東播臨海広域クリーンセンターに関するお詫びとご報告

更新日:2022年03月11日

東播臨海広域クリーンセンターに関するお詫びとご報告

高砂市、加古川市、稲美町及び播磨町(以下「2市2町」という。)によるごみ処理広域化のため、高砂市(以下「本市」という。)に建設しております東播臨海広域クリーンセンター(以下「本施設」という。)の試運転時に焼却施設内で発生した灰の一部において、含有されるダイオキシン類の濃度が埋立処分及び再資源化の施設の受入基準を超えて、本市が事業者へ求める水準を満たしていないため、本施設の完成、引渡しを受ける状況に至っておりません。このため、当初予定しておりました令和4年4月1日からの本格稼働について遅れが生じております。

また、本施設内の発電用蒸気タービン発電機の部材の製造過程で熱処理時間に虚偽があった事案がありました。本市は、現在事業者に対し製品の安全性の確認と証明を求めております。

なお、本施設の煙突から外部に排出される排ガスのダイオキシン類の濃度については、法基準及び本施設の自主管理基準を大きく下回っており、周辺環境への影響はありません。

また、ごみ処理には問題がないため、2市2町からのごみの受入れについては、通常どおり行います。

以上の点に関し、本市並びに加古川市、稲美町及び播磨町の住民の皆様におきましては、ご不安、ご心配をおかけすることとなりましたことを心からお詫び申し上げます。

 

事案の概要等については、次のPDFファイル「東播臨海広域クリーンセンターに関するお詫びとご報告」をご覧ください。

 

東播臨海広域クリーンセンターに関するお詫びとご報告(PDFファイル:619.5KB)

 

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

生活環境部 エコクリーンピアはりま

〒676-0074
兵庫県高砂市梅井6丁目1-1

電話番号:(広域ごみ処理施設)079-448-8766

お問い合わせはこちら