は、おかげさまで今年で7周年を迎え、特に市外のお客様に多くお越しいただいており、理想の場として作れてきたと感じます。ぜひともお越しいただき、“非日常な時間”を過ごしていただきたいなと思います!

開業の場所を高砂市内に選んだ理由

 “コミュニケーションの場を提供したい”という想いは常にあり、以前は兵庫県小野市で異業種交流などを頻繁にしていました。そこで高砂市の方と出逢い、古民家再生の話をお聞きし、引き寄せられるように高砂市にやってきました。開業の決め手となったのは、古民家を貸してもらえる環境があったことです。新たな場所での挑戦に不安はありましたが、町の方々の優しさが背中を押してくれました。

 そして“みんなが無理をしすぎていない”ことがこの町の特色だと思います。例えば、飲食店もそれぞれのペースで営業しており、それに対して住民も何も言わない。そのようなところも素敵だなと感じたからです。

高砂市に住んでいて「よかった!」

 “みんなが良い距離感”であることです。干渉しすぎず、干渉されすぎず。そんな環境が私には合っています。

 また、私のやりたいことを受け入れ、温かく迎え入れてくれた高砂の方々にはとても感謝しています。早く恩返ししたい思いでいっぱいです。

私のおすすめ・お気に入り(場所・食べ物など)

 荒井駅前にある「駅前食堂」のカツが絶品です!

 そして、高砂町にあるアンティーク&ビンテージの雑貨屋さん「セイエイカン」には昭和レトロな物がたくさんあり、見ているだけでわくわくします!

移住を考えている人へメッセージ

 まずは、「一度高砂に来てみたらどう?」と伝えたいです。魅力的なところを私が紹介しますよ。(笑)

 そして、この町は町全体でとても温かみがあります。一度訪れてみて、町の方とお話しして、それを実感してほしいなと思います。

この記事に関するお問い合わせ先

政策部 シティプロモーション室(移住定住)

〒676-8501
兵庫県高砂市荒井町千鳥1丁目1番1号

電話番号:079-441-9904

お問い合わせはこちら