高砂市の新型コロナウイルスワクチン接種について

更新日:2021年12月15日

新型コロナワクチン追加接種(3回目)について

高砂市の新型コロナワクチン追加接種(3回目)に関するご案内は、以下のリンク先でご確認いただけます。

コロナワクチン追加接種(3回目)について(別のページが開きます)

新型コロナワクチン集団接種(1・2回目)を休止します

国からのワクチン供給量、現在の接種状況及び予約状況等から、4月より市で実施して参りました新型コロナウイルスワクチンの集団接種(1・2回目)は、11月6日(土曜日)で一旦終了とさせていただきます。

今後接種を希望される皆様は、市内協力医療機関にご連絡いただき、ご予約をお願いします。

個別接種を実施していただいている市内協力医療機関と予約の状況については、下記をご覧いただくか、市ワクチンコールセンター(電話番号:079-443-5556)までご連絡ください。

個別接種について

現在、実施している市内医療機関はこちら(別ウィンドウが開きます)

※医療機関により対象年齢・予約方法が異なります。

※かかりつけの患者以外でも接種可能な医療機関もございます。

※ファイザー社製ワクチンを使用

市ワクチンコールセンターの受付曜日の変更について

・11月8日(月曜日)からは市ワクチンコールセンターでの受付曜日が平日(月曜日~金曜日)となります。受付時間は8時30分~17時15分です。

・土曜日・日曜日・祝日で、ワクチン接種による副反応等で、ご相談がある方は兵庫県新型コロナワクチン(電話番号:0570-006-733、受付時間9時~21時(平日・土曜日・日曜日・祝日))までご相談ください。

ワクチンパスポートの申請・交付窓口の変更について

11月22日(月曜日)以降は、新本庁舎2階の健康増進課窓口にて申請発行となります。

 ワクチンパスポートの申請手続き等については、こちら(別ウィンドウが開きます)

12歳から15歳の方の新型コロナワクチン接種について

  • 12~15歳のお子様に予防接種を受けさせる場合は、予診票の署名欄に保護者氏名を自署し、保護者同伴のもと、接種を受けさせてください。
  • 日本小児科学会等、小児医療専門からの見解では、保護者やお子様へ接種前・中・後のきめ細やかな対応が可能である個別接種を推奨しています。
  • 疑問などがあれば、あらかじめ、国からの情報等をご覧いただくか、かかりつけ医などに確認し、納得したうえで、ご判断をお願いします。

・新型コロナワクチンの接種に伴う高砂市立小中学校での出欠等の考え方

新型コロナワクチンの接種を受ける場合の高砂市立小中学校での出欠等の取り扱いについての考え方です。

詳しくはこちら(別ウインドウが開きます)

<10代・20代の男性と保護者の方へ>新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について

○ファイザー社と武田/モデルナ社の新型コロナワクチン接種後に、ごくまれに、心筋炎・心膜炎を発症した事例が報告されています。特に10代・20代の男性の2回目の接種後4日程度の間に多い傾向があります。

○10代・20代の男性では、武田/モデルナ社のワクチンより、ファイザー社のワクチンの方が、心筋炎・心膜炎が疑われた報告の頻度が低い傾向がみられました。

○武田/モデルナ社のワクチンを予約中の方、武田/モデルナ社のワクチンを1回目にすでに接種した方も、ファイザー社のワクチンを希望する場合は、市ワクチンコールセンター(079-443-5556)までご連絡ください。

○なお、ご本人または保護者が希望する場合には、武田/モデルナ社のワクチンを受けることもできます。

詳しくは、(厚生労働省チラシ)コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について(PDFファイル:560.9KB)をご覧ください。

市内での接種以外で新型コロナワクチンの接種を希望する方へ

国、兵庫県が設置している大規模接種会場で予約が可能です。

高砂市に転入した方の接種券について

高砂市の接種券を新たに発行する手続きが必要です。詳しくは、新型コロナウイルスワクチンコールセンターまでお問い合わせください。

接種の対象、優先順位、接種の想定時期

供給されるワクチンは限られた量となるため、高齢者向け(65歳以上)のワクチン接種を段階的に開始し、高齢者以外(64歳未満)の方にも順次、クーポン券を送付し、全市民へワクチン接種を進めています。

  • ファイザー社の新型コロナワクチンは、12歳以上が接種の対象です。
  • 妊婦中の人や持病がある人などは、あらかじめ主治医に接種すべきかどうか相談してください。

1.80歳以上の高齢者(令和3年度中に80歳に達する、昭和17年4月1日以前に生まれた方)

  • 接種券発送 3月31日(水曜日)
  • 集団接種予約開始 第1弾4月5日(月曜日)、第2弾4月28日(水曜日)
  • 集団接種開始日 4月17日(土曜日)

2.75歳以上の高齢者

  • 接種券発送 5月19日(水曜日)
  • 集団接種予約開始 5月24日(月曜日)
  • 集団接種開始日 5月30日(日曜日)

3.65~74歳の高齢者

  • 接種券発送 5月25日(火曜日)
  • 集団接種予約開始 5月31日(月曜日)
  • 集団接種開始日 6月13日(日曜日)

4.高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方

基礎疾患及び高齢者施設等の範囲については、次のリンクをクリックしてください。

  • 接種券発送 6月21日(月曜日)
  • 集団接種予約開始 8月2日(月曜日)
  • 集団接種開始日 8月15日(日曜日)

5.45歳から64歳の方、市内在住のこども園・保育園・幼稚園の保育士と小・中学校の教諭

  • 接種券発送 6月21日(月曜日)
  • 集団接種予約開始 8月16日(月曜日)
  • 集団接種開始日 8月21日(土曜日)

6.16歳から44歳の方

  • 接種券発送 6月21日(月曜日)
  • 集団接種予約開始 9月6日(月曜日)
  • 集団接種開始日 10月10日(日曜日)(予定)

7.12歳から15歳の方

  • 接種券発送 8月30日(月曜日)
  • 集団接種予約開始 9月6日(月曜日)
  • 集団接種開始日 10月10日(日曜日)(予定)

基準日(令和3年7月31日)以降で令和3年度中に12歳になる方については、年齢未達者への誤接種を防ぐため、誕生日の翌月(8月1日~8月31日生まれの方は9月)に接種券を送付します。

接種までの流れ

  1. クーポン券と予診票が届きます。
  2. 接種を希望する人は、予約をしてください。
  3. 予診票を事前に記入し、予約した時間に会場に行き、接種を受けてください。

接種日の持ち物

  1. ・予診票(必ず記入してお持ちください)
  2. ・クーポン券(シールははがさず、そのままお持ちください)
  3. ・本人確認書類(健康保険証、運転免許証、運転経歴証明書等)
  4. ・ボールペン
  5. 服薬中の方は、お薬手帳もご用意ください。

ワクチン接種当日の流れと注意点

ワクチン接種当日の流れ

  1. 消毒・検温・受付
  2. 予診票確認
  3. 診察
  4. 接種
  5. 待機(15分から30分)
  6. 帰宅

接種日の注意点

  • 接種前にご自宅で体温を計測し、明らかな発熱(通常37.5℃以上)がある場合や体調が悪い場合などは、接種ができません。コールセンターにご連絡ください。
  • 届いたクーポン券は、2回分の「接種券」や「予防接種済証」が1枚になっています。毎回、切り離さず台紙ごとお持ちください。
  • 感染予防のためマスクの着用、会場での手指消毒にご協力ください。
  • 半袖などの肩を出しやすい服装でお越しください。

ワクチンの種類及び接種間隔について

 新型コロナウイルスワクチンについて、ファイザー社のワクチンが令和3年2月14日、アストラゼネカ社、武田/モデルナ社のワクチンが令和3年5月21日に薬事承認されました。

 各ワクチンは2回接種(筋肉内注射)で、原則1回目と2回目は同じ製薬会社のワクチンを接種する必要があります。

 また、他疾病のワクチン(季節性インフルエンザワクチン等)を接種した場合、原則として13日以上の間隔を空けて接種して下さい。

製薬会社 標準的な接種間隔
ファイザー社 21日
アストラゼネカ社 28日
武田/モデルナ社 28日

接種費用

無料

副反応について

新型コロナワクチンの接種後に、発熱や痛み、頭痛等の症状が起きた時の対応については、厚生労働省ホームページをご覧ください。

新型コロナワクチンの副反応について(厚生労働省ホームページ)(別ウインドウが開きます)

また、下記の厚生労働省作成のリーフレットもご参照ください。

新型コロナワクチン接種後の副反応への対応方法について((ファイザー社、武田/モデルナ社のワクチンについて)(PDFファイル:232.5KB)

接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度

ワクチン接種後に健康被害が生じた場合は、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)を受けることができます。

接種券の再発行

接種券の再発行は、原則住民票所在地の市町村にて申請してください。

接種券の再発行申請が必要な方

  • 接種券を紛失、破損した方
  • 接種券の発送後に住民票所在地が変更となった方
  • 接種券が届かない方
  • 住民票及び戸籍に記載がない方
  • 予診のみ券を2回使った方
  • その他、再発行が必要であると判断される方

申請方法

(1)郵送申請

 「接種券再発行申請書」(様式4-4-3)を記載し、高砂市新型コロナワクチン接種担当(〒676-0021 高砂市高砂町朝日町1丁目2番1号)まで郵送してください。

 「接種券再発行申請書」(様式4-4-3)は、下記よりダウンロードが可能です。

(2)電話による申請

 高砂市新型コロナワクチン接種担当(電話番号:079-443-5556)までお電話ください。

(3)WEBによる申請

 厚生労働省「コロナワクチンナビ」にて、必要事項を入力し申請してください。

住民票所在地以外での接種を希望する場合

 やむを得ない事情により、住所地外での接種を希望する場合は、原則事前に申請が必要です。
 申請は、原則接種を行う医療機関等が所在する市町村に行ってください。

やむを得ない事情の例

  • 出産のために里帰りしている妊産婦
  • 単身赴任者
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • ドメスティックバイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
  • 入院、入所者(注釈)
  • 基礎疾患を持つものが主治医の下で接種する場合(注釈)
  • 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合(注釈)
  • 市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合(注釈)
  • 災害による被害にあった者(注釈)
  • 勾留又は留置されている者、受刑者(注釈)
  • その他やむを得ない事情があり住民票所在地外に居住している者
  • その他市町村長がやむを得ない事情であると認める者

(注釈)に該当する方は、接種を受ける医師に申告を行うことにより、申請を省略することができます。

申請方法

(1)郵便申請

 「住所地外接種届」(様式4-4-1)を記載し、接種券の写し及び返信用封筒を添付して、接種を行う医療機関等が所在する市町村に郵送してください。

 「住所地外接種届」(様式4-4-1)は、下記よりダウンロードが可能です。

(2)WEBによる申請

厚生労働省「コロナワクチンナビ」にて、必要事項を入力し申請してください。

外国人の方へ(information for foreigners)

  • 厚生労働省が外国語の予診票や説明書、やさしい日本語の資料を公開しています。

相談窓口

高砂市新型コロナウイルスワクチンコールセンター

  • 内容:新型コロナウイルスワクチン接種に関するお問い合わせ(接種場所、接種時期、接種券、接種に関する相談など)
  • 電話番号:079-443-5556
  • 受付時間:8時30分~17時15分(土曜日・日曜日・祝日も実施)

※11月8日(月曜日)からは、受付曜日が平日(月~金)となります。 

兵庫県新型コロナワクチン専門相談窓口

  • 内容:医学的な知見が必要となる専門的な相談など
  • 電話番号:0570-006-733
  • 受付時間:9時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日も実施)

詳しくは兵庫県 新型コロナワクチン接種ホームページをご覧ください。

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

  • 内容:予防接種の有効性及び安全性に関することなど
  • 電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)
  • 受付時間:9時~21時(土曜日・日曜日・祝日も実施)

聴覚に障がいのある方は、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページをご覧ください。

新型コロナウイルスワクチンについて(厚生労働省ホームページ)

新型コロナウイルスワクチンの情報は、下記の厚生労働省のホームページをご参照ください。

市長メッセージ動画「新型コロナウイルスワクチン接種について」

お問い合わせ先

高砂市新型コロナワクチン接種担当

  • 電話番号:079-443-5556
  • 受付時間:平日、土曜日・日曜日・祝日 8時30分から17時15分

 ※11月8日(月曜日)からは、受付曜日が平日(月~金)となります。

この記事に関するお問い合わせ先

健康こども部 健康文化室 健康増進課

〒676-8501
兵庫県高砂市荒井町千鳥1丁目1番1号

電話番号:
(健康増進課)079-443-3936
(子育て世代包括支援センター直通)079-443-3950

お問い合わせはこちら